本文へスキップ

土佐市教育研究所

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.088-852-4353

〒781-1102 高知県土佐市高岡町乙255番地

情報教育部門

平成29年度版 2017年

(1)はじめに

小学校学習指導要領解説の総則編「第3章 第5節 教育課程実施上の配慮事項」に次のような記述がある。

「インターネット上での誹謗中傷やいじめ、インターネット上の犯罪や違法・有害情報の問題を踏まえ、情報モラルについて指導することが必要である。情報モラルとは「情報社会で適正な活動を行うための基になる考え方と態度」であり、具体的には、他者への影響を考え、人権、知的財産権など自他の権利を尊重し情報社会での行動に責任をもつことや、危険回避など情報を正しく安全に利用できること、コンピュータなどの情報機器の使用による健康とのかかわりを理解することなどであり、情報発信による他人や社会への影響について考えさせる学習活動、ネットワーク上のルールやマナーを守ることの意味について考えさせる学習活動、情報には自他の権利があることを考えさせる学習活動、情報には誤ったものや危険なものがあることを考えさせる学習活動、健康を害するような行動について考えさせる学習活動などを通じて、情報モラルを確実に身に付けさせるようにすることが必要である」

 平成26年度に行った「土佐市小中学校児童生徒 携帯電話・スマートフォンなどの機器の利用に関する調査」において、スマートフォン・携帯電話の所有率が小学生で36.1%、中学生で54.6%という、決して低くない調査結果が出ている。また、携帯電話・スマートフォンの一日平均の利用時間は、1時間未満が小学生で51.5%と約半数、中学生は33%だった。4時間以上では、小学生は7.2%、中学生は13.1%という結果だった。このことから子どもたちの生活の中に携帯電話やスマートフォンなどが浸透していることがわかる。実際に児童や生徒を巻き込んだインターネット上のトラブルも起こっている。

 そこで本研究テーマを「情報教育の推進に関する研究〜情報モラル教育の授業充実に向けて〜」と設定し、研究を深めていく。情報モラルの研修を推進することで、情報モラルの重要性を児童生徒に再認識させ、発達段階に応じた情報モラルを身に付けさせるための授業開発を行いたい。

 

(2)研究テーマ

「情報教育の推進に関する研究〜情報モラル教育の授業充実に向けて〜」

 

(3)事業内容

@  ICT機器を利用した授業の研究

A  ICT機器活用の推進

B  情報教育の相談及び支援

C  土佐市情報教育プロジェクト推進

D  情報モラル教育の推進

E  教材や校務ソフトの作成及び活用の推進

F  プログラミング教育の研究

 

(4)具体的な取組

 @学校と連携した共同研究と授業実践

  各校の情報教育実践において、子どもたちが、コンピュータやデジタルコンテンツ・インターネット等を使って、多くの情報の中から必要な情報を選択し、自らの情報として発信できる「情報活用能力」を育成するための授業等を研究・実践する。

 A情報教育の相談及び支援

  情報教育におけるハード面の支援を行う。また、ハードウエアのトラブルやソフトウェアの操作等の相談について、学校への訪問支援を行う。また、教員を対象としたコンピュータ研修会を企画・実施する。内容は、各校の情報教育担当教員を通じて調査・実施する。

 B情報教育ネットワークの構築

  校内において情報を共有し、組織的に活用できるネットワーク環境とセキュリティの高い職員室だけのイントラネットを構築し、さらに効率のよい運用を図る。

 C教材や校務ソフト・ホームページの作成及び活用の推進

  教材や校務ソフト等のデジタルコンテンツの収集と作成・編集など調査研究を行う。

 また、情報収集のためのインターネットの活用方法や授業で役立ちそうなフリーソフト・ホームページ等を調査・紹介する。さらに、土佐市教育研究所の教育活動等をインターネット上で広報することで、インターネットのの役割と活用法を研究する。

 D土佐市情報教育プロジェクト推進事業

 ・土佐市情報教育プロジェクト推進チームを中心に授業実践研究を行う。

 E情報モラル教育の推進

  子どもたちに情報社会で安全に生活するための知識や態度を身につけさせるための教材研究と授業実践を行う。情報モラル教育の重要性を再認識し、学校教育全体で情報モラル教育を推進させる。

 Fプログラミング教育の研究

  平成32年度から施行される新学習指導要領では、小学校からのプログラミング教育が始まる。現場では、実際のところ何をどのように指導、学習すればいいのか分からず、困惑を招くことが予想される。プログラミング教育の考え方や指導法について研究し、現場へと還元したい。本年度は、総務省の「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業の一環である、「教育版マインクラフトを活用したプログラミング的思考学習の学習の推進in土佐市&東みよし町」を受けており、この事業を中心として研究を進めたい。

 


情報教育の部屋土佐市教育研究所

〒781-1102
高知県土佐市高岡町乙255番地
TEL 088-852-4353
FAX 088-850-2010