本文へスキップ

創立78周年(平成30年度)普通科と商業科を併設した県内唯一の高等学校。山高は「がんばる君たち」を全力で応援します。












山高NEWSyamako news

H30年度 山高NEWS (学校での日々の出来事を随時UPしていきます)


NEW!


★卒業式(H31.3.1)

 本日、卒業式が行われました。普通科124名(全日制116名・定時制8名)、商業科25名の計149名の生徒が本校を卒業しました。例年になく暖かい中、卒業証書授与も担任の涙涙の呼名に卒業生も保護者も在校生も教職員も涙し、心まで温くなりました。式辞では校長先生が「私の愛しい生徒たち、必ずや幸せになってほしいと願っています。」と励ましの言葉を贈られました。その後、生徒会からの卒業生に贈るDVDも上映され、感動的な卒業式となりました。




★伝達表彰(H31.2.28)

 本日、卒業式の予行練習の後、全日制・定時制合同の伝達表彰を行いました。
受賞された卒業生は以下の通りです。おめでとうございます!

第24回全日本高等学校書道コンクール 優秀賞 
大塚日真莉 嶋田愛実

平成30年度 高知県産業教育振興会長賞 3−5 後藤沙奈
平成30年度 産業教育振興中央会長賞  3−5 中村龍聖
全国商業高等学校学校長協会 会長賞   3−5 千葉優香






★職業別講話(H31.2.27)

 本日、1年生を対象に、山田高校を卒業された方々による職業別講話を実施しました。
今を生きる学生たちに伝えたいことを、自分の職やそれを選ぶまでの苦労・努力などを交えて語ってくださいました。生徒達からも、講師の方々に質問をするなど、積極的に話を聞いていました。
登壇してくださったのは以下の6名です。大変お忙しい中、ありがとうございました。

兼松エンジニアリング    
ほっと平山         
ラフディップ・たろまろギャラリー 
鏡野中学校         
ファースト・コラボレーション 
菅公学生服株式会社     




★企業訪問(H31.2.15)

 本日、1年生は「企業訪問」の日でした。県内で活躍する様々な企業を訪問し、工場内部や売り場を見学させていただいたり、企業の方から会社についてご説明いただいたりしました。生徒たちにとって、自身の進路について考える良い機会となったように思います。
 今回、訪問させていただいた企業のみなさまは以下の通りです。ご協力ありがとうございました。
井上石灰工業株式会社様、宇治電化学工業株式会社様、株式会社ソフテック様、株式会社山ア技研様、
株式会社技研製作所様、株式会社サニーマート山手店様、株式会社日産サティオ高知様、
ひまわり乳業株式会社様、株式会社オルタステクノロジー様、株式会社太陽様株式会社フタガミ様、
高知新聞社まほろばセンター様(順不同)




★合格体験談発表(H31.2.13)

 先輩方の実感のこもったお話が聞けました。合格を勝ち取る道のりはそれぞれですが、一二年生一人ひとりにとって、指標となる言葉に溢れていました。自分のアンテナにかかった言葉の中から、自身の一年後二年後にむけた目標を選んでみてください。





★第27回山田高校吹奏楽定期演奏会(H31.2.10)

 のいちふれあいセンターにて第27回山田高校吹奏楽部定期演奏会を開催しました。
 山田高校吹奏楽部の1番の強みは「一緒に音楽を楽しみあえるメンバーにとっても恵まれていること♪」です。部員は少ないですが、今年度10月ゲスト出演をさせていただいた高知工科大学ウインドブラスさん、12月にジョイントコンサートをさせていただいたミュージカルタイムさん(山田高校吹奏楽部卒業生創立)、そして鏡野吹奏楽団さん、地域の方々、卒業生の方々等、多くの賛助出演の皆様に助けていただきながら今年の定期演奏会を創りあげてきました。一般的な賛助出演とはほぼ本番だけ助けてくださるスタイルが多いと思いますが、山田高校吹奏楽部は、賛助出演の皆様が日頃から練習に参加してくださり譜読みやパート練習から一緒に参加してくださいます。「音楽を楽しみ切っている」先輩方からの刺激はとても大きく、また日頃から共に練習を重ねていることで信頼関係が成り立っており、本番は生徒たち、賛助さんたち、全員参加(顧問2人とも吹いて踊って振っています)で音楽を楽しむことだけに集中できた時間でした。
 山田高校吹奏楽部は平成元年に作られ文字通り平成で築いてきた部です。新しい時代も地域の皆様、卒業生の皆様に助けていただきながら自分たちはもちろん、支えてくださる皆様にも楽しんでいただける音楽を奏でていきます。これからも山田高校吹奏楽部をよろしくお願いいたします。





★第3回高校生伝える力選手権(H31.2.10)

 1年生5名が「高校生伝えるチカラ選手権」のプレゼン部門、弁論部門で共に優秀賞を受賞しました。プレゼン部門には坂東さん、谷さん、幾井君、長ア君が山田高校で行われている講演について熱いプレゼンを行いました。弁論部門に出場した萩野さんはラーゴ高校への短期留学の経験から抱いた思いを発表し、夏に行われます2019さが総文祭への出場が決まりました。



★生徒児童表彰(H31.2.10)

 2月10日(日)、かるぽーとにて平成30年度高知県児童表彰が行われました。我が校からは、1年生の総合的な活動におけるCM作成と、香美市理科クラブを陰ながらお手伝いしてきた活動が表彰されました。このことが発奮材料となり次のステップへと頑張っていきたいです。




★県への提言(H31.2.9)

 2月8日(金)に高知工科大学永国寺キャンパスにて、本校二年生の代表9チームが県政課題解決のための提言を県庁職員の方々へ向けて行いました。二年生は一年間かけて高知県の産業振興計画に基づいた課題について調べ、自分たちが考えたアイデアを大学生や大人と磨き上げることによって完成した企画を提言させて頂きました。井上産業振興計画部長を始めとした職員の方々の目の前での発表に緊張した様子でしたが、生徒が練り上げた企画やプレゼンテーションに対してお褒めの言葉を頂き、とても自信になったようでした。




★香美・南国・香南市長への提言(H31.2.6)

本日、1年生普通科の生徒が香美市、香南市、南国市の各市長に政策提言を行ってきました。この活動は総合的な学習の時間での取り組みです。本校では、総合的な学習の時間を「地域課題探究」と題し、「地域のことを真剣に考える」ことを主題として活動しています。
香美市では「スイーツ街道の実現に向けて」、香南市では「観光としてのサイクリングの活性化」など、多様なテーマにそれぞれのグループが取り組み、半年間かけて考えたアイデアを市長の前で堂々と発表しました。南国市では、「しゃも番長」と名付けられたユニークなゆるキャラを発案し、平山市長にも太鼓判を押していただきました。今回の提言が各市の政策に少しでも反映されることを期待しています。




★伝達表彰(H31.1.31)

本日は一斉朝礼があり、その後伝達表彰がありました。以下の通りです。

第69回 須崎ロードレース大会 高校・一般女子(5q)
第2位 中西みゆ(2−2) 
第3位 澤本沙久羅(3−1)

全国高等学校駅伝競走大会 女子30年連続出場
山田高等学校女子陸上部




★四国映像フェスタ授賞式(H31.1.31)

四国映像フェスタ2018ノミネート作品の中で、1年生のCM作品18点という多数の応募によって地域貢献賞をいただきました。
来年度以降も、今回の活動を通して、積極的に取り組んでいきたいと思います。




★主催者教育(H31.1.31)

本日の5・6時間目に高知県議会議員の3名が来校され、主権者教育を行いました。まず、2年生の代表チームが議員に向け県への政策提言を行い、助言をいただきました。また、生徒と議員とのパネルディスカッションも行われ、「県議会議員のやりがい」や「新しい物事に挑戦する上で大切にしていること」などのテーマについてお話を聞くことができ、主権者としての考えを構築する貴重な機会になりました。




★よってたかって生涯フォーラム(H31.1.26)

よってたかって生涯学習フォーラムが開催されました。珍しく雪が舞う中での開催でしたが、小中学生・高校生・大学生・来場客・運営スタッフ総勢2600名余りが本校に集いました。児童・生徒・地域の方々のパフォーマンスや学習発表、地域の特産品や様々な食べ物、もちろん山田高校オリジナルピザも、来場者や参加者に楽しんでもらえました。



★文部科学大臣表彰(H31.1.18)


1月18日(金)には第12回キャリア 教育文部科学大臣表彰の授賞式及び事例紹介発表に本校の濱田校長と長尾教諭が参加してきました。全国100校の受賞のうち、本校が代表として中村文部科学大臣から表彰状を受賞しました。その後、事例発表を行い、本校の総合的な学習の時間や商業科の取り組みに対して多くの方が興味を持ち、たくさんの賞賛の言葉を頂きました。今回の受賞を励みに今後も地域に根差した山田高校としてより一層奮闘していきたいと思います。




★2020こうち総文イメージソング調整会(H31.1.20)

「第44回全国高等学校総合文化祭(2020こうち総文)にかかる大会イメージソング調整会」
高知県の吹奏楽部門は2019年さが総文に出場するメンバーがすでに選抜されています。そのメンバーでのはじめての役割として、イメージソングの編曲者である高知県出身の松下倫士先生をお迎えした調整会が高知県立西高校にて行われました。
高知県下の高校から選抜された吹奏楽部門の66人と合唱部門の生徒たちが6月の録音に向け1日練習を行いました。
本校からは吹奏楽部門に4名の生徒が選抜されており、普段と違う環境での練習を楽しみました。そして、作曲者の松下倫士先生はなんと昨年山田高校吹奏楽部がコンクールで演奏をさせていただいた『繚乱〜能「桜川」の物語によるラプソディ』の作曲をされた先生です!松下先生にお伝えさせていただいたところ大変喜んでくださり生徒たちと写真も撮ってくださいました。
作曲(編曲)者の方がどのような想いでひとつひとつの音を紡いで来られたのか、ご本人の言葉をお聴きするとやはり言葉の重みが違いました。今回はとても良い機会をいただきました。





★修学旅行最終日(H31.1.19)

修学旅行の最終日はディズニーランドで一日過ごしました。朝食の集合時間は6時45分でしたが、早いホームは30分過ぎには既に揃っていました。昨晩から夢の国の魔法にかかっているのでしょうか。 今日は、思いっきり楽しんだことでしょうし、世界中の人を魅了してやまないディズニーランドの秘密を少し理解できたかもしれません。 この修学旅行から得られた学びを日常の学校生活に活かしていくことを願っています。




★修学旅行4日目(H31.1.19)

天候にも恵まれ、スキー研修最終日となりました。初日とはまったく違っており、多くの生徒が板をうまく扱っていました。 わずか2日と半日の研修でしたが、多くのことを学んだことでしょう。
そして高知では味わうことができない、菅平高原の白銀の世界とその雄大さは忘れることがないでしょう。




★修学旅行3日目(H31.1.17)

今朝の最低気温はマイナス22度で、日中の最高気温も1度までしか上がらなかった一日でした。
そんな寒さにも負けずにスキー研修2日目に臨みました。リフトを使い、ひたすらボーゲンスキーで滑ります。 うまく体重を板に乗せられるようになりターンもできるようになりました。
この調子でいくと、そのうちにカービングターンやパラレルターンもできるようになるでしょう。
夕食も残さず食べていますので、明日も元気に頑張ることでしょう。




★修学旅行2日目(H31.1.16)

いよいよスキー研修が始まりました。
研修班ごとにベテランのインストラクターがついて丁寧に滑り方を習いました。午前はなかなか思うように板に乗ることができませんでしたが、午後からはリフトに乗ってボーゲンスキーを楽しむことができました。
今日はずいぶんと身体に力が入っていますのでぐっすり寝られることでしょう。


★修学旅行1日目(H31.1.15)

本日、1年生全員が東京へ向けて出発しました。
スカイツリーでは、天候はあいにくの曇りでしたが、634メートルからの景色を生徒たちは楽しみました。
浅草では、昼食のてんぷらに舌鼓を打ちました。
その後、長野へ移動し、今日現在、具合が悪い生徒もいません。
明日からのスキーを楽しみにしてます。



★1年生修学旅行壮行式(H31.1.11)

本日の6限目は、1年生の修学旅行壮行式でした。濱田校長先生や団長の市原教頭先生からは、「楽しみながらも学ぶ姿勢を忘れずに、5日間を全力で過ごして欲しい」というお話がありました。また、代表生徒からは、「マナーを守り、楽しむ気持ちを忘れず過ごしたい」と意気込みを語ってくれました。
※修学旅行は、高知龍馬空港を15日の朝に出発し、19日の夜に帰ってきます。



★3学期始業式&伝達表彰(H31.1.8)

1月8日(火)3学期の始業式がありました。校長先生より「先生は一丸となってみんなのために頑張り続けます。皆さんもあきらめることなくなく自分の進路を実現してほしい」と、山高生全員の進路実現に向けて、激励の言葉をいただきました。

続いて伝達表彰が行われました。表彰者は以下の通りです。

高知県明るい選挙啓発動画作品コンクール
奨励賞 さあ行こう、きみも選挙へ
山田高等学校向上委員会  幾井悠人 長ア悠生 野口拓海 赤松信哉

第42回全日本アンサンブルコンテスト 高知県東部地区大会
銀賞 山田高等学校フレキシブル7重奏
銀賞 山田高等学校 木管3重奏
銀賞 山田高等学校 金管4重奏




★科学の甲子園に参加(H30.12.24)

本年度も1年生4人、2年生4人の合計8人で科学の甲子園の高知予選に参加してきました。午前中には8人で筆記テストに、午後からは物理と生物の実技競技に取り組みました。 8人が協力して持てる力を精一杯発揮することで、敢闘賞をいただくことが出来ました。 審査員からは、お互いの事を気にかけながらコミュニケーションをとって笑顔を絶やさず頑張っている姿を評価していただきました。



★アンサンブルコンテスト(H30.12.23)

2018年度高知県アンサンブルコンテスト東部地区大会に3団体が出演しました。結果は木管3重奏、金管4重奏、混合7重奏、すべて銀賞をいただきました。次は2月の定期演奏会に向けて練習に励みます。


★2学期終業式&伝達表彰(H30.12.22)

本日、終業式が行われました。校長先生からは、この冬休みの過ごし方について「3年生はクリスマスもお正月もなく必死で勉強をし、自分の進路を勝ち取るように。これからが本当の受験シーズンなのです。」と激励の言葉がありました。山高生はこの冬休みは進学補習、地域課題探究学習、部活動とそれぞれの活動が始まります。

同時に、伝達表彰も行われました。表彰された生徒は次の通りです。

高知家地方創生アイデアコンテスト2018
高知家地方創生大賞 高知の高校生親善大使

2年4H 竹村峻 片岡正明 上西礼華 大ア蘭菜 徳岡遼華 

優秀賞(高校生部門)高知の観光政策隊
2年3H 真島一樹 公文奏斗 野老山瑞希 山本拓海 梶原萌乃

高知県高等学校総合文化祭
【写真部門】
優秀賞
 「天架ける橋」 森山裕羽吏  奨励賞 「平成最後の夏に舞う」 林加菜弥

【アナウンス部門】   
入賞
 萩野千明
【オーディオピクチャー部門】   
第3位
 山田高等学校(代表 岡田笑門)

美術の部】
奨励賞 平面の部
 加藤燈
優秀 高校美術展ポスターの部 加藤燈

全国学生書道展
奨励賞
 永尾依蕗

半紙の部 特選  戸田千尋  纐シ瞳花
      推選  渡邊優香  清遠一未     
      金賞  原 澄香

70回画聖「田能村竹田」(たのむらちくでん)先生をしのぶ美術展
入選  坂本 香月葉  原 澄香

44回全国高等学校総合文化祭高知県実行委員会企画運営委員会
日本音楽部門生徒実行委員(委嘱状)

楠瀬 芽依  中村ゆかり





★防災避難訓練(H30.12.20)

本日、調理室付近で火災が起きたという想定で防災避難訓練がありました。生徒たちはお・は・し(おさない・はしらない・しゃべらない)を意識して避難していました。
避難後、香美市消防局から、火災報知機や消火器、避難シューターなどの学校の中の利用できる消防設備について解説してくださいました。





★絵手紙なごみの会のみなさんより(H30.12.18)

本日の放課後、絵手紙なごみの会の方々から女子陸上部へ手作りの応援ポスターや食べ物などをいただきました。本番まで1週間をきり、選手たちも気を引き締めて準備をしています!



★吹奏楽部ジョイントコンサート(H30.12.16)

「山田高校×Musical Time JOINT CONCERT」 のいちふれあいセンター(サンホール)にて山田高校吹奏楽部OBが立ち上げたMusical Timeさんとジョイントコンサートを開催させていただきました。第1部は山田高校のアンサンブルステージ、第2部はMusical Timeさんのステージ、そして第3部は全員での演奏を披露しました。先輩方の圧倒的なパフォーマンス力に驚きながらも共に演奏することを部員たちもとても楽しんでいました。
ここ数か月は週末に皆様が来校され、高校生とともに練習を行ってくださったので、人数の少ない現在の山田高校吹奏楽部のメンバーにはとても刺激的な日々を過ごさせていただきました。  次は2月10日(日)に山田高校吹奏楽部の定期演奏会があります。今回の経験をいかし、皆様に喜んでいただける演奏会になるよう練習に励みます。




★吹奏楽部香美市立図書館コンサート(H30.12.15)

「英語で楽しむクリスマス会」 香美市立図書館で行われたクリスマス会にゲストで呼んでいただき、吹奏楽部で演奏を行ってきました。50人ほどの親子の皆様の前で「USA」やクリスマス曲を演奏させていただきました。皆様に楽しんでいただき演奏している私たちもとても楽しかったです。ありがとうございました。



★女子陸上部伝達表彰&駅伝壮行式(H30.12.14)

本日、女子陸上部の伝達表彰が行われました。賞は以下の通りです。

 
全国高校駅伝高知県予選 優勝
四国高校駅伝 5年連続優勝 特別表彰
高新ロードレース 1位 大塚日真莉 2位 弘光美紅

同時に、1223日に京都で開催される全国高校駅伝の壮行式も行われました。校長先生からの激励の言葉もあり、キャプテンの大塚さんからは「今年は厳しい戦いになると思いますが、今までが先輩が積み上げてきたものをしっかりつないで、全力で最後まで走り抜きたいです」と意気込みを語っていました。

1223日全国高校駅伝の様子はNHKで放映されます。




★ホームマッチ(H30.12.14)


本日は、冬のホームマッチが行われました。種目は、男女混合バレーボール、男女混合サッカー、ジェンガでした。今回のホームマッチでは、男女混合という新しい取り組みも行いましたが、現在のホームになって1年近くなるクラスメイトとのチームワークは、夏のホームマッチをはるかに上回るものでした。応援をする生徒も盛り上がり、とても活気のあるホームマッチとなりました。





★進路説明会(H30.12.12)


今回の2年生の講演のテーマは「進路実現に向けて」。多目的室では、T型・商業科の皆さんがキッズ・コーポレーションの鈴木 毅 氏に、「今の自分と将来の理想像とのギャップをマイナスで捉えるのではなく、チャレンジの動機としよう!」と励ましていただきました。また、大会議室ではU型の皆さんが、土佐塾予備校の校長島ア 茂実先生から、入試の現状や傾向を伝えていただきました。「大学入試はキャリアプランの通過点」というお言葉が印象的でした。






★マーケティング講座(H30.12.12)


本日、1年生普通科の総合的な学習の時間に、株式会社ものべみらいの池尻申さんにマーケティングに関する講演をしていただきました。マーケティングとは「ターゲットは誰か、ターゲットに何を・どのように提供するか」について考えることだということを、身近な例を用いながら説明してくださり、生徒たちは興味深そうに聞き入っていました。




★いのちの教育(H30.12.12)


高知県看護協会 助産師職能委員会より、助産師 関正節様にお越しいただき、「自他を大切にするいのちの教育」をテーマに講演を実施しました。
関さんが病院で出会ういろいろな命のエピソードや、責任を持って行動することの大切さなどのお話から、人間の生について考えることができました。最後は、かけがえのない命を大切にこれからの人生を送ってほしいとエールをいただきました。







★女子陸上部へ農作物を提供していただきました(H30.12.10)


毎年、女子陸上競技部に「JA南国」「JA長岡」「JAとさかみ」から、農産物の提供受けています。ご提供いただいた皆様には、心から感謝申し上げます。
陸上部員は高校女子駅伝に向け、日々の練習に加え、いただいたお米と野菜をしっかりと食し、心身ともに充実した状態で京都に出発します。
高知県民の皆様のご期待に応えるよう頑張ってまいりますので、応援よろしくお願いいたします。







★YYスピリッツ(H30.12.07)


本日の期末試験終了後、高知県出身のフィギュアイラストレーターであるデハラユキノリさんに一つ一つのフィギュアが完成するまでの開発ストーリーや、デハラさんが手掛けた広告などについてお話していただきました。ユーモアたっぷりのフィギュアたちの話を聞き、生徒たちはとても楽しんでいました。







★課題探究発表会(H30.11.30)


本日、3年生が総合的な学習な時間で取り組んでいる課題探究の発表会が行われました。課題探究の内容は、進路や教科、興味関心の高いものなど様々なテーマを個人が設定し、5月から半年間をかけて取り組みました。どの発表も個性的な内容で、聞いている生徒も感嘆の表情を浮かべていました。最後に副校長先生から、「3年間の集大成。みな堂々と発表して聞きごたえがあり、大変良かった」と言葉をいただきました。
なお、発表者とテーマは次の通り。
3−1 小松優里亜「日本舞踊の魅力を知ってもらう」
3−1 楠瀬晃太郎「玄米パンでダイエット」
3−2 乾  侑保「企業のアイスクリームと手作りのアイスクリーム、どちらがおいしく感じるか」
3−2 乾  梨乃「日本のホラーと海外のホラーでは日本の方が怖い
3−3 大岸 秀行「気象衛星の現状と可能性」
3−3 公家安紀子「高速道路建設による香南市への影響」
3−4 織田  颯「憲法第9条ってほんとに必要?」
3−4 鍋島沙弥香「看護師は病院以外でどのような職場で活躍しているか?」







マラソン大会(H30.11.21)

本日はマラソン大会が行われました。予報では、悪天候が予想されましたが、生徒たちの頑張りで吹き飛ばしてくれ、絶好のマラソン日和となりました。
男子は11km、女子は8kmという距離でしたが、精一杯走り切りました。
当日は濱田校長先生も8kmを完走され、最後まで走り切るその姿で贈られた熱いメッセージを生徒たちはきちんと感じることができたと思います。




高知県高等学校総合文化祭(H30.11.4.〜18)

文化部の県体である「高文祭」に、多数の文化部が出場しました。展示部門では、美術部と写真部の生徒が入賞し、美術部は2年連続の全国総文祭への出場権利を獲得しました。文化部のインターハイとされる全国総文祭は、2020年、高知にやってきます。生徒たちは一丸となり、盛り上がっています。

写真部奨励賞(林)



写真部優秀賞(森山)



書道部(戸田)



美術部奨励賞(加藤)




ラーゴ短期留学(H30.10.26~11.09)

10月26日〜11月9日の2週間の間、2年生10名、1年生1名がアメリカフロリダ州にあるラーゴ高校に短期留学をしてきました。全員が初めての留学ではじめは緊張した面持ちでしたが、いざ現地の生徒やホストファミリーに会うと辞書やジェスチャーを用いて積極的にコミュニケーションを図っていました。最終日には「日本に帰りたくない」とまでつぶやいていました。それぞれが多くのことを学び、経験をした2週間となりました。




★非行防止教室【3年生】(H30.11.14)

高知県警察本部生活安全部の講師の方をお迎えして、情報モラル講演会が行われました。高校生の生活の一部であるインターネットやSNSを利用した事件やトラブル、またそれらの相談を具体例にして、防止するためにはどのような注意や対策が必要かというお話をうかがいました。スマホ依存症が50万人といわれる今、もっと自分を守るための意識やモラルを身につけなくてはならないと強く思いました。

★人権映画「Given」鑑賞会(H30.11.14)

2年生人権LHで、ドキュメンタリー映画「Given〜いま、ここにある しあわせ〜」の上映を行いました。難病を患う子供とその家族の姿を通じ、普段特に意識することのない、「生きる」歓びや尊さ、本当の幸せとは何か、に気づくとてもよい機会になりました。生徒たちの真剣な視聴態度も素晴らしかった。




★ホームデー(H30.11.9)

本日はホームデーでした。1年生は鏡野公園、2年生は鷲羽山ハイランド、3年生は県内外の施設に出掛けました。雨の心配もありましたが、午後からは晴天となり、各学年それぞれ楽しむことができました。




★薬物乱用防止教室(H30.11.7)

本日、高知県警察本部生活安全部から講師として来校してくださった方は、違法薬物に関する事件に携わった経験のある元刑事さんでした。高知県でも毎年100人〜200人が覚醒剤で検挙されており、将来いつその状況に遭遇するかもしれないという危機意識の大切さを強調しながらお話をしてくださいました。           


★伝達表彰(H30.11.1)

本日、一斉朝礼の際に、伝達表彰が行われました。山田高校では、部活動・総合的な学習の時間・商業科の活動など様々な分野で生徒が活躍しています。

第19回高知市陸上競技カーニバル
円盤投げ 第3位 21m81cm 西村 紫織

ソフトテニス部 東部支部大会 
女子団体 第1位 山田高等学校
女子個人 第1位 岩戸あすな 山下 舞香

第3回ツムラ杯トランポリン競技選手権大会
一般Aクラス 1位 1年2H 大ア 瑛斗

第72回高知県美術展覧会
グラフィックデザインの部 入選 2年1H 加藤 燈

「志。とさ学びの日」明治150年記念 人材育成プラン共同研究発表会
優秀賞 山高等学校 生姜―るず 山田まんでリメイク
杉本優里菜 田 菜摘 千葉 優香 長尾 緋音

ゑびす昭和横丁でのCM発表会
香美市教育長賞 8班 ホームセンターマルニ
高知工科大学 学長賞 9班 三谷ミート
CM大賞 11班 龍河洞みらい




★立会演説会・認証式(H30.10.31)

10月31日の後期生徒会立合演説、11月1日の認証式を経て、平成30年度後期生徒会執行部役員が着任しました。候補者の演説や新旧生徒会長挨拶はどれも素晴らしく、前期生徒会執行部に続き、これからの後期メンバーの活躍を期待させてくれるものでした。





★1年生の総合的な学習の時間(H30.10.31)

本日の5限目、1年生の総合の時間で取り組んでいる香美市・香南市・南国市の課題解決に向けた活動の一環で、香美市役所と南国市役所から各市の課題についての説明をしていただきました。その後、座談会を行い、生徒からの質問にも答えていただきました。



★工科大オータムコンサート(H30.10.28)

高知工科大学吹奏楽部のオータムコンサートに本校吹奏楽部がゲスト出演させていただきました。
高知工科大学さんと山田高校生徒の合同でアンサンブルを5曲と、全員合同での演奏を2曲させていただきました。現在の山田高校吹奏楽部の部員数では楽器別によるアンサンブル演奏(少人数での演奏形態)は難しいですが、学ぶことの多い演奏形態です。今回高知工科大学さんに助けていただいてそれを実現するいただくことができました。曲を決めるところから生徒たちが行い、大学生と練習日程や音楽の作り方を相談しながら曲を仕上げていきました。歳の近い、そして学びの距離も近い(同じ香美市)高知工科大学の皆様と演奏できたことはとても貴重な体験でした。高知工科大学の皆様、どうもありがとうございました。

  


★YYスピリッツ(西脇さん講演)(H30.10.26)

本日の6限目、マイクロソフトの業務執行役員である西脇さんに「相手を動かすプレゼンテーションの秘訣」というテーマで講演をしてくださいました。今年で2回目になります。
講演の中で、「人生はプレゼンの連続であり、自分の考えを相手に伝える表現方法を会得しておくことは大切だという話は重要である」というお話が大変印象的でした。また、色やアニメーションの使い方など、スライド作成の際の具体的なアドヴァイスもしてくださいました。




★ラーゴ出発式(H30.10.26)

本日、生徒11名、教員2名がアメリカ、フロリダ州にあるラーゴ高校への短期留学のため高知龍馬空港を出発しました。
出発式では、校長からのあいさつでは、3つの”C”を意識して留学を楽しんでほしいというメッセージが伝えられました。3つの”C”とは「chance」「challenge」「change」です。きっと2週間後成長した皆さんの姿があると信じていますと、激励の言葉がありました。
また、留学生一人一人から、留学にかける思いが、見送りに来てくださった保護者や教員に伝えられました。堂々とした態度で思いを伝えていました。(頼もしいです!)
最後に、団長(教頭)から、生徒の安全を最優先に中身の濃い留学にするという決意表明もあり、総勢14名が元気にフロリダにあるタンパ空港に向け飛び立ちました。飛び立て山高!二週間後が楽しみです!



★大学出張授業(H30.10.24)

本校に県内外の大学教授をお招きし、大学出張講義を行いました。これは高校生のうちから進学先として考えてある学部や興味のある内容に触れ、生徒の進路決定に役立てるための講義です。生徒は高度な授業内容に苦戦しながらも、目を輝かせながら授業を体験していました。大学の学びに触れた生徒たちのこれからの努力に期待が持てそうです。



★ラーゴ短期留学壮行式(H30.10.24)

アメリカ・フロリダ州にある姉妹校ラーゴ高校への短期留学生が、10月26日に出発するため壮行式が行われました。壇上で留学生が紹介され、濱田校長先生より留学生に激励の言葉が贈られました。留学生を代表して、2年4ホーム上西礼華さんが、「ラーゴで多くの経験をしたいと思います。」と挨拶しました。留学生は11月9日に帰国予定です。



★大学出張授業(H30.10.24)

本校に県内外の大学教授をお招きし、大学出張講義を行いました。これは高校生のうちから進学先として考えてある学部や興味のある内容に触れ、生徒の進路決定に役立てるための講義です。生徒は高度な授業内容に苦戦しながらも、目を輝かせながら授業を体験していました。大学の学びに触れた生徒たちのこれからの努力に期待が持てそうです。




★YYスピリッツ(H30.10.23)

本日の午後、四万十町の海洋堂ホビー館や精巧なフィギュアなどで著名な海洋堂館長・宮脇修さんがご講演に来てくださいました。ご講演では、宮脇さんの生い立ちから地域創生に関する問題まで多岐にわたる話題について、お話を伺うことができました。また、実際に宮脇さんが手を加えたというフィギュアをご贈呈くださいました。宮脇さん、ありがとうございました。



★模擬投票(H30.10.17)

10月17日水曜日に県選挙管理委員会の方を講師に迎え、全校生徒による模擬投票を行いました。通常の模擬投票とは異なり、各ホームに会社員・主婦・会社社長・老人などの役割を与え、ロールプレイ形式での実施でした。各ホームの選挙管理委員も投票券交付係や開票係として参加し、真剣な面持ちで与えられた役割に取り組んでいました。



★大宮小学校との交流授業(H30.10.17)

大宮小学校の6年生23人が、英語の授業で「My hero」という単元で取り組んでいることを高校生に発表し、質問やアドバイスをしてほしいと来校してくれました。その活動に参加したのは、商業科の3年生の広告と販売促進の授業選択者20人です。高校生も自分の「ヒーロー」についてまとめ、プレゼンテーションをさせてもらいました。小学生の積極的な、英語でのスピーチに「英語で返せん〜」と言いつつも、照れながら英語で返す笑顔がキラキラ輝いていました。校種を越えた交流は、互いに学び、高め合える活動であり、これからも続けていきたいです。




★中学生の一日体験入学(H30.10.5)

10月5日(金)に「平成30年度 中学生の一日体験入学」が23校の中学校から中学生242名、教員・保護者78名の合計320名の参加を得て開催されました。生徒会・商業科の各代表生徒や各種プログラム体験者が山田高校の取り組みについて分かり易く説明し、好評を得ました。中学生の皆さんは、学校説明、体験学習を受けたあと、希望者は各部活動の体験もしました。



★伝達朝礼(H30.10.4)

10月4日、一斉朝礼にて伝達表彰を行いました。
受賞者は以下の通りです。

【運動部】

高知県高等学校東部支部体育大会 バドミントン 男子ダブルスの部
第1位 西内太智・鳥谷直矢

高知県学年別水泳競技大会
高校1年 男子200m平泳ぎ 記録2分33秒38 第1位 吉本瞬
高校1年 男子200m個人メドレー 記録2分20秒40 第2位 吉本瞬

春野オープン記念陸上競技大会 
女子円盤投げの部 記録25m32 第3位 西村紫織

弓道秋季選手権大会
女子個人 1年生の部 第3位 竹口陽菜
     2年生の部 第2位 日和佐弥生
男子団体 第3位 安丸智・山本拓海・高橋周


【1年生CM表彰】

学校地域連携本部委員長賞
3班 ハチロー染工場
寺岡未来・松浦右竜・安岡凛・箭野侑加・横井あすか

あんたらが大賞
高知新聞NIE推進部長賞
16班 かほくホテルアンドリゾート
澤菜々子・土居愛子・坂東未来・山中ゆあ・横谷愛莉

香美市商工会長賞
2班 バリューノア
都築志乃・戸島優希・長崎悠生・平田芽似・吉田優花

香美市長賞
15班 高知カンパーニューブルーワリー
大塚めい・小松渚彩・高野由菜・永田結宴香・三好妃奈

グランプリ
6班 松尾酒造
谷ひとみ・恒石遥香・野口拓海・松下未来


【全国観光甲子園】
海外部門 審査員奨励賞(全国5位)
3−5 杉本優里菜・高田菜摘・林加菜弥




体育祭(H30.9.27)

本日は、体育祭が行われました。「平成最後の山田合戦 〜平成生まれのみんなで頑張るポン〜」のスローガンをもとに、盛大に盛り上がりました。
今年は「集団演舞」などの新しい種目や各学年が1つのチームとして戦うといった、新しい取り組みにも挑戦をしました。各学年の色が出てとても良い集団演舞や応援合戦でした。
朝方まで雨が降り、どうなることかと思いましたが、教員や生徒が団結して準備、運営を行い、晴天のもと体育祭を行うことができました。これも「チーム山田高校」の力かと思います。
当日、体育祭に足を運んでくださった方々、本当にありがとうございました。今後とも、教員や生徒が一つとなり、「チーム山田高校」として精進していきますので、温かく見守っていただけたらと思います。



Chance先生来日(H30.9.14)

本日14日、新たなALTであるChance Wen先生の紹介を全校生徒の前で行いました。
簡単ではありますが、紹介したいと思います。
Chance Wen先生はサンフランシスコ出身で、23歳。2年前に同志社大学に半年間留学した経験があり、日本文化についてよく知っています。特に日本のアニメが好きで、一番好きなのは「名探偵コナン」だそうです。



1年生CM発表会(H30.9.15)

9月15日「ふらっと中町」にて、1年生普通科生徒が地域課題探究Tで取り組んできた地元企業18社のCM発表会が開催され、それぞれの班が数か月かけて準備してきた作品を発表しました。CM大賞を選んでくださった、南国市出身で現在電通のCMクリエイティブディレクターの安田様から、「全チームが各企業のUSPを考え抜き、それを個性的に表現している点が大変よかった」と評価していただきました。





2学期始業式を行いました(H30.8.28)

校長先生からは「1.01の努力」のお話がありました。「小さな小さな努力も365日積み重なると大きな成果につながる。この1.01の努力をみんなでやってみよう」という"こじゃんと熱い"お話でした。
まだまだ暑い中で、熱い山田高校の2学期が始まりました。

 

第11商い甲子園に出場(H30.8.18)

11回全国「商い甲子園」が、8月18日安芸市の本町商店街で開催され、全国から17校約110名が参加し熱い商売の戦いが繰り広げられました。
「商い甲子園」は、売上高や販売量ではなく、商品説明やマナーなどの接客、陳列や演出などのディスプレイ、独創性やテーマ性などを競い岩崎弥太郎賞を目指します。
本校からは、チーム『くろころ屋』が参加し、地元の雪ヶ峰牧場でとれた高品質なジャージー乳をたっぷりつかったアイスブリュレを販売しました。

 

インターンシップ(H30.7.21〜8.6)

7月21日から8月6日までの間、1年生の総合的な学習の時間(地域課題探究)の授業の一環として、地元企業(18社)へのインターンシップ(職業体験)活動に参加しています。
9月15日のふらっと中町での企業CM発表会に向けて、3回の企業訪問と今回のインターンシップで学んだ各企業の魅力を発信できるよう、夏休みを利用して一生懸命取り組んでいます。

    


防犯かもタウン出発式(H30.7.23)

坪内さん(1年 マンガ部)「2018年防犯かもタウン出発式」参加
今夏、かもタウン(香美市、南国市、香南市)に郵送される防犯かもめーるに、1年生の坪内美心さん(マンガ部)のイラストが採用され、山田郵便局で開催された「2018防犯かもタウン出発式」に出席しました。坪内さんのイラストは、携帯電話やスマートフォンで送信されてくる架空請求メールに対する注意を促すもので、誰にでもわかりやすく描かれています。





一学期終業式(H30.7.19)

7月19日(木)終業式が行われました。
校長先生からは卒業生の鍋島さん、山中さんの新聞記事を紹介され、「みなさんは、素晴らしい先輩に続くチャレンジャーになりましょう」と
この夏休みの激励の言葉がありました。また、ALTのレベッカ先生から帰国前に挨拶をいただきました。暑い中で、涙涙の感動的な日本語のあいさつをされました。レベッカ先生、山田高校で2年間、本当にありがとうございました。



体育祭結団式(H30.7.18)

 本日は9月に行われる体育祭に先立ち、結団式が行われました。本年度は各学年が一つのチームとなり、優勝を目指します。
 結団式の中では、今年の体育祭に合わして新調した応援団旗が、校長先生からか各学年の応援団長へと手渡されました。その後、各団長はそれぞれの熱い思いを語りました。
 夏休みには、応援団長を中心とした各クラスの応援リーダーが様々な準備を行い、体育祭当日には素晴らしい演技を見せてくれることを期待しています。
 体育祭当日には、ぜひ山田高校の生徒たちの熱い競技や演技を見に来てあげてください。

ホームマッチ〜夏の陣〜(H30.7.13)

 本日は、夏のホームマッチが行われました。種目は男女混合バレーボール、女子バレーボール、ソフトボール、ジェンガでした。台風が去り、かなり気温が高くなりましたが、その暑さに負けないような熱い戦いを見せてくれました。バレーボールでは教員もチームを組み、汗を流しながら、また重い身体を引きずりながらボールを追い、一所懸命に取り組むことの大切さを示してくれました。
 5月のミニホームマッチに比べ、クラスの仲も深まり、クラスの団結がよく見えたホームマッチであったと感じました。
 9月には体育祭もあります。今回よりもより前を向いた姿を期待したいと思います。



YYスピリッツ(H30.7.10)

 著名人や社会の一線で活躍されている方からそのスピリッツを伝えていただくYYスピリッツを開催しました。

[1年生]
「デートDVって何?」をテーマに人権学習会を実施しました。DVについて学習することで、自分自身が持っている潜在的な価値観やジェンダーについて考えるきっかけになりました。また、香美人権擁護委員協議会のみなさまから、積極的な姿勢がすばらしい、との言葉をいただきました。



[2年生]
 高知赤十字病院の助産師 梅原初枝様をお招きし、「いのちの教育〜今から未来への健康生活〜」というテーマで講演をしていただきました。
 生まれること、今生きていることは「奇跡」である、と妊娠や出産のエピソードもふまえて、熱心にお話いただきました。今の生活や健康、将来について考え、これからの生活に活かしてくれることを期待しています。



[3年生]
 鈴木大裕さんをお招きし、「人口850万人のニューヨークから4000人の土佐町へ」というテーマで、高校・大学時代から海外で過ごし学んだ時の経験や、現在の土佐町での活動についてお話をうかがいました。オンリーワンの存在をめざすために、まずは好きなことをとことん学んで、人に負けない自分の武器を持ってほしいと、3年生に向けてのエールをいただきました。



香美市理科クラブ(H30.6.16)

 6月16日(土)に開始された、香美市理科クラブに我が校の「山田イノベーションサークル」のメンバー5人が支援員として、小学生の実験のお手伝いを行いました。
緊張している小学生の中に入り、色々な作業を一緒に取り組んでいく中で、小学生同士の距離感が近づいていき、楽しい雰囲気づくりを行うことができました。
 最後に乾燥パスタとテープを使って塔の高さを競う「パスタチャレンジ」に挑戦し、試行錯誤しながら、高いパスタの塔を完成させました。
 この経験をいかして、リーダーシップのとれる高校生になっていきたいと思います。


★安田氏(電通)による講演(H30.6.22)

本日の午後、株式会社電通のクリエイティブ・ディレクター安田 雅彦氏(高知県南国市出身)をお招きし、企業CM作成にあたっての考え方や方法についての講演をして頂きました。
現在、1年生普通科は地域課題探究Tの授業で地元企業のCM作成に取り組んでおり、生徒達は安田氏が手掛けた数々のヒットCMの中から、CM作成のためのノウハウを学んでいました。
今回教えていただいたことを糧に、見た人におもしろいと思ってもらえるようなCMが完成するよう、精一杯取り組んでいきます。
※作成したCMは9月中旬に行われる「ゑびす昭和横丁」で発表する予定です。



★プログラミング出前講座(H30.6.2)

6月2日(土)に本校で行われた土佐MBAアプリ開発人材育成講座によるプログラミング出前講座に本校学生11名が参加しました。
市内のPCの講師をお招きして行われた今回のプログラミング教室ですが、まずはドローンを音声入力よってフライトさせてみることから始まり、自分でアクションゲームの操作をプログラミングをして、最後にはmbotと呼ばれるロボットを操作するプログラミングし、与えられたミッションのクリアに挑戦しました。
初めてのプログラミングでしたが、それぞれが試行錯誤しながらミッションをクリアすることができました。今回の教室を受け、各生徒がプログラミングの楽しさを実感できたと思います。

★県産振特番収録(H30.6.3)

6月3日(水)に行われた高知県産業振興計画の特別番組の収録に普通科2年生56名が参加しました。
 高知県知事やスペシャルゲストの厚切りジェイソンさん(お笑い芸人兼IT企業役員)とのやりとりに、生徒たちは堂々と意見したり質問したりしていました。厚切りジェイソンさんの場を盛り上げる発言や尾崎知事のわかりやすい県政課題の説明を受け、終始楽しく学ぶことができました。今回の経験を活かし、総合の学習をより充実させていきたいと思います。




★YYスピリッツ(講演)
(H30.5.31)

本日の午後、TOYOTA自動車株式会社 先行開発推進部 EV事業企画室室長の豊島浩二様に「想像できるものは創造できる〜環境車の未来について〜」というテーマで講演していただきました。
豊島氏の手掛けたプリウスについて、完成に至るまでの苦労や環境への思いなどを織り交ぜて講演してくださいました。
その中で、プリウスが最新技術の自動運転システムや環境への配慮を施した開発を行っていることを話してくださり、現状について理解できました。
夢や希望をイメージすることでことが、新たなものを想像創造する出発点になることが分かりました。
生徒会長によるお礼の挨拶では、「自分の夢ややりたいことをしっかりと思い描き、その実現に向かって突き進んでいきます。そして、未来を私たちの手で創っていきます。」と力強く宣言しました。

 
 

★県体壮行式(H30.5.18)

本日は県体育大会に向けての壮行式が行われました。各部の主将が事前に考えた抱負が放送部によって読みあげられるなか壇上にあがり、全力の発声であいさつを行っていました。練習で頑張ってきたことを大会で発揮しようとする決意が見てとれる本当にいい壮行式でした。応援する生徒も全力での応援をしてくれることと思います。
 今大会の山田高校の検討を祈ります。



★生徒総会(H30.5.16)

本日は生徒総会が行われました。最初は平成29年度後期生徒会役員に対し、校長先生からねぎらいの言葉送られました。そして平成30年前期生徒会役員の任命式が続けて行われました。様々な行事に対して、生徒の先頭に立ってリードしてくれることを期待します。
生徒総会では、部活費のことや、生徒から実際にあがった案件を審議しました。山田高校が益々発展していくために、生徒全員が参加しました。


  

★県体(サッカー)(H30.5.12)

他の競技より早く、サッカーの春季大会兼高知県高等学校体育大会が、幡多郡黒潮町の西南大規模公園グラウンドで行われました。
本校サッカー部は1回戦で高知商業と対戦、試合は0対5で敗れましたが最後まで諦めずに粘り強く戦い、
次につながる試合となりました。他の部は土曜日からいよいよ県体、活躍を期待しています。
  

★PTA総会(H30.5.12)

平成30年度PTA総会が5月12日(土)体育館アリーナで行われました。出席者は89名でした。今年度は岡本PTA会長が新たに信任されました。総会後、商業科の活気あるプレゼンテーション
や、山田まんの販売もありました。進路講演会は、ほめる教育研究所代表 竹下幸喜 氏による「子どもをほめて意欲を高める!」という演題で、ほめることの効果や、ほめることは叱らないことではない等、ほめられると子どもも大人も個人も組織も活性化することに気づくことができました。「ほめ達」(ほめる達人)になるために、ほめることが苦手な大人が「聞いてよかった!」と思う講演になりました。相手の話を頷きながら聞き、相手の目を見て、全力で拍手をするといったコミュニケーションの取り方も実践しながらの楽しく面白い時間になりました。その後、食堂で無料試食会、進路説明会(大学・専門学校・就職)、ホーム懇談と充実したPTA総会となりました。ぜひ保護者の皆様、来年もPTA総会にご出席ください。お待ちしております。
  

★生徒会立会演説会
(H30.5.9)
本日は生徒会立会演説会が行われました。それぞれ候補の生徒が、様々な抱負を熱く語ってくれました。全てが信任投票で行われ、演説した全員が信任されました。
信任された新生徒会の生徒のみなさん、おめでとうございます。今回生徒会に信任された生徒たちが中心となり、山田高校が益々発展していければと思います。
  
★ミニホームマッチ
(H30.5.2)
本日は遠足の予定でしたが、雨のため急遽学校で過ごすこととなりました。
最初は、遠足先で予定されていた生徒会によるレクリエーションを行いました。長縄に、クイズ大会、ぐるぐるバットなど楽しい企画を考案してくれ、全校生徒たちは大いに楽しんでいました。
それが終わった後は、ミニホームマッチを行いました。バレーボールに卓球、ジェンガとそれぞれ白熱した熱戦を繰り広げました。
GWを挟んだあとは、いよいよ県体が始まります。この盛り上がり、熱戦を県体でも期待したいと思います。 
 
  

★1年生宿泊研修
(H30.4.26-27)
4月26、27日に1年生が香北青少年の家へ集団宿泊研修に行ってきました。「仲間づくり」を目的に実施された研修ですが、アイスブレーキング活動、野外炊飯(カレー作り)、コラージュ作成、忍者大会、そしてクラスの旗作りといった活動にどの生徒も積極的に取り組み、クラス内はもとより、クラスの垣根を超えた「仲間づくり」ができました。
 
 

★避難訓練
(H30.4.20)
本日の4限目、1年生が入学して初の避難訓練が行われました。今回の訓練は地震を想定しての訓練となります。体育館へ避難後、香美市消防署の山崎様より避難の方法、土佐山田町の街の中での危険な場所の説明や、津波の被害からどのように逃げるとよいのかなど、写真や絵を見ながら学習しました。また、動画で私たちの日常生活で起こりうる「ガスボンベの爆発」や、てんぷら油の鍋に火が付き、燃え上がったところに水を掛けるとどうなるのかなど、映像を見て対処方法を学びました。また、地震が来て避難する際には、家のガスや電気の元を止めておけば二次災害(火災や爆発)を防ぐことができるということもわかりました。
 

★交通安全指導
(H30.4.20)
本日の登校時、学校周辺で、交通安全街頭指導を行いました。毎月20日頃、各クラスの交通委員と生徒会執行部の生徒が登校生徒に向けて交通安全を呼び掛けていきます。

★中庭コンサート
(H30.4.13)
本日の昼休み、吹奏楽部による中庭コンサートがありました。「たくさんの人が聞いてくださっていたので演奏のしがいがありました」と部長の橋田さん。新入生への歓迎の意味が込められたコンサートでしたが、1年生だけでなく2・3年生や教職員にとっても心地良いひとときになりました。
次回の中庭コンサートも楽しみです。
 
★1年生対象進路講演会
(H30.4.13)
高知工科大学の福田直史さんによる進路講演「高校生になるということ」では、高校生活でやるべきこととして、「夢を持つ」「本を読む」「考える」の3つがあげられ、なぜそうすべきかという理由をウォルト・ディズニーや吉田松陰の言葉を引用しながら話してくださいました。1年生は、福田さんの質問に積極的に答え、メモを取りながら熱心に聞いていました。
 
★平成30年度 部活動紹介
(H30.4.11) 
本日部活動紹介が行われました。全校生徒が見守る中、各部活動が舞台やフロアで思い思いの紹介を行いました。部活動は、クラスとはまた違った雰囲気の中で、様々なことを学べる場となります。
1年生だけでなく、在校生の生徒たちにも本日の部活動紹介が刺激となり、部活動やボランティア、生徒会活動など、授業以外でも山高生として挑戦していく姿に期待したいと思います。
 

★平成30年度 対面式
(H30.4.10) 
1時間目、対面式が行われました。生徒会が中心となり、学校行事の紹介・簡単な校則の説明・学校生活を楽しむための心構えなどを丁寧に教えてくれました。遠足の説明のなかで男子バスケットボール部が大繩を、ホームマッチの説明のなかで女子バレー部がバレーの実演を行い盛り上げてくれました。
新入生代表あいさつでは、はきはきとした元気なあいさつをしてくれました。
  
★平成30年度 入学式
(H30.4.7) 
本日、新しい学校生活に不安を抱きながらも希望を胸に新1年生が入学してきました。勉強に部活に地域貢献活動に前向きに取り組んでいきましょう。山田高校での学校生活が充実したものになるよう、教職員一同サポートしていきます。
 
★ニッポン高度紙工業様から、Tシャツが寄贈されました。
(H30.4.6) 
本校、陸上部の活躍に感銘をうけたニッポン高度紙工業株式会社様から、陸上部にTシャツが寄贈されました。在校生をはじめOGもたいへん喜んでいます。多くの県民から期待されている本校陸上部は、日々の練習に一生懸命取り組んでいます。年末の都大路を30年連続で駆け抜けることを期待してください。
今後も山田高校へのご支援・ご協力よろしくお願いいたします。
  
Tシャツにはトンボが描かれています。トンボ勝ち虫とよばれ縁起物であり、前にしか進まず退かないところから、「不退転(退くに転ぜず、 決して退却をしない)」の精神を表すものであります。



このページの先頭へ