高知県小中学校長会「すべては児童生徒のために」
ようこそ、高知県小中学校長会のホームページへ
ごあいさつ

高知県小中学校長会長 島ア雅彦

高知県小中学校長会創立50周年である、記念すべき平成30年度がスタートしました。

本年度は、小学校において新学習指導要領全面実施に向けた移行期間初年度であり、中学校においても、周知徹底を図る大切な年です。今回の学習指導要領改訂は、確かな学力、豊かな心、健やかな体の調和を重視する、「生きる力」を育む教育の実現がこれまで以上に明確に示されています。新しい時代に必要となる資質・能力の育成を重視した「社会に開かれた教育課程」を実施し、先行き不透明で変化の激しい厳しい挑戦の時代を、力強くいき抜く日本人を育てることが、学校に強く求められています。また、「何を学ぶか」「どのように学ぶか」「何ができるようになるか」という視点から、教科等を横断的にとらえるための、カリキュラム・マネジメントの確立も急がれています。

高知県においては、教育大綱・第2期高知県教育振興基本計画を基に、「学ぶ意欲にあふれ、心豊かでたくましく夢に向かって羽ばたく子どもたち」の育成に向けた取組が3年目となります。知・徳・体各分野でしっかりとした成果を上げ、県民の皆様との約束を果たしていかなければなりません。

一方、教員の業務改善事業がスタートし、負担軽減への取組や教育界全体が魅力ある業界となるよう、国を挙げて様々な施策が実行に移されました。本県においても、出退勤管理システムによる勤務時間の把握をはじめ、一斉退勤日の設定や長期休業期間中の閉校日の設定、部活動休業日の設定や様々なサポートスタッフの配置などを通じ、ライフワークバランスを重視した働き方改革が、徐々にではありますが進められています。

こういった現状を受け、高知県小中学校長会は、新学習指導要領全面実施への取組と、教員の働き方改革推進を本年度の重点課題ととらえ、実効性の高い取組を進めていきます。また、高知県教育委員会、市町村教育委員会に対しましても、これまで以上に関係性を強化し、信頼されるパートナーとして必要な提言を積極的に行っていきたいと考えています。
 海の向こうアメリカでは、ロサンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手が、二刀流で投打に大活躍し、アメリカ国民の心をしっかり掴んでいます。私たち校長も、教育者としての顔と経営者としての顔を持つ二刀流だと言われています。二つの顔をバランスよく発揮し、21世紀を力強く生き抜く子どもたちを育成する学校のトップリーダーとして、保護者・地域に信頼される教育を進めていきましょう。また、風通しの良い職場環境をつくり、職員満足度が高い学校をつくることで、不祥事根絶へも取り組み、創立50周年が実り多い年となりますよう、チーム校長会が一枚岩となって邁進しましょう。


 〒781−2120 高知県吾川郡いの町枝川 2410−7 中部教育事務所3階
 
   電   話  088−821−9520
   ファックス  088−821−9521

   <E-mail> syoutyugakkou-koutyoukai@ia5.itkeeper.ne.jp

高知県小学校長会
高知県中学校長会
高知県小中学校長会
Copyright(C)2015 www.kochi33.com All Rights Reserved.
高知県小中学校長会