研究所(情報教育)日誌2018 5月号

2018/05/01(火)晴
・文書整理
・かみまつり モリサ:封筒所に寄贈
・シールラベル印刷
・E校 プログラミング教育③ 音・動き
おかしな踊りを直せ
http://www.nhk.or.jp/sougou/programming/?das_id=D0005180303_00000
番組のスクラッチ
https://scratch.mit.edu/projects/102475822/


・校務の情報化 名簿変更(辞書登録) 学校安心メール申し込み

2018/05/02(水)雨
・資料整理
・日誌記入
・C校校長よりTEL 特別支援学級 iPadのソフトについて問い合わせ
・E校 遠足 体育館でレク撮影 


・職員のPC カラープリンターが使えなくなった件
ブラザー MFC-J5720CDW IP ポート 

2018/05/07(月)雨
・所内清掃
・プログラミング授業準備
・F校 ネットワーク不具合 電話つながらず
◇ハブの電源が切れていたので、手繰っていくとコンセントは三又プラグ。他のコンセントに差し直して復旧
◆電話は設置業者に電話してきてもらうよう依頼
 ホームページの更新講習
◇フレーム構成のページはリンク設定の際、ターゲットに場所(センター)を指定すること
・B校 教室 デジタル教科書つながらないとの連絡
・回覧読み込み
・情報モラル教育について

◎総務省:インターネットトラブル事例集
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka/jireishu.html

◎JIMA - 日本情報モラル推進機構(facebook)
https://www.facebook.com/jima.info/

◎JIMAルール表
https://www.kyousyokuin.or.jp/enjoy/column/recommend/netmanner/data/to_smp_20151111-rule.pdf

◎教職員共済:知っておきたい生徒・児童のネットマナー
https://www.kyousyokuin.or.jp/enjoy/column/recommend/netmanner/

◎「スマートフォン貸与契約書」を導入したら、親子の絆が深まったのはなぜ?
https://prebell.so-net.ne.jp/feature/pre_18041901.html

http://thefilament.jp/dialog/1557/

◎文部科学省:教育の情報化の推進
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1369648.htm 

・所内会(児童・生徒について)
◎起立性調節障害
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%B7%E7%AB%8B%E6%80%A7%E8%AA%BF%E7%AF%80%E9%9A%9C%E5%AE%B3

・B校 デジタル教科書できない件 LAN配線? サーバー? 
◇端子つなぎ直し、サーバー起動で復旧
・G校 探調新入生設定 バーコード印刷

2018/05/08(火)雨
・東京出張準備
・iPad等を活用した指導に関して

◎浦添市教育研究所
http://www.urasoe.ed.jp/uraken/

◎教師によるiPadとiPhoneの活用
http://www.urasoe.ed.jp/uraken/joxc4tp8t-126/?block_id=126&active_action=journal_view_main_detail&post_id=861&comment_flag=1

◎iPadとiPhoneで教師の仕事を作る(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/canpycanpy/

◎児童用iPad全台にインストールしているアプリ(1)
http://blog.livedoor.jp/canpycanpy/archives/52178472.html

◎タブレットを活用した実践事例集
http://www.urasoe.ed.jp/uraken/?action=common_download_main&upload_id=14237

◎特別支援学校で使えそうなiPadアプリ
http://www.penginedu.com/entry/2017/05/12/130325

◎教科で活用できる事例(特別支援)
http://www.apec.aichi-c.ed.jp/shoko/ICT/kyouka/shien/shien.html

◎この期におよんで「私、ICTが苦手なの~」といいますか?
http://www.poran.net/ito/archives/7858

◎ロイロノート
https://n.loilo.tv/ja/

・プログラミング授業準備 パワポ
◎E校 プログラミング授業④ シューティングゲーム
http://www.nhk.or.jp/sougou/programming/?das_id=D0005180304_00000
番組のスクラッチ
https://scratch.mit.edu/projects/102478736/

2018/05/09(水)晴 17℃
・出張研修計画書作成
・iPadの教育活用についてまとめ
・統一教科部会 会場準備シートは二つ折り横 真ん中のラインまで
 プレゼン準備上げ台必要 第一小舞台大スクリーンあり手動 椅子200席

・交通案内 会場内案内 会場片付け等
・iPad続き
・D校後片付け

2018/05/10(木)晴 校内研講師
・朝清掃 床拭き
・タブレット端末の教育活用についてまとめ
・ストレッチポール等 健康器具指導
・工務作業計画
・講習会用印刷
◎C校校内研修
iPad等タブレット端末の教育活用に関して

◎土佐市立C校校内研修

1 タブレットでできること
◎マルチメディア(複数の種類の情報をひとまとめにして扱うメディア)機器
・写真撮影 動画撮影 画像・動画視聴(撮影したもの・編集したもの)
・◇読書:Kindle(キンドル)電子書籍等 
・◇音楽鑑賞(iTunes https://www.apple.com/jp/itunes/ )
・◇演奏(ピアノ等楽器アプリ使用)
・◇テレビ電話(Skype https://www.skype.com/ja/ ネット回線が必要)
・◇インターネット(情報を得る・発信)
・◇各種アプリで様々なこと(学習・生活に役立つことタイマー等)一台で何役もこなせる

※スマホの大きいものぐらいに考えていい。操作もスマホとほぼ同じ(タップ ダブルタップ フリック スワイプ ロングタッチ ドラッグ ピンチ等)で、画面が大きく見やすい。(テレビにつなげる)

※◇Wi-Fi等インターネットにつながってないとできない機能があることを理解しておく必要がある。

※iPadの場合、最初の設定がややこしいです。初期設定をしないと使えない。

※特に学校での設定は困難。(Wi-Fi環境が整っていない場合が多いので)

◎タブレットの種類
オペレーティングシステム(Operating System, OS コンピュータと人間の仲介役、通訳のようなもの)によって、下記の違いがある。
・iOS(iPad iPhone)Apple社
・アンドロイド(他社のタブレット)Google社
・WindowsOS(PC surfaceサーフェス)Microsoft社

2 写真・動画撮影とその視聴
・撮ったものをその場ですぐ見ることができる。
静止画の場合、拡大縮小も簡単(ピンチアウト、ピンチイン)。
・編集済みの動画を取り入れ、何度も繰り返し見せることもできる。

◎使用例
児童のノート 理科の実験観察 体育の授業 音楽の模範演奏 実物投影機の代用
アクティブラーニング等々
※タブレットはデータの容量が少ないものが多いので、データ量の多い動画はため込まない方がよい。

◎テレビ(モニター)への接続方法
①有線
・基本HDMI(映像と音声が1つにまとめられている)端子のケーブル接続が必要で、端末への接続にそれぞれの機種に合ったアダプターが必要となる。

②無線
◎apple社製品 
・アップルTV(アップル社の製品しかつなげない)
◎Google社製品 
・クロームキャスト(中のファイルが映せない・ユーチューブ視聴は便利・Wi-Fi必須)
◎EZCastpro (映りが悪い時がある)
◎みらいスクールステーション(教材提示・電子黒板代わりになる)
 http://www.mirai-school.jp/ 

3 調べ事(ネット検索)
◎人口知能:Siri(シリ)
iOSやmacOS Sierra向け秘書機能アプリケーションソフトウェア。自然言語処理を用いて、質問に答える、推薦、Webサービスの利用などを行う。
「Siri」とは、Speech Interpretation and Recognition Interface
(発話解析・認識インターフェース)https://www.apple.com/jp/ios/siri/

◎音声検索(Googleクローム)https://www.google.co.jp/chrome/index.html
※特別支援の児童は辞書引き等苦手なことが多い。でも知りたがりでもある。「〇〇って何?」とよく聞いてくる児童もいるが、言葉で説明しても理解できない場合が多いので、具体的に画像を見せることによって納得しやすい。(画像検索)
※PCで行う場合、マイクが必要となる。
※教育ネットでは、タブレットでできないところがある。

4 教育用アプリ&ソフト
・たくさんありすぎて、探すのが大変。特別支援で使用する場合、その子の特性に適したものを選ぶ必要がある。(iPad用のアプリの方が教育的なものが充実している)
・無料で使えるものと、有料なものがある。有料のものでも、機能制限になりますが無料で使えるものがある。

◇インストール方法
アップルストアを開き、アプリを検索、ダウンロード(Wi-Fi環境でしかできない)
【初心者入門】有料アプリってどうやって買うの!https://applinote.com/ios/article/66659

◇代表的なもの 
文字の読み書き(hiragana katakana abc 小学生漢字等)、四則計算(たしざん あんざんマン 3Dずけい等)、英語、社会(Googleマップ Googleアース等)音楽(ピアノ 太鼓の達人等)に関するものは入れておきたい。

◇ビジュアルプログラミング用

Scratch(スクラッチ) https://scratch.mit.edu/

Why!?プログラミング(NHK Eテレ) http://www.nhk.or.jp/sougou/programming/

Pyonkee(ピョンキー)

「ScratchのiPad版」
※コマンドをドラッグして命令していくビジュアルプログラミング
http://pgm-edu.info/?p=549

◇参考URL

◎浦添市教育研究所(沖縄県) http://www.urasoe.ed.jp/uraken/

◎教師によるiPadとiPhoneの活用 (上記URLよりリンク)

◎iPadとiPhoneで教師の仕事を作る(ブログ) http://blog.livedoor.jp/canpycanpy/

◎児童用iPad全台にインストールしているアプリ(1)
http://blog.livedoor.jp/canpycanpy/archives/52178472.html

◎タブレットを活用した実践事例集
http://www.urasoe.ed.jp/uraken/?action=common_download_main&upload_id=14237

◎特別支援学校で使えそうなiPadアプリ
http://www.penginedu.com/entry/2017/05/12/130325

◎教科で活用できる事例(特別支援)
http://www.apec.aichi-c.ed.jp/shoko/ICT/kyouka/shien/shien.html

◎この期におよんで「私、ICTが苦手なの~」といいますか?
http://www.poran.net/ito/archives/7858

◎ロイロノート(有料、無料で試せるアクティブラーニングに適したソフト)
https://n.loilo.tv/ja/
 


2018/05/11(金)晴
・出張調整 バス
・K校先生より 学テ 英語 PCインストール 一斉に行えないか?
◎スカイメニューサポート
https://www.skymenu.net/support/sup01.html
・年間出張記録
・C校iPadパスワードの件 無料アプリはパスワードなしで設定済み
・情報教育プロジェクト 名簿等作成
・H社 S氏来所
・バッファロー 校内無線LANアンケート
・中部教育事務所 M指導主事 指導案等問い合わせ
・メール添付送信
・研究紀要問い合わせ

2018/05/14(月)晴
・朝清掃 窓ガラス ポスターよさこい
・L校 探調設定 新入生設定 転入生設定 バーコード印刷
・Y指導主事 昨年のプログラミング講座案内メール送信
・エキスポ N氏 11:40 面会
・K校 学力テスト英語ソフトインストール作業
・東京視察研修日程作成

  http://www.edix-expo.jp/Conference/seminar-event/ より引用

***********************************

◎K-K 5月16日[水]10:00~11:30 主催:全国ICT教育首長協議会

<文部科学大臣祝辞> 文部科学大臣 林 芳正

<首長サミット 基調講演> 今後の教育の情報化に向けた学校のICT環境整備等について
文部科学省 大臣政務官 宮川 典子

<首長サミット シンポジウム> ICTを推進する先進自治体首長が 学校へのICT導入・推進について討論
「教育ICT化に向けた環境整備5か年計画」地方財政措置をいかに自治体で実行するか

[パネリスト]
北海道清水町 町長 阿部 一男
福島県郡山市 市長 品川 萬里
千葉県酒々井町 町長 小坂 泰久
長野県喬木村 村長 市瀬 直史
富山県南砺市 市長 田中 幹夫

富山県射水市 市長 夏野 元志
大阪府箕面市 市長 倉田 哲郎
福岡県行橋市 市長 田中 純
佐賀県多久市 市長 横尾 俊彦
熊本県山江村 村長 内山 慶治
[司会]
信州大学 教育学部 教授 東原 義訓

***********************************

◎MS-1 5月16日[水]13:00~14:00 <教育×人工知能>
人工知能で教育はどう変わるのか? ~教育×AIの現状と今後の展望~

国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 教授 山田 誠二

***********************************

◎K-1 5月17日[木]10:00~11:30 <教育ICTの最前線>
ICTを「当たり前に無造作に」
―機器の導入から活用まで、箕面市が実践する教育改革とは?

箕面市長 倉田 哲郎   箕面市HP https://www.city.minoh.lg.jp/

***********************************

◎S-2 5月17日[木]13:00~14:00 <アクティブラーニング>
灘校が実践する、個々の能力を引き出す教育
-アクティブラーニングってなんだろう?

灘中学校・高等学校 校長 和田 孫博

***********************************

◎M-3 5月18日[金]10:00~11:00 <AIロボット>
英語4技能を楽しく習得!同志社中学校に学ぶ「先端テクノロジー×英語教育」

同志社中学校・高等学校 英語科教諭/EdTech Promotions Manager 反田 任 

***********************************

◎S-6 5月18日[金]13:00~14:00 <新学習指導要領とICT整備>
新学習指導要領に向けてどう動く?
教育情報化の最新動向と実践への期待

東北大学大学院 情報科学研究科 メディア情報学講座 教授 堀田 龍也

***********************************

◎MS-3 5月18日[金]15:00~16:30 <プログラミング教育実践例>
○AI・IoT時代に向けた、これからのプログラミング授業
~大胆に、自由に、思いきり!実践しよう~

小金井市立前原小学校 校長 松田 孝

○これから始める学校のための 無理なくできるプログラミング教育の取り入れ方

(株)情報通信総合研究所 特別研究員 平井 聡一郎


2018/05/15(火)晴
・出張復命書作成
・出張願作成
・日程確認
・HP更新

2018/05/16(水)晴 第9回教育ITソリューションEXPO・第1回学校施設・サービス展

・株式会社 東京ビッグサイト 〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1 TEL:03-5530-1111(代表)
http://www.bigsight.jp/
・教育ITソリューションEXPO
http://www.edix-expo.jp/

 第9回教育ITソリューションEXPO・第1回学校施設・サービス展 視察研修報告 土佐市教育研究所 研究教諭

 情報教育の最新の動向をつかむため、5月16日(水)~18日(金)に東京ビッグサイトで開催された「第9回教育ITソリューションEXPO・第1回学校施設・サービス展」へ視察研修に行ってまいりました。全部で7つの講演を拝聴し、最新のICT機器等を視察してきました。以下、内容の要点を報告いたします。

注:プロフィール・講演内容は
http://www.edix-expo.jp/Conference/seminar-event/ より引用

***********************************
5月16日[水]
***********************************

◎K-K 5月16日[水]10:00~11:30 主催:全国ICT教育首長協議会

<首長開会宣言> 

佐賀県多久市 市長 横尾 俊彦 氏  

・イノベーションを生み出す時代。首長の集まり。
・民間事業者との連携。13社。
マイクロソフト:タブレット貸し出し。
・ICT教育の推進 整備予算1805億円に増額 地方財政措置
・整備・人材確保 先進的な取り組みの発表。

<文部科学大臣祝辞> 

文部科学大臣 林 芳正 氏 なし(国会開催中により) 代理 生涯学習局長祝辞 常盤局長

・ソサエティ5.0 2020年度新学習指導要領 プログラミング的思考、学習の基盤となる資質。
・教育の情報化推進してもらいたい。

<首長サミット 基調講演> 

今後の教育の情報化に向けた学校のICT環境整備等について

文部科学省 大臣政務官 宮川 典子 氏 なし(欠席) 文部科学省 課長 梅村 研 課長(代理)

教育の情報化が目指すもの

情報化、グローバル化予想以上の進化 AI 最適化 第四次産業革命 社会を変える
キャシー・デービットソン マイケル・オズボーン
創造性にとんだ人間の育成

3つの側面
情報手段 わかりやすく深まる授業 校務の情報化

Ⅱ 新指導要領
・情報活用能力 学習の資質・能力
・学校のICT環境整備と活用した学習活動の充実を

Ⅲ 教育の情報化最近のトピック
・年々進展 6.2人に一台 3.6人に一台 1.9人 佐賀県
・ステージ3 授業展開に応じて 必要な時に一人一台可動式PC
・ステージ4 一人一台可動式
・財源保障 1805億円
・電子黒板 大型提示装置 5か年計画 
・教師の活用指導力 H29年度まで 75% 2020年までに100%目指す
・論知的思考力を育むためにプログラミング教育を開始
・プログラミング教育の手引き(第一版) プログラミング教育ポータル 拡充
・デジタル教科書 普及 特別支援視覚支援 学校教育法の改正
・働き方改革 校務の情報化 実証事業


3つの課題
① 環境整備計画できていない自治体は早期策定してもらいたい。
② 3クラスに1クラス分の可動式PC整備。普通教室、無線LAN化。
③ ICT活用指導できる教員 100%を目指す。

おわりに 学校のICT環境整備は自治体の喫緊の課題です!!

<首長サミット シンポジウム> 

ICTを推進する先進自治体首長が 学校へのICT導入・推進について討論
「教育ICT化に向けた環境整備5か年計画」地方財政措置をいかに自治体で実行するか

[パネリスト]

◎北海道清水町 町長 阿部 一男 氏 http://www.town.shimizu.hokkaido.jp/index.html

・中学生230名 タブレット 新年度スタート ステージ4到達 
小学校もまだ1、2 活用しながら子どもたち全員に可動式タブレットを

◎福島県郡山市 市長 品川 萬里 氏 https://www.city.koriyama.fukushima.jp/

・第3ステージから始まらないと 特別支援全員分タブレット 課題:校務を軽減化
紙からネットワークの教育へ 県単位でやるべき 
産業界自分の問題:7年後の採用に向けて学校に何をしてもらいたいか?
各省庁が予算を振り向けてほしい 
2000年当時スーパーハイウェイ大統領が配線をやっていた。
・クラウド考えたら 県単位でやるのが望ましい 大学、高校入試タブレットで
デジタル市役所 デジタル教育大事というコンセンサスないと
5ゼネレーションネットワーク 地方からやったら? 音声グレードアップして

◎千葉県酒々井町 町長 小坂 泰久 氏
https://www.jiji.com/sp/v2?id=20140307top_interview30_04

◎長野県喬木村 村長 市瀬 直史 氏 http://www.vill.takagi.nagano.jp/

・革新的な教育地方創生の柱 小規模と中規模校テレビ会議遠隔合同授業 深い学び 
オーストラリアとの交流 ステージ3達成 限られた財源ふるさと納税活用 人口流入
・ステージ0 内容的なものでアドバイザーが欲しい 
・機器の選定等迷った 県が共同調達 校務支援ソフト

◎富山県南砺市 市長 田中 幹夫 氏
http://www.city.nanto.toyama.jp/cms-sypher/www/index.jsp

・低スペックの安いものならばステージ4へ 人口減少社会~実証事業 
過疎地での実施 評価高い

◎富山県射水市 市長 夏野 元志 氏 http://www.city.imizu.toyama.jp/

・無線LAN一部導入 2か年の間に整備スケジュール マイスター教員 
繋がり悪いと児童の興味をそぐ 

◎大阪府箕面市 市長 倉田 哲郎 氏 https://www.city.minoh.lg.jp/

・H28~ 一人一台体制 成績上がった 全小学校4年以上一人一台 6000台タブレット 
パブリッククラウド利用コストパフォーマンス良い 一人16000円くらい
・調達、共同利用 多くの自治体が共同でやれば 子ども同士も教師同士もクラウドでつながっていける 

◎福岡県行橋市 市長 田中 純 氏 http://www.city.yukuhashi.fukuoka.jp/

・73000人 小11校中7校 実験校一校ずつ 電子黒板・モバイル 今年2年目
全小中学校に整備 予算5憶強 英語と

◎佐賀県多久市 市長 横尾 俊彦 氏 https://www.city.taku.lg.jp/

・論語教育 温故創新 スカイプで市長に提言 マイクロソフト、ソフトバンク協力 
残業減 学び合いで協働学習
・ICT首長アクションプラン 
首長が動く 2019年までに 100%
国と動く 実行マニュアルの作成 勉強会の実施
産学と動く 低価格化かつ一斉普及を促す支援策の要求
規模の小さな町や村でもスムーズな調達が得られる仕組み
セキュリティ性が高く低コストのクラウド・ネットワークの仕組み

・3つのP
プラン パーソナル(人材) パブリッククラウド(コストをかけない)


◎熊本県山江村 村長 内山 慶治 氏 http://www.vill.yamae.lg.jp/

・3600人の村 総務省アワード大賞 平成30年度3000万円 遠隔授業
整備計画策定率2019年度までに100%
・全自治体 整備計画策定率 38.3%
・セカンドステージ 一人2台 余ったのは保育園に 校務支援先だってクラウド

[司会]

◎信州大学 教育学部 教授 東原 義訓 氏
http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/education/
1805億円×5か年 地方財政措置 教育ICT化に向けた環境整備5か年計画
(2018~2022年度)
目標水準
・教室無線LAN タブレット40台は難しいが?
・タブレット 3クラスに一クラス分整備済? 6市町村/10市町村

***********************************
11:40 リード エグジビションジャパン S氏面会
15:00 K氏に展示場(プログラミング関連)案内される
***********************************

◎MS-1 5月16日[水]13:00~14:00 <教育×人工知能>
人工知能で教育はどう変わるのか? ~教育×AIの現状と今後の展望~
国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 教授 山田 誠二 氏
https://www.nii.ac.jp/faculty/digital_content/yamada_seiji/

プロフィール

1989年大阪大学博士課程修了。工学博士。その後、大阪大学講師、東京工業大学を経て、2002年から現職の国立情報学研究所教授、総合研究大学院大学教授。他にも、東京工業大学特定教授。2016年6月より、人工知能学会の会長に就任。専門は、人工知能、HAIヒューマンエージェントインタラクション、IIS知的インタラクティブシステムで、人間とAIの共存・共進化を目指す研究を行っている。

講演内容

近年、各産業からその動向に注目が集まる人工知能。教育分野でもアダプティブラーニングなど、活用事例が生まれている。人工知能の活用により、どのような教育が可能になるのか。人工知能研究の第一人者である同氏が分かり易く解説する。

・現在の第三次AIブーム、世間的には。。 過度な期待 モノのインターネットIOT
・人工知能AIとは何か
(人間並みの)知的な処理をコンピュータ上に実現
・ダートマス会議 1956年~ @USAから約60周年
・強いAI と 弱いAI
単独で人間と同等のAIを目指す
あくまでも人間をサポートする知的システム
・最近は一部に 強いAI
シンギュラリティ:2045年に人間を超えるAIが出現 噴飯もの
1960年代 第一次 ・ダートマス会議 ・パーセプトロン
1980年代 第二次 ・記号処理、論理 ・エキスパートシステム
 企業の派遣 日本が研究をひっぱっていた いふぜんルール 
アダプティブラーニング教育の分野
2010年代 第三次 ・ディープラーニング ・大手IT企業での応用
 データをたくさん送り込む速い処理 機械学習の応用 ビッグデータ 計算式
計算パワー
第三次ブームのAIは何がちがうのか
 ・統計的機械学習 ・ニュートラルネットワークの復権 ディープラーニング
AI実用化ブレークの背景にあるもの
 ビッグデータ 計算機パワー 速くて安価
ニュートラルネットワーク
・人間の脳細胞を単純化したモデル
・シナプス結合の重み付け更新⇒学習
・1950、1980年代に何回かブームに
NNの復権 ディープラーニング
・もttも成功したのが画像分類
 CNN 畳み込みニューラルネットワーク+プーリング層で多層NN
ディープラーニングは万能ではない
・おびただしい数のパラメータ 数億? 黒魔術的チューニング
 ノード数、重み初期値 CNN+PNNのテキトーな組み合わせ
・膨大な訓練データが必要
・理論的な基盤の欠如 統計的機械学習と対照的
・上手くいく/いかないが予測不能
 やってみないとわからない、なぜ成功/失敗したかわからない
 応用分野選定のノウハウが蓄積されない
DLを騙す画像
・学習後のDNNが高確信度で間違う例 人間とDLの認識の違い
亀をライフル ボールをエスプレッソ と認識
得意 不得意な分野
・得意
 静的データ:静止画像、ゲーム、試験問題
 ・数千程度のクラス分類 表面的な類似性で解ける問題
常識とは?
・物理的常識 物理現象 自然現象
・社会的常識 社会通念 モラル
・膨大な量の知識 書きつくせない 機械学習も非現実的
人間の労働を再定義
・AIの社会、ビジネスへの浸透⇒人間とAIの労働 役割分担 労働の境界が明確に
人とAIの現実的で望ましい関係
・参考事例:人間がAIに負けた後に何がおこったか?
・アドバンストチェス
協調する人とAI 
デモ 商品推進エージェントPRVA 若松城
オペレータによる信頼状態偏移
・目標状態 信頼⇒購買意欲
教育へのAI導入 研究の観点
ITS STEM教育 アダプティブラーニング 
ゲーミフィケーション 教師/学生エージェント
ITS 学生モデル推定が課題
 1領域モデル 2学生モデル 3指導モデル 4UIモデル
論理的学生モデルからニューラルネットワーク学生モデルへ
 学習レベル 感情状態、緊張度、生体信号の利用
STEM教育
AIリテラシーの教育、AIエンジニア育成に直結
・まずは、プログラミング教育(AIプログラミング)
アダプティブラーニングの基盤技術
・AI教師が受け入れられるか
ゲームフィケーション いじめ体験
教師エージェント 学生エージェント
少し先に行く学習速度が大切
AIの積極的導入で教育のレベルアップを!

***********************

◎教育ITソリューションEXPO 展示見学

・エプソン(高速カラーインクジェットプリンター) https://www.epson.jp/products/bizprinter/

・バッファロー(校内・防災無線LAN) http://buffalo.jp/products/b-solutions/industry/bunkyo/

http://buffalo.jp/product/wireless-lan/pro-ap/

◎プログラミング関係 

・アーテック(理科 電気実験器具) http://www.artec-kk.co.jp/

・ケニス(理科 電気実験器具 ドローン) https://www.kenis.co.jp/

・ナンバーワンソリューションズ(プログラミング教室) https://no1s.biz/

・ワイズインテグレーション(ソビーゴ:小学校向けプログラミング教材) https://hello-sovigo.com/

・CAST JAPAN inc. 株式会社キャストジャパン(アンプラグドプログラミング ボードゲーム) http://www.cast-japan.com/


2018/05/17(木)晴 第9回教育ITソリューションEXPO 2日目

・株式会社 東京ビッグサイト 〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1 TEL:03-5530-1111(代表)
http://www.bigsight.jp/
・教育ITソリューションEXPO http://www.edix-expo.jp/

***********************************
5月17日[木]
***********************************

◎K-1 5月17日[木]10:00~11:30
<教育ICTの最前線>
ICTを「当たり前に無造作に」
―機器の導入から活用まで、箕面市が実践する教育改革とは?
箕面市長 倉田 哲郎 氏 ◎箕面市HP https://www.city.minoh.lg.jp/

プロフィール

◎1974年6月7日、静岡県清水市(現静岡市)生まれ
◎1997年3月、東京大学法学部卒業後、郵政省入省
  総務省を経て2003年8月から箕面市役所に勤務
  “改革”と“政策”を担当
◎2006年2月、総務省に戻る
◎2008年3月、慣れ親しんだ箕面での地方自治を志し、総務省を退職
◎同年8月、第15代箕面市長に就任(34歳2ヶ月)
  就任時、現職市長としては全国最年少
  2012年、2016年、再選を果たし現在3期目 ◎趣味・特技は、日本泳法(水府流太田派)
◎家族は、箕面で出会った妻と箕面で生まれた3人の息子
◎市長就任後は、その若さを活かし、「まず動くこと、行動すること」を旨に、 スピード感のある行財政運営を心がけ、斬新な施策を次々と打ち出して、箕面のまちの「元気づくり」「魅力アップ」に全力で取り組んでいる

講演内容

箕面市では、小中学校および小中一貫校全20校に電子黒板計554台、タブレットPC計470台を配備。
動画教材、スカイプによる国際交流、データ分析による指導力強化など、ICTを活用した様々な教育改革に取り組んでいる。
ICT機器の導入から、活用まで、主導してきた倉田市長がその取組と成果について、今後の展望を交えて語る。

・箕面市の紹介 大阪のベッドタウン 人口13万人 小14 中6校
 人口増加中108.21% H20を100として 15歳未満 117.47%
 異常値で伸びている 教育分野への投資
・箕面市を支える教育 箕面市が進める教育
当事者意識のある教育委員を公募 子どもの教育から福祉まで一元化
・学校組織 タテの役割分担 ヨコの役割分担
・行政職員を学校に配置し、昭和の事務環境を改善する。
 校務シェアボードを全校に導入 学校事務の効率化

・子どもの状態を定量的に把握し、施策と支援に生かす。
・教員の指導結果
・見守り続け課題を発見し、早期に支援する。
・英語も毎日(15分)小学校一年生から。 英検合格 中三 全国平均4割 箕面市7割

◎ICT。当たり前に、無造作に。
・電子黒板とタブレット学習 大型投影機
・スカイプでリアルタイム国際交流 ニュージーランド 時差が少ない
 学校のロビーでいつでもできる 朝の挨拶 にらめっこ

・タブレット一人一台体制に向けて 高コスパ型実証事業
 HPプロタブレット10EE G1防塵・防滴・耐衝撃
・授業の構成が変わった 紙を配る必要がない 発表できる児童数が増加
 平均一日3.5回タブレット使用 算数・理科の学力伸びた
 6000台導入 児童一人あたり年間16000円
・「整備するけれど、無理して使うな」
・集団の組み替えで過去を正確に追跡 ICT活用
・教員の指導結果を客観的に把握 指導結果を可視化できる 良い方法を共有する
・学級経営力を客観的に把握する 学級崩壊の兆候を早期に把握
・自己肯定感が有意に高い学校が存在する その学校の取り組み広げる
・出身の幼稚園・保育園の紐づけ 
◎貧困の連鎖を断ち切るために
・顕在化している子 顕在化していない子 データを使って
 データベースで抽出
 専任組織が定点観測し、支援施策を担当するセクションへ指示を出す。
全国ICT教育 首長協議会 参加表明自治体118団体

***********************************

☆教育の情報化の動向と今後の展望
文部科学省 生涯学習政策局 情報教育課 課長 梅村 研 氏
https://www.kyobun.co.jp/feature1/pf20170526_01/

・目指すもの 方針 改定 予算
Ⅰ 情報教育 教科指導におけるICT活用 校務の情報化
  指導力 環境 セキュリティ
地方財政措置の拡充 年額1805億円
情報活用能力を含む
政府の成長戦略 教育の情報化KPI
・学習指導要領
 社会変化 第四次産業革命 存在していない職業 仕事の自動化
 予測できない変化を前向きに受け止め
・情報活用能力 言語能力と同様 学習の基盤となる資質・能力 
現在5.9人に一台(29年3月) 佐賀1.9人に一台
・ICT環境整備のステップ 3を全国的に目指す
2017年12月26日 環境整備方針
◎プログラミング教育の充実について
・例示(算数・理科)にかかわらず行う。 手引き9例
・未来の学びコンソーシアム 7月拡充
・デジタル教科書の推進
・著作権法の一部を改正する法案 学校等における著作物の公衆送信の円滑化
・ICT支援員 地方財政措置で賄える 28年度末2500人
◎校務の情報化
・大阪市教育委員会 北海道教育庁 
◎教育情報セキュリティ対策推進チーム
 教育情報セキュリティポリシーガイドライン策定
◎30年度予算 様々
◎まとめ 教育の情報化施策の優先順位を向上 
 1 環境整備計画早期の策定
 2 3クラスに1クラス分のPC 無線LAN設置
 3 校内研修の充実を通じた、授業中にICTを活用して指導することができる
教員100%の実現


***********************************

◎S-2 5月17日[木]13:00~14:00 <アクティブラーニング>
灘校が実践する、個々の能力を引き出す教育-アクティブラーニングってなんだろう?
灘中学校・高等学校 校長 和田 孫博 氏
https://spring-js.com/expert/5377/

プロフィール

昭和27年6月 大阪市に生まれる
昭和40年 大阪市立の小学校から灘中学校に入学 中高6年一貫教育を受ける
昭和46年 灘高等学校卒業
昭和47年 京都大学文学部入学
昭和51年 京都大学文学部文学科(英語英文学専攻)卒業
同年 母校に英語科教諭として就職
英語を教える傍ら中学高校の野球部の監督・部長を務める
平成18年 同校教頭に就任
平成19年 同校校長および学校法人灘育英会理事に就任 現在に至る
平成23年~26年 文部科学省中央教育審議会専門委員
平成25年~現在 兵庫県私立中学校高等学校連合会常任理事
日本私立中学校高等学校連合会評議員
平成29年~ 京都大学学際融合教育研究推進センター特任教授 *『精力善用』・『自他共栄』の校是のもと、「生徒が主役の学校であり続けよう」
 というスローガンを掲げている。*好きな言葉:「和顔愛語」と「啐啄同時」

講演内容

難関大学への高い合格率を誇りながら、生徒の自主性を尊重する自由な校風を推進している灘校。国際化、IT化が進む現代において、日本でも従来の「画一教育」を脱却し、未知の課題を解決できるグローバルな人材を育てる教育が必要である。
灘校が実践する個々の能力を引き出す教育を、アクティブラーニングなどの取組事例を交えて紹介する。

◎灘校 神戸大阪より海岸そば 後ろは六甲山

アクティブラーニング 嘉納治五郎像 講道館の精神
20~30年後の日本は?
少子高齢化 社会構造が変容 競い合い⇒助け合い
内需の縮小 国内市場 海外市場
労働人口減少 外国人・AI・ロボット労働者に依存
世界も 仕事の半分が。。。 人工知能人間を超える
・スマホを道具として使いこなす学校
グローバル力 未知の課題を克服する力
課題にいち早く気づき 好奇心・発想力 
普遍的知識・技術を活用し 初等・中等教育
皆で力を合わせて 協働性
専門細分化された特殊な知識技能は応用力がない
今の子供はITネイティブ
英語4技能だけが必要十分ではない

ドメスティックスタンダード ユニバーサルスタンダード 地理的にも時空的にも
異文化コミュニケーション力 多様な人と協働して課題解決に努力
アクティブラーニング 主体的・対話的で深い学び 生徒がパッシブ 意味がない
予習・調べ学習中心 生徒同士の対話 教員と生徒の対話 
学びの深化のための

◎寄席芸人気質の教員集団 誕生まで
 創設の顧問 嘉納治五郎は真のグローバリスト アジア初国際オリンピック連盟委員
 1940年東京招致 最終プレゼンを英語で
 文武不岐ふき 文径武緯 
精力善用 自分の力を最大限利用する 自己肯定感 
自他共栄 周りのおかげ 他者の個性を尊重し、自分の個性をおしつけない 相助相栄
初代 眞田 校長 リベラルとバンカラ プール 戦時中英語やめず 校舎黒塗り✖
二代目校長 清水 
学制改革 中高一貫 担任団持ち上がり制 公立旧制中学からの編入
教員の自由を尊重 教材や教授法も一切自由 出勤簿を廃止 校内模試廃止
生徒たちにも自由と自主を
・伝説の国語教師 橋本武 
銀の匙(岩波文庫) を3年かけて 言葉から文化・生活までを徹底的に調べ学習
学ぶ 「ぶ」で終わる動詞 銀の匙研究ノートで予習を促す(本当のアクティブラーニング)
いろは歌留多も3種類 
夢十夜 夏目漱石 どれか一夜について発表 発表者以外は授業評価
図書室もグループ学習の場
キャリア教育の必要性
職業教育・進路指導ではない 社会の一員として市民性を身につける

◎総合的学習 土曜講座 
OB外部講師 左官 盆栽 解剖 オリガミクス AI系 体験学習
他者と共鳴する心を大切に
異文化理解・国際交流
・充実したネイティブの授業 ・英国異文化研修 ・10か国シンポジウム
井の中の蛙で終わらない 養護学校交流 障碍者を講師 東北企画
灘・ウィンチェスターシンポジウム + 京都のエクスカーション

◎こんな学校でもICT機器は活用
・時間割変更板 黒板をカメラに写して
高2 英語 移動式プロジェクタ
教務・校務の省力化
・図書かしだしカード ・出席簿管理システムを開発中
・時間割変更を半自動化 ・調査書&指導要録の出力
高大接続ポータルサイト

***********************************
◎教育ITソリューションEXPO 展示見学

・LINES(eライブラリ 学習ソフト) http://www.education.jp/

・Microsoft(surface Microsoft365 Education) https://www.microsoft.com/ja-jp/education

https://www.microsoft.com/ja-jp/business/education/m365e

https://products.office.com/ja-jp/student/office-in-education

・スカイ(スカイメニュー) https://www.skymenu.net/

・システムディ(校務支援サービスSchool Engine) https://www.systemd.co.jp/solution/solution-2/school-egine/

***********************************


2018/05/17(木)晴 第9回教育ITソリューションEXPO 3日目

・株式会社 東京ビッグサイト 〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1 TEL:03-5530-1111(代表)
http://www.bigsight.jp/
・教育ITソリューションEXPO http://www.edix-expo.jp/

***********************************
5月18日[金]
***********************************

M-3 5月18日[金]10:00~11:00 <AIロボット>
英語4技能を楽しく習得!同志社中学校に学ぶ「先端テクノロジー×英語教育」
同志社中学校・高等学校 英語科教諭/EdTech Promotions Manager
反田 任 氏 https://ict-enews.net/2015/09/30iteachers-tv/
youtube https://www.youtube.com/watch?v=9dPFBI8aoRA

講演内容

AIロボットを活用した英語授業を実践している同志社中学校では、生徒たちがロボットとの会話を楽しみながら英語を学んでいる。
単に会話を楽しむだけでなく、AIによる発音や文法チェックにより、バランスよく「4技能(聞く・読む・話す・書く)」を習得することが可能である。クリエイティブな授業を探求している反田氏が、同校での取組事例を交えて、先端テクノロジー×英語教育の可能性を語る。

プロフィール

同志社中学校・高等学校 中学校英語科教諭
校内ではEdTech Promotions Manager(ICT教育推進担当)として2014年度から一人一台のiPad導入を推進し、iPad専用Wi-Fiネットワークや学習ポータルサイトの構築・運用なども担当している。最近ではAI英語学習ロボットMusioやオンライン英会話を授業に導入し、アウトプットを重視した英語4技能統合型の授業を実践している。
2015年度から2016年度の2年間にわたり文部科学省 「ICTを活用した教育推進自治体応援事業」企画・評価会議委員を務め、複数の自治体でICTを活用した授業デザインなどにかかわった。
Apple Distinguished Educator 2015, Intel Teach Master Teacher, Microsoft Innovative Educator Expert 2017-2018。 iTeachers(教育ICTを通じて「新しい学び」を提案する教育者チーム)のメンバーの一人。NPO法人 iTeachers Academy 理事

◎英語教育の現状・問題
・英語力TOEFL平均スコア 2013
1位シンガポール 14位台湾 20位中国 26位日本
・生徒全体の英語力の傾向・4技能すべてにおいて課題がある。
書くことの得点者はA1レベル上位以上の割合が43.2%と高いが、一方で、無回答が12.6%となるなど全体にバラツキ 文科省 h27中学生英語力調査より
・英語嫌い43% ・授業でスピーチを行っている教員53%
・話すことのテストスコアが高いほど英語好きである 生徒の割合が高い

◎今、英語教育に求められているもの
 4技能統合型の授業 
OUTPUTを重視した授業(スピーチ プレゼンテーション フリーライティング)
アクティブラーニング型授業デザイン
ICT(Technology)の活用⇒英語運用能力の向上
4技能のバランス良い習得のためにICT利用
Listening Speaking Writing Reading

◎AIを活用した英語学習が現実に 
AI英語学習ロボット Musio
AKA(アメリカ)が開発 人工知能Museエンジン 自ら考えて会話ができる
会話内容を覚えていくソーシャルロボット
チャットモード:ネイティブ英語 自然な英会話
チューターモード:専用教材 レベル目的に合わせた英語学習
・話者の音声を認識し、評価する
・話者の質問を認識し、会話する

〇活用した授業の効果
・生徒の英語授業へのモチベーション向上
・ロボット相手なので恥ずかしくない
・正しく発音しないと認識されない
・何度トライしても返答がある
・英語の発話に自信を持てる


◎教師像・生徒像2020
英語 教師の役割が変わる
Teachers  Teach Less  Students  Learn More
ACTIVE Learner 学び続ける生徒を育てる
EdTech 教師はTechnologyを教育に(学習・授業に)活用する視点を

***********************************

◎S-6 5月18日[金]13:00~14:00 <新学習指導要領とICT整備>
新学習指導要領に向けてどう動く?教育情報化の最新動向と実践への期待
東北大学大学院 情報科学研究科 メディア情報学講座 教授 堀田 龍也 氏 http://horilab.jp/

プロフィール

1964年熊本県天草生まれ。東京学芸大学教育学部卒。東京工業大学大学院社会理工学研究科修了、博士(工学)。
東京都公立小学校教諭、富山大学教育学部助教授、静岡大学情報学部助教授、メディア教育開発センター准教授、玉川大学教職大学院教授、文部科学省参与等を経て現職。
研究分野は教育工学。主に情報教育・メディア教育。
文部科学大臣表彰(情報化促進部門・個人)、教育再生実行会議第1分科会有識者、中央教育審議会情報ワーキンググループ主査、文部科学省「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議座長、学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議座長等、多数歴任。

講演内容

新学習指導要領は、2020年度からの全面実施に向けて、2018年度より先行実施が始まる。
今、学校や教育委員会は、何をすべきなのか。この実施に向けて必要不可欠となるICT環境整備を中心に、情報活用能力育成や、プログラミング教育などおさえておきたいポイントを解説する。

◎今日のお話
1 学校現場での実践から
・大きく映して教える:情報伝達が効率的に進む 言語が十分でない子どもに
どのタイミングで何を写すか どのような発問をするか
体験は大切にする やり方を見せる 
ICTによる提示と黒板の張り紙(一過性と残るもの)
教室に常設(日常的な活用)
・ICT活用頻度×学力調査 ほぼ毎日使ってる学級が高い
 実物投影機+教科書+書き込み 教科書を写すことが一番多い ノート ワークシート
・指導者用デジタル教科書 教科書会社によって違う 実物投影機に回帰する
 問いと答えと接続詞 色分け
提示装置 2005年までに達成できなかった 韓国、イギリス 配置済
・計画的な整備、教育委員会の重要な使命
・実験の様子を記録する
教科書以外の資料 教材が豊かになる 資料を拡大する
自然体験の記録 友達に説明する 児童の描いた絵を写真に 未来の車
プレゼンの仕方 共同で活動 プレゼンする タブレットは資料の一つ
紙がよければ紙で 選択支の広がり タブレットで練習する 
読解力と知識は必要(学校の役割) ドリルのように使ってる
何度も音読すること 日頃の態度 子どもたちに自立した力をつける
姿勢とその自覚 子どもは疲れを自覚する 学校保健研究部との連携:渋谷

2 新学習指導要領の求めること
・中央教育審議会での審議
 大学入試の改革 初等・中等教育の見直し 
・日本の総人口の長期的トレンド
 2004年12月ピーク:1憶2000万 2050年:9500万人
・第四次産業革命の概要
 もうはじまっている 自律化、相互協調
 その時代に必要な力をつけたい
・資質・能力の三つの柱
① 知識・技能の習得  
② 思考力・判断力・表現力の育成 
③ 学びに向かう力・人間性の涵養
 グラフを読み取る 基礎的な判断は自分の力
・学習の基盤となる資質・能力
 情報活用能力(情報モラルを含む)指導要領より
・情報活用能力調査 文科省
 調査問題の例:小学校 キーボードを用いて回答する
小学5:5.9文字/分 中2:17.4/分

・算数・数学 Dデータの活用
・プログラミングを体験しながら
・少子高齢化 少ない人数でいかに問題に対応するのか
・自動車 自動運転 こういう仕組みだから任せられるという人材
・人感センサー エアコン働いている人には冷たくふく
 高校・中学プログラミング入っている 小学校でも
プログラミングを体験した上で大学へ入ってくるという前提
大学新テストにプログラミング検討 IT人材育成 未来投資会議 日本経済新聞
学校がのんびりしている 大学入試科目に情報

 3 これからの課題
・ICT環境の整備 
 必要な環境を整え:指導要領 法令であるからには教育委員会の責任
教育用コンピュータ一人一台 東京都内だけでもかなりの差
学校のICT環境整備を加速 文科省が5カ年計画 日本経済新聞
優先的に整備するもの 2017 地方交付税 1805憶円
・整備指針の策定へ
 学習者用コンピュータ 3クラスに1クラス分
 ICT整備に予算を使っているかの調査
・教員のICT活用指導力
 全体的に伸びている 教科の学びをより深く Cの力を伸ばす
 活用を始める 家庭科料理 琴(後でリフレクション)
 読解力を育てる 資料を読解する プログラミングもやってみる
・校務システムによる業務改善
 働き方改革のための情報化を

***********************************

MS-3 5月18日[金]15:00~16:30 <プログラミング教育実践例>
AI・IoT時代に向けた、これからのプログラミング授業
~大胆に、自由に、思いきり!実践しよう~
小金井市立前原小学校 校長 松田 孝 氏 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1609/15/news020.html

プロフィール

東京学芸大学教育学部卒、上越教育大学大学院修士課程修了、東京都公立小学校教諭、指導主事、調布市立公立小学校長、主任指導主事(狛江市教育委員会指導室長)、多摩市立公立小学校長を経て、2016年4月から小金井市立前原小学校長。100年以上変わらない公立小学校の在り方に危機感を抱き、情報端末等マルチデバイスなどの活用を活かした、初等公教育のリデザインを実践する。
前原小は2017年度、総務省「IoTセキュリティ基盤を活用した安心安全な社会の実現に向けた実証実験」、「技術試験事務における5G実証試験プロジェクト」、「「次世代学校ICT環境」の整備に向けた実証」事業協力校。

講演内容

AI・IoT時代を生き抜く子どもたちには、おもいきりプログラミングで遊ぶ、表現することが重要である。教員が出来ないからといって、つまらないプログラミング授業をするのはやめよう!
前原小が実践するプログラミング授業の全体像を解説するとともに、とっておきのプログラミング授業3例を紹介する。

① Suduinoでフィジカルコンピーティング
② IchigoJam で BASIC
③ ロボホンで機械学習!?
◎今、小学校のプログラミング授業が
ヤバいをヤバいへ 
文化庁 世論調査h26 35歳以上は「ヤバい」は肯定的に使用
対義語 具体 抽象 善 悪
Chaos 先行的な試行 ヤバい80% ヤバい20%
コンピテンシーベースの学び 活用&探求
コンテンツベースの学び 習得 昭和の指導法分類:A&B
ハッピー アメイジング インクレディブル 
プログラミング STEAMS Computational Thinking
プログラミング、って 思いをダイナミックに表現する新しいメディア
VIVA!! シングルボードコンピュータ CSへの第一歩
プロセッサ コンピュータが内蔵
Studuino 各種センサー アクチュエーター センサーで出力を制御
Iotセンスを磨く
産学連携協働研究事業 学芸大学加藤研究室:基礎研究
6年生理科 ①人の体とはたらき  ②電気の性質とその利用  ③てこの働き
・各種センサーを活用した授業 自動ドア プロットタイプ作成
 アーテック 自動ドアのモデル

◎IchigojamでBASIC 総合的な学習で35時間プログラミング
・Cutlery Card 日鉄日立システムエンジニアリング
1年生 図工:イルミネーション ガムテープ⇒4連LED前原1号
2年生 算数:タミヤ 何秒待つ 数の合成分解 掛け算 はしたの数=少数
アルゴリズムえほん 低学年プログラミングの可能性
それだけじゃない カードひっくり返せばbasic
イチゴジャム キット 7000円
カトラリーアップス イチゴジャムbasic プチコンへ 全部Ichigojam
ナチュラルスタイル会社
マイクロビット 乱数使ってLOVEメーター リストバンド
変数を学ばないプログラミングなんて。。。
6校時 micro:bit

◎ロボフォン 
時代認識AI共生、Iotど真ん中 17学級AIスピーカー 5学級ロボフォン
ロボットAI って、なに?
理解機能を知る 交流 共生
対談ws 高橋
パーセプトロンモデル スクラッチで実装 基本の仕組み 共生

理想の上司は?
・生保アンケート 男性1位 うっちゃん  女性1位 水卜アナ
何故選ばれるのか? 項目をドット化
ロボフォンは理想の上司を答えられるか?
考え方をプログラミングすればできる 4つの点の評価を分ければ 全部で16通り
パーセプトロンモデル コンピュータで空間を分けられる
10000回学習 入力:やさしさ 仕事 出力:理想
ウェイト バイアス 分割の問題 n次元の空間はN-1次元
学習の振り返り わかんない 変容のメタ認知
全部ロボフォンなしでできる
AIの象徴=身体性
ヤバいをヤバい
21世紀を拓く 新しい学びの象徴 
◎先生も一緒に、もコンピテンシーベースの学びを楽しもう
2/23公開授業

***********************************

☆これから始める学校のための 無理なくできるプログラミング教育の取り入れ方
(株)情報通信総合研究所 特別研究員 平井 聡一郎 https://ict-enews.net/2017/10/25iteachers-tv-3/

プロフィール

株式会社情報通信総合研究所ICT創造研究部特別研究員、文科省、総務省のICT教育関係委員歴任 小学校、中学校での教諭、指導主事、教頭、校長を経験後、平成25年度より古河市教育委員会で3年間に渡り指導課長を勤め、全国初のセルラーモデルiPad導入、クラウド活用、エバンジェリスト制度というリーダー教員育成システムなど、先導的な教育ICT環境を構築した。また、小学校におけるプログラミングによる教科指導の試行にもいち早く取り組んできた。昨年度、2020年の新学習指導要領完全実施に向けた、ICT活用による授業改革を推進するために公務員を早期退職し現職に就く。現在、全国で講演、ワークショップ、機器導入の支援、模範授業、模擬授業などに取り組んでいる。

講演内容

2020年の必修化まであと2年。プログラミング教育の完全実施に向けて、学校はこの2年間で何をやればいいのか?「まだ何もやっていない」学校でも大丈夫。普通の学校でも無理なく始められる、段階的かつ系統的にプログラミングを授業に組み込む手だてを紹介する。

◎完全実施まであと22カ月!
・環境整備について 3.6人に一台 41台以上を導入する 407自治体
・全ての教科で情報活用能力の育成
・ものがなければ知恵を出せ!
・34カ月を3ステップで
・小学校プログラミングが見えてきた ポータルサイト

・小学校プログラミング教育の手引き 第一版 次が出る

A 指導要領に載っている  
B 表示されてなくても  
C 各学校の裁量
 教科のねらいを達成するためのプログラミング体験 
 プログラミングで学ぶ 小学校6年間で積み重ねる
D クラブ活動  
E 学校開放教育課程以外  
F 学校外のプログラミング


・クラブ活動ってけっこう重要!
 ロボット体験
※ICT環境が全国で違いすぎる
シンクビッグ スタートスモール
1 先生がプログラミングをイメージ
2 プログラミングを授業に落とし込む
3 プログラミングをまず授業でやってみる
①  アンプラグド  ② ビジュアル  ③ フィジカル
ワーク① ハンカチをたたんでポケットに入れる
ワーク② リズムで遊ぼう 手引きB① 
・掃除の手順 具体的指示 A班が作ったものをB班が青で直す C班が赤で直す

どろけいの分析(西日本 けいどろ)  
① 行動を分解 ②パターンを見つける ③大事なことに絞り込む ④手順で並べる
授業に落とし込み
どこで使えるか?
・料理のレシピ ・お母さんの仕事 ・理科の実験の手順 ・算数の計算
見通しがもてる 本質的な理解 発達障害の児童への配慮 「ちゃんとやれ✖」
(UD)ユニバーサルデザイン
アンプラグドが授業を変える!
ツール選択のポイント
汎用性・系統性・発展性 ブラウザベース 先行事例(参考図書)
スクラッチジュニア iPad
ビスケット キャラ自分で作る 特別支援学級
基本は動く絵本 起承転結 
・物語を作る国語 作品を載せる図工 合科カリキュラムマネジメント
マイクロビット 中学校

2018 先生が触ってみる 遊んでみる リーダーがビジュアルで授業をやってみる
2019 フィジカルをやってみる
2020 ? 
つべこべ言わずやってみろ
 つべこべ言わずとっととやれ!文科省

***********************************

◎教育ITソリューションEXPO 展示見学

・富士ソフト(みらいスクールステーション) http://www.mirai-school.jp/

・ベネッセ (Classi eポートフォリオ) https://classi.jp/

http://between.shinken-ad.co.jp/hu/2017/08/e-portfolio.html

・NHKエデュケーショナル (大阪大学の実践 Why!?プログラミングDVD 教員向けプログラミング研修)

http://www.nhk-ed.co.jp/


2018/05/21(月)晴
・朝清掃
・出張 資料まとめ
・home page 仲間づくりダウンロードアップ
・Why!? プログラミング 北極の子ぐまを救え
◎【2018年】プログラミング教材11選
https://matome.naver.jp/odai/2148575061271493101
・出張報告まとめ

2018/05/22(火)晴
・出張報告手直し・印刷・提出
・道徳評価について
◎LTEとは?基礎知識とLTE対応のおすすめ格安スマホ
https://simchange.jp/kakuyasu-lte/
・プログラミング授業準備
・E校 プログラミング体験授業⑤
◎「北極の子ぐまを救え」【技術】対応
http://www.nhk.or.jp/sougou/programming/?das_id=D0005180305_00000
教材
http://www.nhk.or.jp/sougou/programming/shiryou/2016_004_01_shiryou.html
・L社 Y氏来所

2018/05/23(水)雨
・資料整理
・日誌記入
・HP更新
・所内会 カレーパーティー等
・SJK J社来所 デモ
・災害等についての対応策等

2018/05/24(木)晴
・朝清掃
・HP更新 視察研修まとめ
・ブルーツース研究
・ラインズeライブラリ 
・第二小学校 安心安全メール
・定例教育委員会
・LANケーブル等整理
・ケーブル端子付け替え

2018/05/25(金)晴
・情報収集
◎教育新聞:教育ITソリューションEXPO、学校施設・サービス展を中心に【ICT・学校施設特集】
https://www.kyobun.co.jp/feature/pf20180514/

◎NHK NEWS WEB:読み書きそろばん、プログラミング!?
https://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2018_0522.html
・高知県教育研究所春季連絡協議会(教育センター分館)
講演 演習


2018/05/28(月)曇一時雨 梅雨入り
・朝清掃
・プログラミング実習(目覚まし時計)
・プログラミング実習(ピンポンゲーム)

2018/05/29(火)曇一時雨
・資料読み込み
・プログラミング教育について
 ◎スクラッチに関して

子ども向けプログラミング言語のスクラッチとは?わかりやすく解説をしてみた
https://blog.codecamp.jp/what-is-scratch

Scratchをダウンロードする方法を画像つきで詳しく解説!
https://blog.codecamp.jp/scratch-download

子供向けプログラミング言語【Scratch】で作られたゲーム10選
https://blog.codecamp.jp/scratch-games

スクラッチ2.0のインストール方法
http://papagram.com/install-scratch2

Scratch(Windows版およびMac版)のダウンロードとインストール方法
https://scratch-howto.com/start/download.php

#01 Scratchを使ってみよう
https://dotinstall.com/lessons/basic_scratch_v3/36601

・プログラミング体験授業⑥
「リンゴ犬マックスを応援しろ」
http://www.nhk.or.jp/sougou/programming/?das_id=D0005180306_00000


2018/05/30(水)曇
・情報教育プロジェクト資料準備 打ち直し 印刷
・土佐市保護区保護司会会長 Y氏より講演依頼
・教育政策課 M指導主事より 学校における教育の情報化の実態に関する調査
問い合わせ A校の回線スピード 
他校は3:30Mbps以上~100Mbps未満なのに対して 4:100Mbps以上であった件 おそらく打ち間違い
・A校 委員会 県教育政策課に電話
・情報教育プロジェクト資料準備

2018/05/31(木)曇
・情報教育プロジェクト資料準備 打ち直し 印刷
・第一回情報教育プロジェクト

 Ⅰ部 情報モラル講演
「子どもたちを取り巻く状況と情報モラル教育」15時15分~16時00分

講師 広島県教科用図書販売(株)ITソリューション事業部課長
教育情報化コーディネーター 清水氏

Ⅱ部 土佐市情報教育プロジェクト推進委員会 組織会(3階パソコン室)16時10分~

 1 開会の挨拶 土佐市教育研究所 所長

 2 会長から 高知大学教育学部地学研究室 理学博士 教授

 3 自己紹介(プロジェクトメンバー)

 4 土佐市情報教育プロジェクト推進委員会について
・目的 ・活動内容 ・研究テーマ ・研究内容 ・年間計画
・夏のコンピュータ学習会 ・提出物

 5 年間計画・活動についての話し合い(グループ別協議)
 ・研究授業者決定(2学期実施予定)
・夏期休業中(第二回8/7)に情報モラル教育実践報告会(授業者以外)

Ⅲ部 
 1 情報提供:教材紹介等
   ・赤松高知大学教授より デジタル4次元地球儀ソフト「ダジック・アース」
   ・研究所ホームページ「情報教育の部屋」
   ・情報教育年間計画
   ・eライブラリアドバンス デモサイト利用について
   ・書籍、資料等の紹介

 2 事務連絡
   ・夏のコンピュータ学習会について(アンケート実施)

 3 閉会の挨拶 土佐市教育研究所 所長
開会のあいさつ
情報モラル講演

「子どもたちを取り巻く状況と情報モラル教育」
高知大学教授より

デジタル4次元地球儀ソフト「ダジック・アース」
の紹介
デジタル4次元地球儀ソフト「ダジック・アース」

くす玉の半分の発泡スチロールに投影しています。
三脚の上にプロジェクターを置いて

正面から投影しています。

次の月へ   情報教育の部屋へ  研究所トップページへ