本文へスキップ

元気ハツラツ!! Tosaminami Junior High School




学校経営と概要MANAGEMENT POLICY & SYNOPSIS OF THIS SCHOOL

学校経営方針 等 (2017年度)

1.学校経営理念(ビジョン)
   生徒一人ひとりに、自己実現のために必要な力を身に付ける
    将来に夢や希望を持ち、自己実現をめざす力を備えた生徒を育成するために、基礎基本を徹底し、学力を定着さ
   せる。同時に生徒理解を基盤とする生徒指導体制を確立し、自他を尊重する生徒を育てる。また、家庭・地域や他
   校種との連携を進め、保護者・地域の要望と信頼に応えることのできる開かれた学校づくりを行う。

2.学校経営目標
  @ 学校の教育目標・経営目標を徹底させ、教職員個々の特性を生かした組織的な学校運営を進める。
  A 教職員一人一人の職能の向上を図り、教育内容の改善により学校教育を充実させる。
  B 家庭・地域・他校種などとの連携を図り、信頼され開かれた学校づくりを推進する。

3.学校教育目標
    知・徳・体の調和のとれた生徒の育成

4.めざす生徒像
   [知]自ら学び、自ら考え、自ら進路をきり拓く生徒
   [徳]正しい判断ができ、思いやりのある優しい生徒
   [体]進んで心身を鍛え、粘り強く最後まで取り組む生徒

5.めざす学校像
    生徒が自らの目標に向けていきいきと活動し、「明日も行きたい」と思う学校

6.めざす教師像
   ○ 生徒一人ひとりの自己実現のために、生徒と時と思いを共有し、適切な指導や支援ができる教師
   ○ 組織人としての自覚を持ち、学校の教育力向上に向け、自己研鑽を重ねる教師
   ○ 生徒や保護者、地域に信頼される教師

7. 研究主題
     一人ひとりを大切にしたわかる授業の創造 〜自分で考え、適切に行動する生徒の育成〜

本年度の主たる役割

役 職 名 前
学 校 長 二宮 弘
教  頭 野口 誠司
教務主任 伊藤 照美
研究主任 新田 修久
人権教育主任 竹村 晴美
保健主事 山本 彩乃
生徒指導主事 小松 君代
進路指導主事 玉野井 英二

※ 「土佐市立小学校及び中学校の管理運営に関する規則」の第11条および第13条に明記され、且つそれに則って
  本校に配置している役職のみ掲載しています。

土佐市立土佐南中学校の概要

 本校区は、四国三大河川の一つである仁淀川の河口と黒潮踊る太平洋に面した土佐市新居地区と宇佐地区の二地区からなっている。気候は温暖で豊かな自然に恵まれた地域にあり、その上、歴史も古く、漁業、海運、農業の中心的地域として古くより郷土史に記されている。
 新居地区では、仁淀川河口の肥沃な土地を利用してハウス園芸が盛んに行なわれており、その品質の良さについては県内外に定評がある。一方、宇佐地区は、その漁労技術の高さは広く全国に知られており、昭和20〜30年代にかけては、本校卒業生の大半が漁業従事者となっていたため、授業の一環で校庭での鰹の一本釣り模擬練習が行なわれていた歴史もあり、それが本校実習船「潮風丸」を使った独自の教育課程「水産授業(3年)」に発展してきた。しかし、近年では農業・漁業を中心としてきた地区民の生活も、市街地への就職者が増加し、兼業農家の増加や漁業から海運業等への転職など、徐々に都市近郊型生活に変化してきていることもあり、水産授業は現在では行っていない。
 このような状況の中で、1年次には高齢者福祉施設の訪問、2・3年次には地域における職場体験学習を、さらに生徒会活動の一環として、地域のボランティア清掃を実施するなど、より多くの地域の人々とのふれあいを通して地域を知るための学習を行っている。また、先の2011(平成23)年3月11日に発生した東日本大震災も含めた過去の地震・津波災害を教訓とし、遠くない時期に発生することが想定されている南海大地震等に対する防災や減災教育を推進しているところである。
 本校の生徒の多くは素朴で明るく、活発にのびのびと学校生活を送っている。本校の教育目標である「知・徳・体の調和のとれた生徒の育成」の具現化を目指すことで、家庭や地域と一体となった教育環境の醸成に取り組んでいる。[平成25年度土佐市教育委員会指定研究発表会「研究集録」より転載]


土佐市立土佐南中学校

〒781-1161
高知県土佐市宇佐町宇佐2701番地

TEL 088-856-0107
FAX 088-850-3412
ご意見・お問い合わせは 
※ 「特定電子メールの送信の適正化等
  に関する法律」により、上記メール
  アドレスへの広告宣伝メールの送信
  を拒否します。