住 所 〒781-0262 高知市浦戸410-1
                 ℡088-842-239 Fax 088‐842‐2354
学校長 藤田 由紀子
児童数・学級数H30年9月1日現在)
                                       
学年 1年 2年 3年 4年 5年 6年 合計
 児童数 6 5 4 5 5 29
 学級数  1  1  2


教育目標
       
    自分の将来を見つめ自ら切り開く子どもの育成

         将来を見つめる力
         故郷を誇りにし、自らの世界を広げ、他者と協働できる力
         将来の目標に向かって自ら歩む力


学校の概要

 本校は,明治7年に桂浜旧津税関舎を校舎として創立され,今年で145年目を迎える学校です。
浦戸地区は,紀貫之の「土佐日記」にもその名が記されており,長宗我部元親が居城とした浦戸城址や高知を代表する偉人坂本龍馬の像がある歴史と伝統のまちです。また,全国にも知られた景勝地,桂浜もあります。
 浦戸といえば海のまちといった印象がありますが,地域の中心には,東西に背骨のように山々が連なっています。学校の北側には,標高約53mの小高い山(浦戸城址)があり,海山ともにそろった豊かな自然のあるまちです。また,「坂本龍馬記念館」や「桂浜水族館」も校区にあり,それぞれの施設と連携した教育活動も展開しています。
 本校校区の地域の方は,学校教育に大変関心が高く,また,惜しみない協力をしてくださいます。学校を支援してくださる多くの地域の方々と,豊かな自然に包まれて,本校の子どもたちは,それぞれの良さを伸ばしながら,のびのびと学校生活を送っています。

 本校は高知市の特認校です。高知市内からは校区を越えて通学することができます。約半数の児童が校区外から通学しています。

教育活動の特色
1.Jump up time(ジャンプ・アップ・タイム)
  4~6年生は,月・火・木・金曜日の週4日の放課後30分間,「算数の補習指導」の時間を設けています。全教員,学習支援員,地域ボランティアの方々が指導にあたり,1対1に近い形で指導を行っています。原則児童全員が参加し,学力向上に取り組んでいます。

2.浦戸小スタンダード(授業方法)

 児童が主役となる「授業形態の統一」を全校で行っています。どの教科も交代で児童が学習リーダーとなり,司会進行をして授業を進めていきます。教員は従来のただ教えるだけの人ではなく,児童が主体的に学べるように授業の準備し,見守り,時には修正していくコーディネーターとして全ての児童と関わります。児童が「自分で学ぶ・自分たちで学ぶ」授業作りを実践しています。

3.NIE(エヌ・アイ・イ―)教育

 本校は平成30年度より「NIE教育推進校」の指定を受けています。総合的な学習や国語科を中心に,新聞を学習教材として取り入れています。全国の学習状況調査では,「新聞を読む子どもと,学力の高さ」の相関関係が示されています。
                                 
4.地域や他の教育機関と学ぶ
(1)プログラミング教育(高知高専)
 新学習指導要領に示されているプルぐらミング教育に取り組んでいます。本年度は土曜日を中心に年間3回,高知高専の先生と生徒さんに来ていただき,プログラミングソフトを使った体験学習を行っています。

(2)桂浜水族館・龍馬記念館
 桂浜水族館には,遠足での見学や総合的な学習等での海洋生物や環境問題などの学習を行っています。また,龍馬記念館には6年生の歴史学習,5・6年生の総合的な学習でお世話になっています。

(3)地域の行事への参加
 竜宮祭(5月),浦戸夏祭り(8月),うらどお楽しみキャンプ(8月),敬老会(9月),伝統行事「ねりこ」(11月)等,たくさんの行事で地域と関わりながら学校教育を進めています。

(4)他の教育機関との数多くの連携
 ①運動会(高知商業高校),②フレンドシップ事業(高知大学)、③歯の衛生指導(高知学園短大),④遠隔英語授業(学研),花海道花植え(県土木科),⑤坂本龍馬像の清掃(四国電力)等,たくさんの期間と連携し,児童の学びの環境を豊かなものにしています。また,隣接の「浦戸保育園」とも連携し,教育感動をともにし,交流学習等を行っています。

  

 通学方法:公共交通機関(バス)。デマンドタクシー(長浜バス停~マルナカ長浜店~浦戸ふれあいセンター)は校区外か ら通学している児童が登下校に使用するについては無料です。保護者の自家用車での送迎も可能です。