教育方針

学校教育目標

「心豊かにたくましく生きる子どもの育成」
 ○挑戦する子(あきらめない精神)
 ○自ら学ぶ子(意欲的に学ぶ姿勢)
 ○思いやりのある子(やさしい心)
 ○体をきたえる子(丈夫で健康なからだ)


学校経営理念

 学校には「子ども一人一人の力を最大限に引き出すこと」が求められている。子どもを中心に据えた学校経営により、将来につながる生きる力である確かな学力(知)、豊かな人間性(徳)、健康体力(体)をバランス良く育ていかなければならない。そのためには教職員が心を一つにして研修を深め、より高い理念と教育技術を持つ必要がある。また、学校地域は地域においても大切な存在であり、地域と連携して教育を進める必要がある。学校、家庭、地域が信頼関係を築きながら、子どものために協力していくことは不可欠と考える。
 何より、子どもたちが心から学校が楽しいと思える学校、笑顔あふれる学校にしていきたい。。


学校経営基本方針

(1)確かな学力の向上をめざし
  ・複式授業の研究
  ・基礎基本の定着
  ・活用力をつける授業の工夫
  ・特別支援教育の視点を入れた授業の推進
  ・生徒指導の視点を入れた授業の工夫
  ・家庭学習の定着と充実
(2)心豊かな子どもを育てる
  ・計画的な道徳授業の推進
  ・計画的な人権教育の推進
  ・読書活動の推進
  ・元気なあいさつの推進
  ・福祉教育の充実(子ども民生委員活動の推進等)
(3)生活の基礎である健康・体力の向上を図る
  ・基本的な生活習慣の確立
  ・計画的な体力向上の取組
  ・体育授業の工夫
(4)子どもたちの安全と安心を守る
  ・計画的な安全教育の推進
  ・計画的な防災教育の推進
  ・防災に対する正しい知識の習得
  ・地域を含めた安全対策の推進
(5)特別支援教育の推進により子ども一人一人を大切にする
  ・特別支援教育の研修
  ・特別支援教育の視点を入れた授業、生徒指導の推進
  ・特別支援教育の保護者への啓発
(6)将来に夢と希望を持てる子どもを育てる
  ・キャリア教育の計画的な推進
(7)家庭・地域と連携し、信頼感のある開かれた学校づくりに努める
  ・PTA活動の活性化
  ・地域を活用した教育の推進
  ・開かれた学校づくりの推進


本年度の重点課題

(1)子どもの学力の向上。
  ・複式授業研究の推進
  ・基礎学力の定着と活用力の伸長
  ・家庭学習の充実
(2)子どもの心の成長
  ・計画的な道徳授業の推進
  ・計画的な人権教育の推進
  ・仲間づくりの推進
  ・読書活動の充実
  ・福祉教育の推進
(3)子どもの体力向上
  ・基本的な生活習慣確立のための取組
  ・年間を通じた体力向上の取組
  ・体力向上を意識した体育授業の工夫
(4)自分の命を守る防災教育
  ・計画的な防災教育の推進
  ・計画手金あ避難訓練の実施
  ・家庭・地域と連携した防災教育の推進


トップページへ