学校概要

学校沿革

年度

月日

沿革の概要

昭和38

4.1

高知市若草町に高知県立高知若草養護学校を開校、小学部と中学部、児童生徒91名でスタートしました。3月に完成した校舎に加えて、隣接する県立子鹿園内にも教室を借りていました。

39

4. 2

普通教室、特別教室、管理室などの校舎が完成しました。

12.15

寄宿舎が完成しました。

40

2.23

校舎・寄宿舎の落成式典を行いました。

46

4. 1

高等部が設置されました。

48

4. 1

高等部3年生まで全学年がそろい、児童生徒は174名でした。児童生徒数が一番多い時期でした。

50

3.14

春野町の現在地に校地造成が始まりました。

53

4. 1

養護学校義務制移行に伴い、長岡小学校・鳶が池中学校の土佐希望の家併設学級が、本校の土佐希望の家分室となりました。

54

3.31

校舎・寄宿舎が完成しました。リフト付きスクールバス1台新規購入、知事から学校長への贈呈式がありました。その後スクールバスは、昭和57年、平成2年に新規購入されました。

4. 1

本校が、春野町の新校舎に移転しました。旧本校(若草町)には子鹿園分校が新設され、三里小・中学校つくし学級が本校の高知療養所分校となりました。

4.23

全校合同開校式が行われました。

56

6. 1

高知療養所分校が、東高知病院分校と改称されました。

60

8. 8

子鹿園分校の全面改築、新校舎が完成しました。

61

4. 1

訪問教育が開始されました。

63

3.31

避難用スロープが完成しました。

平成12

10.23

土佐希望の家分校の校舎が完成しました。

12. 7

朝倉西町に校舎が完成し東高知病院分校が移転、平成13年に国立高知病院分校と改称されました。

24

1.27

高知市と福祉避難所の協定を結びました。

1.31

防災倉庫を運動場に設置しました。

4.1

開校50周年を迎えました。