本文へスキップ

いじめ撲滅を推進する! 下田中学校

TEL. 0880-33-0032

〒787-0155 高知県四万十市下田3216-1

このごろDIARY

トイレのスリッパ 5月27日(金)

 1時間目の授業を参観に行く途中、生徒玄関を見るといつも通り整頓された靴箱が、次に何気なく男子トイレの入口を見るとスリッパが整頓されているのに関心、女子も当然ながら1・2年生が使う二階のトイレへ行ってみると同様の光景があり、思わずシャッターを切りました。
 美化部の先生(専門部)に聞くと、スリッパの整頓は美化部の活動の一つで、全校に呼びかけているということでした。

陸上大会壮行式、プール清掃延期 5月26日(木)

 今日は下田地区も、雨がよく降りました。午後から予定をしていたプール清掃も、来週の火曜日に延期せざるを得なくなりました。午後から、通信陸上大会の壮行式を行いましたが、キャプテンが力強く決意を述べていました。
 ここからは、陸上部の決意の程がわかるエピソードです。プール掃除は小雨決行でしたが、陸上部員はみな延期にならないかと願っていたようです。雨のなかでの作業で、体調を崩さないか心配だったようです。また、今日の昼休みに体育館で遊んでいたときのことですが、1年生のAくんが混ぜてもらおうと、「これでやろうよ」とバスケットボールを持ってきました。すると、「突き指をしたらいかんけん」と。そこまで、考えているのかと感心したことでした。更に1年生のために、バレーボールでなくバスケットボールを使ってゲームをしていました。また、優しさに関心です。

今日の花 5月25日(水)

 今日の花は「バラ」です。校内に咲いている季節折々の花を、校舎内に生けてくれています。

2年生の美術授業へ 5月24日(火) 

 6校時に、2年生の美術に補助として入りました。写生大会後の下書きに色塗りをする段階でしたが、予想以上にみんなが上手なのにはびっくりしてしまいました。緻密な絵が描ける2年生なので、勉強や部活でも大きく成長できる伸びしろを見たようで、嬉しくなりました。
 下段の写真は美術室に貼られていた作品ですが、みんな上手に描けています。美術作品は学校の状態を表すバロメーターにもなるかもしれません。

幡多農生母校訪問 5月23日(月)

 2名の卒業生(高1)が母校訪問にやってきました。幡多農伝統の母校訪問は、5月に実施されており、毎年成長した姿を見ることができます。中学生が15歳の壁を乗り越えるのはとてもしんどいことですが、とても大切なことなんだと改めて考えさせられました。そして、生徒たちが、この壁を正面から乗り越えられるように学校はサポートしなめれなならないと考えます。

授業改善プラン訪問 5月20日(金)

 西部教育事務所から清水指導主事が訪問され、理科授業改善プランの授業研究がありました。3年理科「運動」の分野を学習しており、滑車を使った実験を楽しそうに行っていました。生徒がわかる・楽しい授業にしていくためには、校内だけでなく外部の力も必要で、先生方は授業改善に生かしてくれています。

花の効用 5月19日(木)

 本校の校舎には、所々に季節折々の花が飾られています。用務員さんが、学校に植えている花の中から選んでくれているようです。花には様々な効用があると医学的にも言われていますが、千葉大学が高校生を対象にした実験で、以下の効用があることがわかったそうです。
・ストレス軽減効果 ・・受験勉強のストレスに
・抑うつ軽減効果 ・・進路への不安な気持ちなどの軽減に
・怒りを静める効果 ・・勉強や人間関係のイライラ防止に
・疲労を軽減する効果 ・・部活や勉強の疲れを癒すために
・活気が得られる効果 ・・毎日元気に過ごすために
 3年生を中心に全校が落ちついた学校生活が送れている要因の一つには、「花の効用」もあるのだと思います。

 ※上記「千葉大学」=千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)

支援派遣研修を行いました 5月18日(水)

 西部教育事務所の宮上指導主事をお迎えして、「特別支援を必要とする生徒の理解と指導法」について研修会を行いました。特別支援教育は「特別」な教育ではありませんし、特別な生徒のための教育でもありません。特別支援教育を学ぶことは、すべての生徒の教育権を保障していくことにつながります。
 特別支援教育を中心に据えている学校を経験した中では、次の2点に顕著に現れていたと思います。①先生方の授業に変化が(生徒が理解しやすい発問や板書等)、②生徒同士の接し方に変化が(先生の接し方を生徒はまねます)支援の必要な生徒を理解させるのは難しいこともあります。しかし、理解できるように、説明の方法を変えたり教材を工夫することは先生自身のスキルをアップさせます。当然授業力向上につながります。また、障害のある生徒に対して、教員がどのように接しているのか、生徒はよく見ているもので、生徒同士の接し方を見ればよくわかります。
我々の立ち居振る舞いを生徒たちはよく見ているものです。

公開授業を行いました 5月16日(月)

 5時間目、3年生技術科の公開授業がありました。教材は「わたしたちの生活とエネルギー変換」で、モーターで発電の実験をしたあと、モーターを自作する等内容でした。各班協力しながら作成をしていましたが、全班完成させることができ、電池に接続すると、コイルが回りはじめていました。モーターを見るのも初めて、触るのも初めての生徒がほとんどのため、興味深い授業となったようです。

自転車小屋が完成しました 5月16日(月)
冷水機も設置されました

 今日の天気は雨、早速生徒が利用しています。生徒たちは、「ヘルメットが濡れなくなるので嬉しいです」と喜んでいました。
 PTA総会で、生徒会から要望のあった冷水機が今日設置されました。これから夏に向けて冷たい水が欲しかっただけに生徒たちも大喜びです。しかも、生徒会が要求して実現しただけに喜びも一押しです。



自転車小屋ができています 5月13日(金)

 昨年度自転車の取り壊しに伴って、平野・双海方面の生徒に不便をかけていましたが、教育委員会の素早い対応により今日から自転車小屋の工事が始まっています。天気予報では、来週は雨マークとなっていますので、早速活用できると思います。

 
◇昨日の1年数学授業での一コマから
 数学問題を解いていたAさんが「あっ!」。
 どうやら解答の間違いに気付いた瞬間だったようです。
 隣のBさんは、先生の指摘に「そういう意味か!」。
 Bさんもまた先生の指摘によって理解できていなかったことへの気づきの瞬間でした。
 勉強がわかっていく、勉強がおもしろくなっていくというのは、こういう瞬間を経験することなんだと改めて思いました。日々の授業のなかで、生徒たちがこういう気づきができているのか、私もまた二人から学んだ瞬間でした。

きれい!!四万十川の薄暮 5月12日(木)

 昨日の帰り、竹島の堤防から絶景が、思わず写真を撮ってみました。四季折々、時間帯によっても様々な姿を見せ
る四万十川さすがですね。

若草園ガーデンパーティー 5月7日(土)

 若草園恒例のガーデンパーティーが開催され、地元はもとより市外からも訪れていました。楽団の演奏、マジック、最後
に一条太鼓のみなさんの演奏で盛りあがりました。園のみなさんの手作りの料理も豊富にあり、美味しくいただきま
した。中学生もほとんどの生徒が参加していたようです。

調理実習 5月2日(月)

 今日は、3年生が今年初めての調理実習をしていました。メニューはちらし寿司にアサリのお吸い物、どの班も上手
にできていました。・・「美味しかった」と3年団の先生からのコメントも

雨が去って 4月28日(木)

 昨日までの雨がやみ、今朝はとても良い天候になりました。体育館通路から写したグランドと、3年生が栽培して
いるスイカとメロンです。成長が楽しみです。


 今日の給食には、「イタドリ」が食材として使われていました。給食時の放送では、イタドリの語源につい説明していました。イタドリは昔、傷薬として使用され痛みを取ることから、「いたどり」と名前がついたようです。職員室でも初めて聞いたとみなさん感心していました。(イタドリの隣はいそべあげでなく、いしがきあげ)
 給食後の昼休み(体育館編)には、各自思い思いに遊んでいます。今日は、体育館の様子を写してみました。体育館では、バスケットボール、ドッジボール、フットサル、ソフトバレー、マット運動等、様々な遊びしています。中でも、森岡塾「マット運動」には、1年生の男子を中心に2・3年生も加わり、難しい技にチャレンジしています。さすが塾長、ハンドスプリングをお手本として見せていたのにはびっくりです。

平常授業 4月25日(月)

 先週は、1年生が宿泊研修、2年生が修学旅行、3年生が学級レクと月曜日を除き揃うことがありませんでした。
写真は、1校時目の授業風景です。3学年とも、教室からはとても良い雰囲気を感じました。それぞれの行事が、目
標通り行うことができたのでしょう。手前味噌になりますが、一回りも二回りも成長しているように感じます。

ここも校区です 4月22日(金)

 1年生が宿泊研をしている青少年の家に行く途中、平野海岸でサーフィンをしている人たちを発見、「ここも下田
中校区ながや」と思わず写真に納めました。川あり、海あり、公園・キャンプ場あり、しかも四万十川、平野海岸と
全国屈指の環境にあり、サーファーや都会の人からは垂涎の的ですね。

授業風景 4月20日(水)

 今日は2年生が修学旅行に行っているため、1・3年生の授業風景を紹介します。1年生は数学を3年生は美術を
学習していました。左から1年生、3年生、美術の補助資料(水墨画)、3年生は水墨画にチャレンジしていました。
みんなが集中して学習しており、感心しました。
 整理整頓された3年生の下駄箱です。さすが3年生。落ちついた学校の要因はここにありですね。

給食 4月18日(月)

 給食開始から1週間が経ち、生徒も職員もだいぶ慣れてきました。今日のメニューは、汁だくの「ぶたどん」でした。
生徒たちも美味しくいただいていました。右の写真は、食事をする前のランチルームです。



身体測定 4月15日(金) 5h

午後から身体測定がありました。小学校の時と比べ、昨年と比べ伸びているのかな?増えているのかな?期待を胸に
行儀良くローカで待機していました。


四万十川の青のり 4月15日(金)

10時頃の四万十川河口付近の写真です。朝の通勤時間帯には青のりを収穫している人たちも見えていましたが、撮影
時には収穫も終わっていました。初日の給食には「四万十の日の献立」として「青さの味噌汁」が出ていました。


4月11日(月)新入生歓迎遠足に行ってきました。

 好天のなか、下田公園へ遠足に行ってきました。目標は「新入生歓迎」、生徒会が宝探しとチーム対抗長縄跳びを計画してくれており、新入生もすぐに打ち解けることができました。自由時間は、海辺での貝の採取や公園での球技などで楽しく遊ぶことができました。


4月7日(木)平成28年度がスタートしました。

 着任式・始業式を行ったあと、真新しい制服に身を包んだ新入生5名を迎え、入学式を行いました。これから
1年間、教職員16名が一丸となり、34名生徒の成長をサポートしていきたいと思います。
 <パソコンを修理に出していたため、アップが遅くなりました。>


平成27年度はこちらです


      
  

 



ナビゲーション

バナースペース

高知県四万十市立下田中学校

〒787-0155
高知県四万十市下田3216-1

TEL 0880-33-0032
FAX 0880-33-0032

copyright©2015 shimoda junior high school all rights reserved.


このごろ - 高知県四万十市立下田中学校