本文へスキップ

西部中学校は、共に学び合い、心豊かにたくましく生きる生徒を育てます

電話でのお問い合わせはTEL.088-844-0105

〒780-8052 高知県高知市鴨部1丁目9−1

卒業生からのメッセージ


3年間を振り返って(平成30年3月卒業生)


「三年間支えてくれた友に感謝」

 私はこの三年間、本当に楽しかったです。友だちとバカをして笑いあったり、はしゃいだり、時にぶつかったり、たくさんの事がありました。すべての日々が楽しかったわけではなく、つらい日々もありました。でも、そんな時に支えてくれたのは、私の大切な友だちでした。どんな時でも味方になってくれて、励ましてくれて、私の悩みを自分の悩みのように考えてくれる。そんな友だちに、何度も救われました。楽しい時も、苦しい時も、共に過ごしてきた友だち。私はこの友だちを一生大切にしていきたいと思いました。そして、この三年間、楽しい時間をくれたことに、心から感謝の気持ちを伝えたいです。私が中学校三年間で得たものは、「大切な友だち」です。私はこの宝物を、ずっと大切にしていきたいです。三年間、こんな私を支えてくれてありがとう。


「このクラスで本当によかった
 中学校生活で一番思い出に残っているのは、体育祭です。体育祭の練習はほんとにきついことばっかで、嫌になってその場から逃げ出しそうな時もいっぱいあったけど、友だちが支えてくれたり、いろんな先生が話ししてくれたりするので、本番も自分なりには頑張れました。他にも、修学旅行とか色々楽しいことがあったけど、やっぱり普段の学校生活が一番自由で笑えることばっかで、楽しかったです。辛い時も先生に注意される事もいっぱいあったけど、友だちと休み時間や掃除の時にしたふざけ合いも、自分の中では本当に最高の思い出です。卒業の間近になって、このクラスになれて本当に良かったと思いました。


「思い出を忘れず、将来に向けて頑張る」
 私は、中学校三年間を通してたくさんのことを学びました。例えば部活動では、できて当たり前である礼儀から、徹底的に身につけてもらいました。そして、キャプテンという大変な仕事までやらせていただき、集団をまとめる大変さを体を張って学びました。部活動で身についたことを生かし、中学校最後である体育祭も合唱コンクールも無事にやり遂げることができました。将来にも生かせていけたらよいなと考えています。
 行事をいくつか挙げましたが、中学校三年間を通して、最も楽しく印象に残ったのは修学旅行や職場体験です。理由は、どの行事よりも、将来の夢に近づく第一歩となり得るものだと考えたからです。将来の夢に関係する行事に修学旅行を入れたのは、人と関わる機会が多いので、コミュニケーション能力がより活発になるし、様々な場所に行くので、物事への関心が高まり、その気持ちを後生へ伝えて、世界中の人々がもっと物事に対して貢献的になることも、大げさに言えば可能なのではないかと考えたからです。私は将来、保育士になりたいです。保育士になって、子どもを大切にするのはもちろん、子どもと触れ合うことは、とても楽しいことなんだよ、という事を後生に伝えていきたいと考えたからです。つまり、修学旅行と体験入学が印象に残っていると言ったのは、この二つの行事で学んだことを保育士の仕事で生かせるのではないかと考えたからです。中学校三年間はとても充実したものでした。どこの中学校に行っても同じ気持ちになっていると思います。でも、西部中学校なりの楽しさがあって、とにかく最高でした。優しい先生、面白い友だち、喜怒哀楽、色々な感情に包まれた数々の思い出・・・全部忘れずに将来に向かって頑張っていきたいです。三年間本当にありがとうございました。


「キラキラした三年間」
 とても充実した学校生活でした。入学前は、西部中はすごくこわそうなイメージだったので、こんなに楽しめるとは思いませんでした。初めての制服、先輩、部活、体育祭、合唱コンクールなど、初めての体験ばかりで毎日が新鮮でした。体育祭も、小学校の運動会とは全然違っていて、西部中が1年で一番盛り上がる、最高の日でした。3年で、体育祭の応援賞と合唱コンクールの金賞がとれてうれしかったです。キラキラした三年間でした。西部中に入学してよかったです。


「経験が大きな力に」
 今、思ったらあっという間だった中学生活はとても充実していました。1・2年の学校生活より3年の一年間はとても濃かったです。修学旅行、体育祭などメイン行事がたくさんあり、多くの思い出ができました。また、いろいろな経験をするころができました。その経験は自分にとって、とても大きな力になりました。環境は決して良くはなかったけど、努力でカバーできたかなと思います。今は受験で忙しいけど、1・2年の頃は受験のことは他人ごとだったけど、やっぱりあの頃から受験の事は考えるべきだと思います。三年間を振り返って、こうして文章にしていくと、長いようでとても短かったです。とても充実していました。


「内容が濃く思い出いっぱいの三年間」
 三年間を振り返ると、とりあえず、あっという間やった。最初の1年は部活がしんどくて、三年間、長そうって思ったのが本音。けど、しんどい中でもめっちゃ楽しかった。中学校三年間で一番の思い出の1年。2年になってクラス替えをして、正直クラス替えはいややった。けど、いろんな行事とかしていくごとに「このクラスでよかった」と思えるようになった。中だるみの時期ってみんながいう理由がわかった。本当に何もかもがしんどくて、めんどくさくなる時が多かった。でも、そういう時に友だちとか周りの大人の声がけが、自分にとって支えになったし、人から言葉をかけて応援してもらうことが、こんなにうれしいことという事を感じることができた1年と思う。最後の1年の3年生。2年からのクラス替えはないからまた同じクラス。3年になってまず初めに思ったことは、「1年から真面目に勉強したらよかった」ということ。本当にその面では後悔しかないです。何もかもが最後の1年。何にも自覚してなくて気づいたらもう2018年。あっという間で、本当にびっくりした。受験間近で空気が張り詰めてきた。でも、自分がしてきたことを精一杯やりたいと思います。なんだかんだあって大変だったけど、内容が濃くて、いっぱい思い出ができた三年間でした。西部中学校に入学してきて本当によかったです。今まで支えてくれた先生や保護者の方、今まで本当にありがとうございました。

「楽しい思い出を胸に」
 私の中学校生活のほとんどは部活に費やしました。部活をしていたことで、初めての経験がたくさんできました。ケガをしたり、びっくりするくらいムキムキになったり、苦しいこともたくさんあったけど、その分楽しいこともたくさんたくさんありました。1・2年生は部活で頭がいっぱいでした。3年生になってからの初めての思い出といえば、修学旅行です。初めてクラスのみんなと、とても長い時間を過ごしました。みんなの意外な一面を知れて、もっともっとクラスのみんなのことが大好きになりました。中学校時代の修学旅行は、多分大人になっても「楽しかった−。」と思い返せるものです。
 三年間を通して一番の思い出は体育祭、文化発表会です。体育祭は、初め3年だけじゃなく、1・2年生もバラバラで、本当に青組は大丈夫なのか、と不安になりました。でも、体育祭が近づくにつれてみんながひとつになっていくのを感じました。体育祭の結果は無冠で最下位。めちゃくちゃくちゃくやしかったです。その悔しさを忘れられないまま、文化発表会へ。みんな、誰かが言ったわけじゃないけど、最優秀賞をめざしていました。「下剋上だ−!」って、みんなが言っていました。でも、練習の時とか本当にまとまりがなくて、先生方にもマナーが悪いとか言われて・・・。体育祭のことを思い出しました。「やっぱり無理なのかな。」と思いました。そんなことを思っていたけど、本番での歌声は本当に素晴らしかったです。最優秀賞をとれたことは中学校で一番の思い出です。やっぱり卒業するのは寂しいけど、楽しい思い出を胸に高校でも頑張りたいと思います。


「西部で卒業できることがうれしい」
 西部での三年間は、とにかく忙しくて充実していたし、濃い時間だったと思います。1年生の頃はあまりにも小学校の時の生活と変わりすぎて、頭が追いついてなかったという記憶があります。部活に入って、朝練のために早起きしたり、土日も練習試合ばかりで疲れ切っていて、学校生活をあまり楽しめなかったです。2年生の頃は、先輩が引退して自分がチームのキャプテンになりました。最初はとにかく嫌で、自分ができるわけないと、毎日毎日泣いていました。だけど、友だちのおかげで、自信が持てるようになりました。学校生活では、クラスが替わって知っている人がほとんどいなくて、心が一回折れました。でも体育祭とか合唱コンクールとかがあって、毎日クラスに行くのが楽しみだったし、クラスにいる時間が好きでした。3年生になって、学校の最上級生になりました。部活は、とにかく怒られて練習させてもらえない日々が県体近くまで続きました。何回チーム全員で話し合って泣いたか、何周5丁目を走ったのか、数えきれません。県体も2日目に残れずに満足できる結果でなかったし、とにかく悔しかったけど、最後まで頑張ってよかったと、すごく思いました。現役の時は何回も辞めたいと思ったけど、引退した時は辞めなくて本当によかったと思っています。学校生活は、修学旅行があったり体育祭で応援リーダーをさせてもらったり、確かに大変だと思ったことは何回もあったけど、楽しい思い出でいっぱいです。3年4組で本当によかったと思うし、このクラスメイトの中に入れてとにかく楽しかったです。この西部で学んだことはたくさんあるけど、西部じゃないと学べなかったことだと思います。西部で卒業できることをうれしく思います。

「周りの人から感動される人に」
 三年間を振り返って、一番成長したと思うところは精神面です。一年生の頃は、周りの皆となじめていないということもあったけれど、人に話しかけることが苦手で、一部の人としか話せていないような状態でした。また、よくネガティブな事を考えていたように思います。2年生になって、それも少しはましになったけれど、いまいちなじめてなかったと思います。ですが、3年生になって、色々と変化もあり、出会いもあり、人と関わることで、たくさん成長したように思います。また、周りの人への感謝の気持ちを強く感じるようになりました。そして、ネガティブな事ばかりを考えていた頭も、今では明るい事も多く考えるようになりました。こうやって成長することができたのは、自分を変えてくれた家族や友だち、先生方がいてくれたからだと、しみじみ思います。多くの迷惑をかけてきました。何1つ後悔してないわけではありません。それでも、この一つ一つの出来事が私を成長させてくれたのだと思います。
 三年間、この中学校で多くの仲間と共に頑張ってきて、とても良かったと思います。それは、このクラスメートだけでなく、他のクラスの人や後輩も含めてです。私は、目立つタイプでもなければ、他の人より友だちも少ないかもしれません。でも、素晴らしい人に囲まれて、とても充実した中学校生活を送ることができました。私のことを支え、励ましたくれた人たちへの感謝の気持ちでいっぱいです。高校へ行っても、この気持ちを忘れずに、どんどん前進していきたいです。私一人ではここまで頑張ることはできませんでした。私がこうやって感動する分、他の人にも感動されるようになりたいです。そして、もっと高い目標を持って、この先の人生をよりよいものにしていきたいです。


「三年間で成長できた」
 中学校三年間は、私にとってあっという間でした。私は文武両道を目指して勉強にも部活にも取り組んできました。特に部活は、休みもあまりなく、忙しかったです。部活をしていた時は、家族と過ごす時間よりも、チームメイトや顧問の先生といた時間の方が長かったと思います。家族との時間を削って練習をしてくれた先生、いつも支えてくれた家族、そしてクラスの皆、たくさんの人に感謝しかないです。
 そして、中学校生活の思い出は、やっぱり修学旅行と体育祭です。修学旅行は、USJに行ったり京都を観光したり、どれもが楽しかったです。体育祭は二連覇することができ、本当に心に残りました。3年5組が、このクラスのメンバーだったからこその結果だと思います。一人でも欠けたら、3年5組は成り立たなかったと思います。本当にこのクラスで良かったです。
 また、一年間生徒会執行部と学校の中心に立ち、行事を引っ張ったり、学校を盛り上げたりするなど、たくさんの勉強をすることができました。本当にこの三年、私はとても成長しました。そして、たくさんの人に支えられてきました。担任の先生は、私たちが想像している以上にとても大変だったと思います。でも、いつも明るく、笑いをとってくれて、元気をもらっていました。
 私は、西部中学校に入って、たくさんの人と出会えて本当に良かったです。これから社会人にどんどん近づいていくので、この三年間で身についた人間性を活かしていきたいです。最高の仲間や先生に出会えたこと、たくさんの経験ができたこと、人間として成長できたこと、すべてに感謝します。そして、皆、高校は違うけど、それぞれの道をしっかり歩んでいけたら良いと思います。

今通っている学校の紹介(平成29年3月卒業生)


 私の通っている高知追手前高校は、まさに”文武両道”といった感じで、すごく充実した生活を送れる学校だと思います。そして、設備も整っていて、学校の中(敷地)にある「芸術ホール」がすごいです。
 また、勉強だけする学校というイメージをもっている人もたくさんいると思いますが、文化祭・体育祭等の行事も盛んで、実際私もそんな面に興味をもち入学しました。6月にはホームマッチもあり、楽しみです。
 今、頑張っていることは、勉強・部活動です。やっぱり、中学の時とは全然課題の量が違うから、勉強する習慣のついていない私にとっては、3年間がんばっていかなければいけないことになると思います。そして、吹奏楽も毎日楽しく練習に行っています。毎日、学校生活が楽しいです。

          高知県立高知追手前高等学校 普通科  H・Sさん(平成29年3月卒業)


 僕の高校は、高知追手前高校です。追手前に行ってみて一番驚いたことは、校舎が土足なことです。あと、追手前は課題の量がすごく多いです!! 西部中では自学ノート1〜2ページぐらいの学習でしたが、高校ではそれどころではないです。追手前に行こうと思っている人は、今から勉強する習慣をつけることが一番大事です。
 今、頑張っていることは、勉強のただ1つです。勉強の量が本当に多くて、毎日3時間はやらないと課題が終わりません。だから、本当に今から頑張ってください。

          高知県立高知追手前高等学校 普通科  K・Sさん(平成29年3月卒業)


 私の通っている高校は、高知農業高校です。農業高校の生徒は、1人1人の個性が豊かで、充実した学校生活を送れます。そして、科による専門授業もあり、すごく楽しく授業を受けることもできます。部活動の種類も豊富で、自分のやりたい、やってみたいスポーツをすることができます。入学して1週間ほどで合宿もあり、そこでクラスのみんなと打ち解けあうことがことができます。体育祭も盛り上がりがすごいと聞きました。これからも、学校行事を頑張りたいです。

          高知県立高知農業高等学校 畜産総合科  R・Tさん(平成29年3月卒業)


 私の通っている高知西高校は、先輩・後輩が仲良く、「HARD SPIRIT 貫徹精神」のもと、勉強・部活を頑張っています。西高校では、週明けテストや小テストなどがあります。それにホームマッチや体育祭、あけぼの祭(文化祭)では、クラス全体が団結し、とても盛り上がるそうです。
 私が今頑張っていることは、勉強と部活動です。中学の頃とは全然違い、授業のスピードも速いですし、課題もたくさんあり、正直、頑張らないとついていけないところもあります。そして、部活動では、高校ならではの活動もでき、とても充実した学校生活を送れています。

          高知県立高知西高等学校 普通科  Y・Kさん(平成29年3月卒業)


 私が通っている高知商業高校は、みなさんが考えている2倍、3倍くらい楽しい高校です。普通科の高校とは違い、商業科の授業があります。そして、5教科の授業は少なめとなっています。勉強は難しくて大変だけど、検定取得に向けて頑張っています。
 2学期にある「市商祭」に向けても今から取り組んでいます。市商祭は、商業ならではの行事です。1・2・3年生のそれぞれのクラスが8色に分かれて、市商賞などの賞をめざして1つになります。
 ライセンスコースでは、週に英語テスト2回と漢字テスト、課題もあり、忙しいですがとても充実しています。また、ライセンスコースは、3年間毎年クラス替えがあります。クラスもとても仲が良く、これからの学校生活が楽しみです!!

     高知商業高等学校 総合マネジメント科ライセンスコース  H・Oさん(平成29年3月卒業)


 私の通っている高知商業は、普通の学校とは違い、いろんな授業があります。社会マネジメント科では、「マネジメント基礎」という授業があり、プレゼンテーション力、コミュニケーション力を向上させることができます。
 そして、高知商業の最大の魅力は「楽しい」というところ!! 県体では全員で応援歌を歌ったりしてとても盛り上がりました。生徒総会でさえ、盛り上がっています。課題がたくさんあったりしてしんどいこともありますが、学校は毎日とっても楽しいです。私は「市商祭」がとても楽しみです。みなさんも、ぜひ高知商業へ!!

           高知商業高等学校 社会マネジメント科  M・Kさん(平成29年3月卒業)

   
   

西部中学校の後輩へのメッセージ(平成29年3月卒業)


 西部中のいいところは、みんな明るくて何事も頑張る人たちがたくさんいるところです。特に体育祭など、全校の生徒が協力して作り上げるものでは、毎年、3年生がリーダーシップをとって、1・2年生を上手にリードしてすばらしいと思います。そして部活動も盛んで、みんな一生懸命取り組んでいて、とってもいいと思います。
 中学校3年間は、本当にいろんな経験があって、楽しいことも、大変なことも、しんどいこともたくさんあったけれど、今考えるとあっという間だったと思うので、どうか時間を大切にしてほしいと思います。勉強も、遊ぶことも、寝ることも、全部頑張って、これからも西部中での生活を楽しんでください。

          高知県立高知追手前高等学校 普通科  H・Sさん(平成29年3月卒業)


 西部中のいいところは、クラス問わずみんなの仲が良いところです。僕自身、西部中に入ってみてすごくイメージが変わりました。みんな仲が良くて、生徒だけでなく先生方もすごく優しく仲が良かったです。それにボランティアへの思いが強く、校内清掃ボランティアに参加する人がたくさんいて、すごく協力できる学校です。
 後輩へのメッセージは、何事にもめげずに頑張ってほしいです。勉強であれ、部活であれ、何でもいいので最後までやりとげると達成感があります!! でも、勉強だけは、本当に頑張ってください!!

          高知県立高知追手前高等学校 普通科  K・Sさん(平成29年3月卒業)


 西部中のいいところは、みんなが笑顔で、やるときは1つになって真剣に取り組むことができるところです。体育祭では、1・2年生が3年生のリーダーたちの指示をしっかり守ってがんばることと、それをひっぱる3年生もすごいと思います。
 3年生になると、何もかもが早く感じます。これから先、しんどいことや嬉しいこと、楽しいこと、悲しいことなど喜怒哀楽もあると思うけど、本当にあっという間なので、今ある時間を大切にしてほしいです。あとから、後悔しないように、勉強も部活も頑張ってください!

          高知県立高知農業高等学校 畜産総合科  R・Tさん(平成29年3月卒業)


 西部中のいいところはたくさんあります。その中でも2つあげたいと思います。
 まず1つ目は、先生のことです。私は中学を卒業するまで、正直、何もわかっていなかったと思います。ですが、いざ卒業してみると、西部中には親身になってくれる先生がたくさんいることに気づきました。在校生の皆さんも、相談事があったら、先生にもっと頼っていいと思います。
 2つ目は、生徒みんなが明るく、体育祭や文化祭などで一生懸命取り組んでいる人が多いことです。特に3年生は最後ということもあり、団結力がすごいと思います。私の中学時代は、楽しいこともたくさんありましたが、悔いの残ることも多々ありました。ですから、在校生の皆さんは、悔いの残らないよう、一生に一度の中学生活を楽しんでください。

          高知県立高知西高等学校 普通科  Y・Kさん(平成29年3月卒業)


 西部中学校のいいところは、元気でやる気があるところだと思います。体育祭では、全学年が優勝をめざして取り組むことができるし、文化発表会ではクラスで1つになって取り組むことができます。
 受験はあっという間にきて、卒業もすぐきます。ですから、今のうちにたくさんたくさん楽しんでください。高校が離れると、中学校の時の友達とはなかなか会うことができません。そして、勉強が大切です。今行きたい高校に実力が足りなくても、今から本気で勉強すれば点数は上がると思います!! わからないところは先生・友達に聞いて1つ1つ理解していってください。残りの中学校生活、悔いのないように思いっきり突っ走ってください。

     高知商業高等学校 総合マネジメント科ライセンスコース  H・Oさん(平成29年3月卒業)


 西部中のいいところは、「My book」があるところです。これは受験の時や、高校に入学した今、とても感じることです。私は中1の時は全くやらず、さぼっていましたが、中2の途中からMy bookをしっかりやるようになりました。続けることが大切だと思います。そのおかげで、高校入試の時の「志願理由書」もあまり時間をかけずにできあがりました。
 高校では書くことが多いですが、My bookによって書く力が身についたので、悩むことなく書くことができます。私は、My bookで先生に相談したり、いろんな話をしたりしていましたが、毎日の先生のコメントがとても楽しみでした。My bookで先生とコミュニケーションをとったりして楽しんでみてください。

           高知商業高等学校 社会マネジメント科  M・Kさん(平成29年3月卒業)


information

高知市立西部中学校

〒780-8052
高知県高知市鴨部1丁目9−1
TEL.088-844-0105
FAX.088-844-0107