校内ネットワーク不具合について

◎校内ネットワークの不具合についての問い合わせが多いので、こちらのページにまとめてみました。

◎ネットワークが繋がらない場合、ほとんどの場合以下の原因が考えられます。

①LANケーブルが抜けている。端子の接触が悪い。内部で断線している。

  →ケーブル交換、端子の交換

②ハブの電源が入っていない。ハブの故障。

  →ハブの電源を入れる。ハブ交換

③設定の変更 IPアドレスの競合等

  →設定変更

④サーバーがダウンorフリーズしている。

  →サーバーの電源を入れるor再起動


①ケーブル不具合の場合

長年PCへLANケーブルを差し込み

屈曲した状態で使用していると写真のように引っ張られて、

接触不良となります。(写真右側)

このような場合は端子を切り取り、

新しい端子に付け替える必要があります。
RJ-45コネクタ(透明の端子)と

LANケーブルをほぐしたところです。

圧着には専用の圧着工具(かしめ工具)が必要となります。
両端のケーブルの色合いの順番通りに並べないと

ネットワークは繋がらないので、

間違えないようにしてください。
どのハブとPCが繋がっているのか?

ケーブルの長さはどのくらいあるのか?

が分かるように両端にケーブルの色

だいたいの長さ(cm)を貼っておくと便利です。


②ハブ不具合の場合
職員室のLAN配線は長年使っているうちに

様々なものが劣化していきます。
繋がっている端子はアクセスランプが

点滅していますので、

確認することができます。

左写真の場合、一番本線緑ケーブルと

七番支線青ケーブルが繋がっています。

ケーブルのない端子のみのその他は

ランプが消えています。


③設定の変更 IPアドレスの競合等

▼元の症状
「このワークステーションとプライマリ ドメインとの信頼関係に失敗しました。」が出る。

参考ホームページ
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2771040/-the-trust-relationship-between-this-workstation-and-the-primary-domai

▼IPアドレスの競合 
アドレス一覧表を作り、競合しないように再設定する。



④サーバーがダウン・フリーズ
・サーバーの電源を入れる。
・まれにサーバーそのものがフリーズしている場合がある。サーバーモニター画面に何も映らない時はその可能性大。
・無停電電源装置があるが、バッテリーそのものが劣化している場合もある。装置やバッテリーの交換。



情報教育部屋へもどる  研究所トップページへもどる