学校長挨拶


 本校は、高知県の西の端、宿毛市に位置しており、昭和19年に創設され、一昨年創立70周年記念式典を執り行うことができました。創立以来建学の精神として、自主・自律を重んじる「自照館精神」を脈々と受け継ぎ、「誠実」「勤勉」「進取」を校訓としています。「心豊かで、心身ともに健康で、自ら判断して正しく行動できる人間を育成する」ことを教育方針に掲げ、これまで多くの卒業生を社会に送り出している伝統のある学校です。
 また、総合学科として14年目になりますが、総合学科特有の多彩な選択科目を設置し、生徒一人ひとりの興味や関心、進路希望に沿った教育を行っています。
 幡多の豊かな自然環境の中で育った生徒たちは、総じて明るく素直で、挨拶も良くできます。勉強や部活動など、元気に学校生活を送っており、自分の進路や将来に向かって頑張って取り組んでいます。
 これからも生徒・教職員が一丸となって、さらに地域の要請に応えられる学校づくりを目指して、取り組んでいきたいと思っています。

高知県立宿毛高等学校長 谷脇 澄男