ヘッダーイメージ
TOP 本校概要 入試情報 在学生・保護者の皆様へ 卒業生の皆様へ
本文へジャンプ

 
平成29年度 学校行事
  平成24年度

平成27・28年度


『第31回赤岡町駅伝競走大会』(平成30年2月12日)


 町民総スポーツ運動の一環として町駅伝競走を実施し、スポーツを通して強健な体づくりと、たくましい人づくりを目指して毎年実施されている駅伝大会が開催され、一部には全8チーム、本校から2チームが出走した。雪の残る非常に寒い一日でありましたが、生徒たちは日頃の練習の成果を出し切った大会になりました。結果は以下のとおりです。 

区間

城山高校(総合3位・3932秒)

城高教員(総合7位・4516秒)

山﨑海斗・卓球部(2年)

9’34(3)

山下英雄(校長)

11’116位)

丹 海斗・サッカー部(1年)

9’55(5)

松田悠一郎(国語)

9’223位)

山本優樹・サッカー部(1年)

10’05(5)

小串亮太・卓球部(2年)

11'588位)

岩井龍聖・サッカー部(1年)

9’58(3)

馬詰 岳(数学)

12'588位)


   

『平成29年度 課題別研究発表会』
(平成30年1月24日)

 毎年行われている課題別研究発表会は、各学年が「総合的な学習の時間」を中心に、それぞれ学年のテーマに沿って調査・研究した内容を発表し、成果の共有を図るものです。この発表会には本校の全校生徒・全教職員、保護者、赤岡中学校の全校生徒・教職員などが参加をしました。赤岡中学校の生徒からは「自分の将来の夢が決まっていて、やらないといけないことをしっかりやっていてすごいと思った」「体験することは大切だなと思った」などを書いた感想一覧をいただきましいた。
 発表者と発表内容は以下のとおりです。

学年

発表内容

発表者

1年生

自己理解とSST

田岡・牧野・増井

2年生

「芸術」について

有光・上島・別役・山本・山脇

「自動車整備」について

岡崎・金澤・堀川

「製造」について

後藤・高橋・川畑・坂本

「保育」について

武内・野村・弘田・山本・山本

保健委員会

朝食改善プロジェクト

小橋・石川・川村・後藤

ビジネス研究部

香南市活性化計画

大曽・岡田・國澤・杉本・濱﨑・間城

イラストデザイン部

門田宇平伝紙芝居動画

土居・影山

3年生

進路選択の活動を通じ、自らの生き方

尾城

や社会の仕組みについて深く考え、

谷岡

進路希望の実現を図る。

國澤

H29卒業生

サカイ引越センター 高知支社

弘田


   


『第69回 校内マラソン大会』 
(平成29年11月24日)

 身体的、精神的に自己の体力の向上に対してチャレンジすることで、強い精神力を身につけたり、やり遂げた達成感を得ることを目的に毎年開催されています。コースは学校をスタートし、香宗川を北上、若一王子宮前を通過し、女子は香我美中学校前を通って学校に戻る8㌔コース。男子は香我美小学校前を通過し、県道30号を通って学校に戻る10㌔コースとなっています。秋晴れのもと、参加した生徒はいい汗を流しながら、ゴールを目指して走っていました。本校の山下英雄校長先生も完走されました。
男女上位8人は以下のとおり。

 
     【男子】                   【女子】

1位 3年 沼   竜斗(4551秒)     3年 中澤 綾乃(5254秒)

2位 2年 中野 楓雅(4556秒)     2年 別役 京香(5433秒)

3位 2年 金澤 龍孔(4838秒)     2年 川村 奈緒(5613秒)

4位 3年 杉本 博則(4918秒)     2年 久川依知佳(5625秒)

5位 1年 丹   海斗(4943秒)     2年 西内 愛美(5820秒)

6位 3年 青木 蓮  (5129秒)     2年 尾﨑 未規(6034秒)

7位 2年 山﨑 海斗(5135秒)     2年 後藤 洋泳(6034秒)
第8位 2年 寺田 仁   (52分45秒)     2年 武内 柚葉(60分58秒)


   

『芸術鑑賞会』 (平成291121日)


 年に一度行われる、芸術鑑賞会が赤岡中学校体育館で行われました。この鑑賞会には赤岡町内にある吉川みどり保育所、赤岡保育所、吉川小学校、赤岡小学校、赤岡中学校、城山高校の約500名の児童生徒・教職員等が参加をしました。講演内容はゴスペル。高知市を活動の拠点としている「Anointed mass choir」の総勢100名の皆さんでした。「元気な曲では一緒に踊り、静かな曲は聞き入ってください」と挨拶があり、「セレブレイト」「レットイットビー」などの曲が披露されました。謝辞では城山高校の生徒会長から「最初は冷たい体育館でしたが、皆さんのおかげで心も体育館も暖かくなりました」と感謝の言葉があり、楽しかったひと時が終わりました。



『城山高校火災・避難訓練』
(平成29年11月15日)
 

 地震による火災を想定した避難訓練が行われました。地震発生後、北舎1F調理室から出火。緊急放送後、全生徒・教職員が指定されたグラウンドに避難しました。香南市消防署の方からは「おおむね整然と避難ができていた。津波と火災が同時に起こった際は色々なことを想定して行動しましょう」などの講評をいただきました。その後、グラウンドで消火器の使用訓練、場所を移動して南舎3・4Fからの避難シューター体験が行われました。


  

『選挙出前授業』(平成29年11月8日)
 

 選挙の仕組みや意義を正しく理解し、実際に模擬投票を行うことにより主権者としての意識を高め、社会や国の在り方についてための授業です。講師には高知県選挙管理委員会および香南市選挙管理委員会から来ていただきました。講演内容は選挙の仕組みや18歳選挙権についてや模擬投票が行われ、実際の投票用紙などが使われました。


  

『ホームデー』
(平成29年11月1日)

 絶好の秋晴れのもと、1年次生は、高知県立青少年センターで、うどん作りと餃子作りの体験をしました。初めての体験で四苦八苦しながら助け合い・協力し合いながら作業することができました。火おこしの大変さを感じつつ、ゆであがったうどんと餃子は各班ともに上手にでき、皆でおいしくいただきました。最後には食器等の後片付けやかまどの清掃もきれい行い、良い体験活動になったようです。

3年次生は高知県立のいち動物公園にホームデーに行きました。何度か訪れた生徒もいるようですが、進路活動がひと段落ついてゆっくりと過ごすことができ、いい気分転換になったことだと思います。


  

  

『租税教室』
 (平成29年10月25日)

 
 3年生を対象に、税理士の井上祐幸先生を講師に招いて租税教室が行われました。租税の意義や役割を正しく理解し、その使い道に関心を持ち、納税者として社会や国の在り方について考える内容となりました。税金の種類、使われ方など、少し難しい内容でしたが熱心に聞きながらメモを取っていました。


  

『後期始業式』 (平成29年10月12日)
 
 本日より、後期がスタートします。この後期には2年生の修学旅行やホームマッチなどの行事があります。始業式において校長先生から「気を引き締めて、頑張っていきましょう」という話がありました。その後、前期皆勤賞表彰や週明けテスト成績優秀者表彰が行われ、2時間目より平常授業に入りました。


  

『前期修了式&後期生徒会役員選挙』
(平成29年10月5日)

本日、前期の終了式が行われた。本校では、今年度より2学期制を導入している。明日より、1011日(水)までが秋季休業となる。後期は12日(木)から開始である。

 併せて、後期生徒会の役員選挙が行われた。8つの役職に対して9人が立候補。立会演説会のあと、すぐに投票が行われ、始業式後に生徒会認証式が行われる。

  

  

『第71回高知県美術展覧会入選』 (平成29103日)


 第71回高知県展に商業科目選択者3名がグラフィックデザイン部門に出品した。3点とも力作であり、2点が入選を果たした。 

入選

3年 岡田健太(赤岡中) 香南市PRポスター ~EKIN café

3年 濱﨑莉玖(介良中) 香南市PRポスター ~香南ニラ祭り~




『国体壮行式』 (平成29926日)

 

 本校に勤務する中川遼平先生(体育)が第72回えひめ国体 陸上競技 成年男子 走幅跳 に出場することが決定し、その壮行式が行われた。

 本来は三段跳びがメイン種目であるが、サブ種目での出場となった。自己ベストは7m54、目標は780以上。「追い風に乗れれば狙える距離。入賞目指して頑張ってきます」と力強い言葉があった。生徒会長からは「東京オリンピックも目指して頑張ってください」と熱いエールがありました。

 出場を祝して、本校の南舎南側に懸垂幕を掲げています。

  

『平成29年度 体育祭 天真爛漫 ~自分の限界を超えていけ~』 (平成29925日)

 

 925日、秋晴れのもと、体育祭が開催されました。全校生徒128名と小さい学校ですが、全18種目が行われました。大縄跳びや宅急便リレー、しっぽ取りなど新しい競技から100メートル走や騎馬戦など定番の競技がありました。最高気温も上がり暑い中での開催でしたが、その暑さに負けない熱い体育祭でした。結果は次のとおり。

 

総合優勝 赤組   行進賞 赤組   パネル賞 赤組   応援賞 白組

 

 多くの保護者、来賓の皆様に参加いただきありがとうございました。また、地域の方々には音量等でご迷惑をおかけしましたが、生徒たちは皆、出せる力を出し切ったと思います。今後ともご理解ご協力をよろしくお願いします。







『平成29年度城山高校避難所開設・運営訓練』
(平成29年9月3日)


 防災週間に併せて、城山高校を会場に防災避難訓練および避難所開設運営訓練が行われました。参加したのは本校の教職員、赤岡中学校の教職員、香南市職員、地域の方々、DMATなど約300名です。9時に地震が発生し、本校北舎屋上に避難、その後安全確認をした後に体育館に移動し、地域の方々をリーダーにした各班の指示のもと作業に移りました。内容は体育館内外の安全確認後に避難者の受付設置や居住スペースへの誘導、トイレの確保、傷病者の把握・応急対応など10班に分かれての訓練になりました。生徒たちは、「地震に備えて家でもできることをしなければ」など、改めて地震に対して認識を深めていました。この取組は、毎年行われていきます。


  


『前期後半スタート』 (平成29年8月28日)

 長い夏休みが終わり、前期後半が始まりました。今日は全校集会が行われ、伝達表彰、各分掌や校長先生からの話がありました。その後は課題テスト等に取り組み、放課になります。明日より平常授業が始まります。

93日は赤岡中学校・城山高校・香南市・地域合同の防災訓練があります。また、22日は体育祭があり、この夏休み期間中、応援練習やパネル制作など取り組んでいました。特に3年生はいよいよ進学・就職試験が始まります。これから面接練習等をしっかりと行い、本番に備えていきます。


  

『災害ボランティア活動』について 
(平成29年6月28日)

6月28日のロングホームは、日本赤十字社高知県支部事業推進係長 吉岡邦展様、高知県社会福祉協議会福祉人材部長 長野隆弘様に来ていただき、「災害ボランティア活動について」の講演をしていただきました。

本校は避難所に指定されており、災害時にはボランティアのみならず避難所運営にも関わることが想定されています。災害時における避難所の状況や生活の様子、想定れれる事柄、復興期におけるボランティア活動について学びました。その中で、避難所生活で大切なこととして「協力し合うこと」「意見を出し合える関係を作ること」「落ち着いて周りの様子を見ること」「一生懸命取り組んで決めること」など、大切なことを伝えていただきました。生徒からは「これから起こるかもしれない南海地震に備えて、十分に準備をしていきたいい」など感想が聞かれました。


  


『薬物乱用防止教室』について (平成29年6月21日)

 
6月21日(水)、1年次生を対象に薬物乱用防止教室が開催されました。当日は講師をお迎えし、薬物の種類やその危険性についてパワーポイントを交えながら貴重なご講演をしていただきました。生徒からは「薬物乱用という言葉はよく聞きますが、ルールを守らずに使用すること、本来と違う用途で使ったりすることも乱用になるということを、改めて知ることができました。」「ニュースで薬物のことが話題に出たりしますが、私は決してあたりまえになってはいけないし、絶対に関わらないよう、これから先気をつけようと思いました。」「薬物乱用はとても怖いものだと思いました。薬物は、自分だけが苦しい思いをするのではなく、他人にも迷惑がかかるということを知りました。」などの感想が寄せられました。


『南海地震に備えよう』城山高校防災避難訓練
(平成29年6月14日)
                                             
 6月14日(水)、今年度、第1回目の城山高校防災避難訓練を実施しました。実施内容は、津波被害を想定した(1)避難訓練
(2)避難行動(3)南舎および北舎屋上への団体避難訓練を行いました。事後学習として、本校の防災マップの確認。特に備蓄品や置かれている場所、地域避難として開放されている場所、または想定される津波の高さや到達時間などの学習学習を行いました。

   
 

『PTA総会』(平成29年6月4日)

 
 6月4日、平成29年度のPTA総会が行われました。1時間目は、各ホームで授業参観を行い、授業の様子を見てもらいました。2時間目は全校生徒、保護者、教職員が参加しての進路講演がありました。株式会社ケンジンの山中宗之氏による「失敗しない進路決定のススメ」と株式会社ベネッセコーポレーションの東真央氏による「進学に向けて、保護者ができる備えと接し方」の演題で講演をしていただき、山中氏からは「働くとはどういうことか」「企業が求める人材とは」、東氏からは「早く将来を決める、取り組む」などの内容で、参加者は熱心にメモを取りながら聞き入っていました。講演後は、保護者はPTA総会、その後、学年別懇談会、ホーム主任との面談が行われました。


『平成29年度 自転車盗難被害防止モデル校指定式および交通安全講話』
                                   (平成29年5月24日)

本日、自転車盗難被害防止モデル校の指定式が行われ、南国警察署刑事官西森保夫様から本校生徒会長杉本博則君に指定書が交付されました。本校では5年目になります。

「自転車盗難被害防止モデル校」とは、警察が学校に委嘱しているもので、生徒の皆さんが自転車を盗まれないよう、また、自転車を盗むことができないよう防犯意識を高める取組になります。本校では帰りの放送で「自転車にカギをかけるように」と伝えています。

続いて、交通課長から交通安全講話がありました。講話の中で、「事故に遭わないためのものがルールで、ルールには意味がある」。特に、「一時停止」は大切である、と話してくれました。また、事故に遭った場合、「運転手には警察に報告する義務がある。」と説明し、生徒は今後免許を取得した際のことを考えながら聞き入っていました。


   



『愛校作業』(平成29年5月20日)


県体期間のこの日、県体に出場しない生徒は学校に残り、愛校作業を行いました。

 まず、日頃行っている清掃場所を普段より念入りに行いました。その後は、強い日差しの中、1年生はグラウンドでの草引き、2年生は中庭で草引きと池の清掃、3年生は校舎前に庭園の中を掃除しました。


  


『県体壮行式』
(平成29年5月19日)

 第70回高知県高等学校体育大会の壮行式が行われ、本校の選手団が紹介されました。選手団は次のとおりです。

卓球部 2年 山﨑 海斗君

剣道部 2年 中野 諷雅君

    3年 杉本 博則君

 

以上になります。悔いの残らないように頑張ってきてください。



『城山高校開校記念日行事』(平成29年5月2日)

 この開校記念日については、昨年の高知県立城山高等学校創立70年記念を機に、昭和21年高知県立城山中学校同高等女学校として出発したことから、開校式挙行日である52日を開校記念日と設定しました。現在本校の特色として福祉教育や生徒会を中心とした先駆的な美化啓発活動に重点を置いていることから、全校行事として地域との交流や生徒同士の交流、地域とのつながりを大切にし、城山高校の輪を築くために、ボランティア活動を含めた遠足を実施しました。

 当日は晴天に恵まれ、熱中症等への対策もしながら、まずは各学年に分かれ、学校の北東、北西、南側と校舎周辺の道路のゴミ拾いを行いました。ルートに恵まれてのことなのか3年生が最も多くゴミを集めていました。
 その後、夜須町坪井のヤ・シィパークまでの遠足を実施しました。国道沿いは歩道の幅が狭いことから、旧道を歩いていきました。途中地域の方からの挨拶や声掛けもいただきながら、予定より20分程度早く到着しました。その後全員に飲料水を配付し、早めの昼食となりました。昼食後は、いったん集合して、再度海岸のゴミ拾いを行いました。

 クラスごとにゴミを収集し、その量によって上位3クラスに対して景品の贈呈を行いました。その後学校までの道のりを歩いて大きな事故もなく無事全員が予定どおり学校に到着し、学年ごとの解散となりました。
 
 初めての試みでしたが、地域への貢献ができたように感じています。当日の様子については、香南ケーブルテレビでも放映されることになっていますので、ご覧ください。

   

5月13日(土)~19日(金)

「マチの出来事」

土日は、 600~     900~    1200~    1500

1800~     2100~    2400~             7回

平日は、 600~   1200~    1800~    2400~   4回