学校沿革
四万十町立 十川小学校







明治 8. 7 大野・川口両部落をもって大野旧寺を校舎にあて、大野小学校を設立し、井崎に分校を置く。
   20. 9 井崎分校独立、井崎簡易小学校となる。
   25.10 大野・川口・戸川を通学区域として大野小学校となる。
   30. 4 2学級編制。
   32. 7 井崎分校が独立し、井崎尋常小学校となる。
      11 本校舎を新築。
   33. 4 高等科を設置し、大野尋常小学校となる。3学級編成。
   39. 4 十川村第一尋常高等小学校と改称。
   42. 4 義務教育の年限延長により六年間。4学級編成。
       6 校舎増築落成。

大正 5. 4 高等科廃止。
    6. 4 高等科設置。6学級編制。

昭和15.12 新校舎を設立し移転(川口480番地)
   16. 4 国民学校令により十川村立第一国民学校と改称。
   18. 8 第三国民学校と合併。井崎分教場は存続し4年以下の就学。
   20. 4 10学級編制。校長専任制となる。
   22. 4 十川村立第一小学校と改称。6学級編成。
       4 井崎分教場は十川村立第三小学校として独立。
      12 十川中学校・十川村立第一小学校と改称する。十川PTA発会。
   23. 4 7学級編制。
   24. 4 6学級編制。
   31. 4 8学級編制。
   32. 8 町村合併により十和村立十川小学校と改称。
   34. 4 7学級編制。
   35. 3 運動場第一期工事竣工。
       4 6学級編制。
   38.12 ミルク給食開始。
   43. 3 新校舎竣工。(現在地)
昭和51. 2 屋内体育館落成。(中学校と併用)
       5 完全給食開始。
       7 校庭拡張工事完了。
   54. 4 文部省「体力つくり推進校」として指定を受ける。同時に第40回全国へき地教育研究大会分科会
         会場に指定される。
       4 校歌制定。
   56.10 第40回全国へき地教育研究大会第7分科会並びに文部省指定の「体力つくり推進校」研究発表会開催。
   57. 1 坂本教育文化賞の受賞。
       5 県小体連より「体力つくり」優良校として表彰を受ける。
   59.11 バックネット設置。
   60. 2 本校PTAが郡PTA連合会から表彰を受ける。
   61. 3 砂場修理。土俵場完成。
   62.11 PTAによる築山の整備。
   63. 1 校旗(校下有志より寄贈=連旗、屋上掲揚旗を含む。)
       1 第7回幡多道徳教育研究大会十和大会の会場校として公開授業を行う。
平成 1.10 校歌(歌詞)一部変更。
      10 幡多地区学校給食研究大会開催。
    2. 4 「郷土を愛する学校づくり」村指定。(〜5年)
      11 平成2年度交通安全優良学校として表彰を受ける。
    3. 2 学校給食優良学校として表彰を受ける。
       3 家庭科室、2階多目的ホール落成。
       4 社会福祉活動推進校として、高知県社会福祉協議会より指定を受ける。
         (平成3年4月1日〜平成6年3月31日)
       6 平成3年度生活科研究推進校として、村教育委員会より指定を受ける。
       6 PTAが四国管区警察局長・四国交通安全協会長より表彰を受ける。
    4. 4 平成4・5年度生活科実施推進協力校として、文部省より指定を受ける。
      11 学校給食優良学校として文部省より表彰を受ける。
平成 4.11 文部省指定「生活科公開授業」開催。
      12 「ふるさと宝さがし事業」優秀賞の表彰を受ける。
      12 プール落成。
    5. 4 5学級編制。(加配により複式解消)
       8 校舎大規模改修完了。
       9 高知放送老人福祉基金「社会福祉活動推進校」表彰。
      11 文部省指定「生活科研究発表会」開催。
      12 本校PTAが郡PTA連合会より表彰を受ける。
    6. 3 十和村社会福祉協議会より「社会福祉活動推進校」として表彰される。
       4 5学級編成。(加配により複式解消)
       4 「小学校国際体験」研究推進校。(村指定)
       9 国土調査事業の成果に伴い、地番変更。505番1となる。
      12 高知県文教協会より「第22回坂本教育文化賞」の表彰を受ける。
    7. 4 6学級編制。(児童数の増加による。)
       4 「小学校国際体験」研究推進校。(村指定)
    8. 1 高知県教育委員会より平成7年度「美しい学校環境づくり奨励賞」の受賞を受ける。
       4 特色ある教育課程(英会話)研究推進校。(県指定)
    9. 4 「小学校国際体験」研究推進校。(村指定)
      11 PTAが四国管区警察局長・四国交通安全協会長より優良団体として表彰される。
      11 十和村教育研究集会の会場校として公開授業を行う。
   10. 4 5学級編制。(加配により複式解消)
       4 「小学校国際体験」研究推進校。(村指定)
      12 西部地区同和教育研究大会の会場校の一つとして公開授業等を行う。
   11. 4 5学級編制。(加配により複式解消)
       4 「総合的学習研究実践校」指定。(村指定)
   12. 2 高知県教育委員会及び日本学校健康センター高知支部より安全教育及び安全管理について
         学校優良校の表彰を受ける。
平成12. 5 鮎の稚魚放流。
       7 四万十川財団からの依頼により水質検査。
       7 タイムカプセル埋設。
   13. 4 5学級編制。(教頭学級担任により複式解消)
       6 学校統合問題に関わる地区懇談会が開かれる。
      11 統合問題に関わるアンケート実施。
   14. 3 大道小・十和小・古城小との4校で統合の方向が決定。
   15. 3 新十川小学校PTA設立準備会。
           〃       総会。
       4 統合に伴う閉校式・4校による閉校記念誌発刊。
         十川小・大道小・十和小・古城小が統合して新たな十川小学校として再編スタートする。
   16. 4 特別支援学級(やまびこ学級)設置。
   17. 4 高知県学力向上フロンティア指定事業。(県指定〜H19)
   18. 1 本校舎トイレ改修。
       3 町村合併により四万十町立十川小学校と改称。
      11 四万十町十和支部教育研究大会会場校として公開授業を行う。
   19. 4 広井小学校と十川小学校が統合する。
   20. 1 高知県学力向上フロンティア指定校として研究発表会を行う。
       4 特別支援学級(青空学級)設置。
       9 学校前道路拡張工事が着工される。
   20.10 小中合同秋季大運動会を行う。
   21. 2 新体育倉庫施工(遊具移転・砂場新設)
       4 新正門施工・ブランコ新設・防球ネット新設
         文部科学省豊かな体験活動推進事業推進校の指定を受ける。
   23. 3 総務省「平成22年度地域雇用創造ICT絆プロジェクト教育情報化事業」
         (総額2500万円)の指定(高知県で3校、全国50校)を受ける。
         3〜6年生全児童に「タブレット型ノートパソコン」が一台ずつ、また教室には77インチの
         プロジェクター付ホワイトボード(IWB)と電子教科書(算数と国語)等が導入される。
   23. 6 高知県、四万十町、地域、関係機関と連携した「土砂災害と孤立に強い十川地域」を目指した
         防災教育の取り組みはじまる。
   24. 1 総務省地域雇用創造ICT絆プロジェクト教育情報化事業指定による第1回「ICT
         活用による公開授業及び研究会」(講師 金沢星稜大学 村井万寿夫教授)を行う。
   25.11 十川小学校防災教育シンポジウム「土砂災害を知る・備える・行動する〜土砂災害と孤立に強い
         地域づくりに向けて〜」(講師 砂防学会会長兼全国治水砂防協会理事長 岡本正男氏)を300人
         規模で開催。6年生がプレゼンテーション「十川小学校の防災教育の取組と住民意識の変化と課題」              発表。