本文へスキップ

夢を描き 自分を見つめ 道を拓く       スマートフォンサイト

とさやま「志」メソッド

土佐山学舎では,可能な限りカリキュラムを柔軟化し,9年間を見通した教育に取り組む学校です。 まず,義務教育9年間を,前期4年,中期3年,後期2年にそれぞれ区分し,これを「ブロック」と称しています。



それぞれのブロックには到達目標を設定し,発達年齢に応じた小さなステップを少しずつ積み上げていきます。

小・中それぞれの教員が ,自分の免許校種の枠を超えて学習指導を行い,9年間の滑らかな接続と学びの継続性,内容の専門性を高めることで,確かな学力の定着をめざします。 さらに,施設一体型小中一貫教育校の利点を生かして,異学年交流の機会を多く設定したり,学習の場を地域に求め,体験的な活動による「かかわり」や「ふれあい」の場面を設定したりすることで,コミュニケーション能力を培い,より高い目標に向かって挑戦する意欲を高めます。

義務教育9年間の新たな枠組みのもと,土佐山の恵まれた教育環境を強みに,豊かな感性と高い志を育てる土佐山学舎独自の教育手法を,私たちは,

「とさやま『志』メソッド」

と呼称し,研究と実践に取り組んでいきます。


 小中乗り入れ授業


小学校の授業を中学校の教員が指導したり,中学校の授業を小学校の先生が支援したりするなど,小,中学校の枠にとらわれない指導体制をとっています。
学習面だけでなく,生活面もすべての教職員がサポートにあたります。




 たてわり活動

学年の枠にとらわれない活動の場があることは,学校生活において,年齢とともに変化する自らの役割への気付きにつながります。
リーダーを中心とした自治の力をつけるためにも,たてわり活動を大切にします。




 やさしさ・あこがれ

他者に対する「やさしさ」や「あこがれ」は,人とつながり,自分を高めるために大切な要素です。幅広い年齢層からなる学校生活が,下級生に対する慈愛の念,上級生に対する憧憬の念を高めます。




 伝える力・表現する力


自分のよさに気付き,他者のよさを認める…。それが人間関係づくりの第一歩です。
相互理解を深めるとともに,達成感や自信を次の学習につなげるために,表現活動を重視します。

バナースペース

土佐山学舎

〒781-3221
高知市土佐山桑尾13

TEL 088-895-2003
FAX 088-895-2004