本文へスキップ



  

  

  防災マップづくりを通した防災学習を学校便りや防災マップを通して
  正常化の偏見を無くし、地域・保護者の防災・減災の意識を向上させます。

  
  
  
  
  

  ・防災MAP


    ◇平成25年度  吉野地区  寺家地区
    
    ◇平成26年度 吉野地区  寺家地区
   
   ◇平成27年度 吉野地区  寺家地区
   
   ◇平成28年度 吉野地区  吉野地区
            吉野地区   吉野地区


   ◇平成29年度   


   


平成29年度の取り組み

2月1日(木)防災学習のまとめ・防災学習会を行いました。
当日は、今年1番の雪でした。道路の積雪、凍結で交通マヒが発生した中での開催でしたが、地域・保護者の方は、子ども達の発表や矢守先生の講演を楽しみに来てくださいました。
オープニングは、全員でレスキューフーズの試食をしました。最近の非常食は、大変おいしいので種類や調理方法を確認しながら美味しくいただきました。

その後、子ども達の発表も力が入り初めてフィールドワークした屋所地区・沢ヶ内地区について発表していきました。地域の方もしっかり応援してくださった内容で大きな拍手をいただきました。松岡先生・浜口さん(防災アドバイザー)にも講評をいた
だきました。
最後は、京都大学防災研究所院生の岡田さんから「蓄光マーカー」について、矢守先
生からは「避難までの遠い道のり」について、日頃からの備えを大切にすることで命を救うことができるヒントをたくさんいただきました。
RKCの取材もありeye+スーパーで放送されました。


12月21日(木)第14回小学生のぼうさい探検隊マップコンクール審査結果が発表されました。
今年の応募枚数2582枚、応募団体538団体の中から、117枚の入賞作品が選ばれました。吉野小学校沢ヶ内チーム・屋所チームとも上位117の入賞の中の「佳作」に選出されました。高知県では、四万十町の興津小学校と吉野小学校の2校でした。よく頑張ったと思います。今後も、「小さな防災リーダー」を育んでいこうと思います。子ども達は、学習のまとめに汗を流しています。

11月6日(月)防災マップ完成!!
みんなで頑張った防災マップが完成しました。大14回小学生のぼうさい探検隊マップコンクールに応募します。専門家集団・地質調査業協会・本山土木事務所の皆さんありがとうございました。


11月2日(月)マップの仕上げ段階に入ってきました。
山や川の色付けが終わり、テーマも決まりました。マークの説明やまとめを作っています。安全・注意・危険のコメントも貼っていきます。


10月19日(木)マップ作りをしています。
屋所・沢ヶ内チームとも川や道の色付けをしています。道幅を緊急車両が通れるかどうかで青・黄・赤で色塗りをしています。情報を貼り込んでいます。松岡先生・浜口さんのご指導のもと進んでいます。


10月5日(木)高齢者避難体験をしました。
屋所・沢ヶ内とも車いすと同じ3ヵ所を設定して体験調査をしました。社会福祉協議会の方にも応援をいただきました。
「うらしま太郎」グッズを装着すると身体の自由が利かなくなり目もよく見えなくなります。普段より、30%〜40%余分に時間がかかりました。
屋所

沢ヶ内


10月3日(火)車いす避難体験をしました。
屋所・沢ヶ内とも3ヵ所を設定しそれぞれの場所から車いすを使った避難について学びました。当日は、社会福祉協議会の方にも応援をいただきました。
坂道の登り下りの大変さや道路のへこみや継ぎ目、グレーチングの危険、ガードレールや石垣など危険がいっぱいでした。普段より、30%〜40%余分に時間がかかりました。
屋所

沢ヶ内


9月28日(木)嶺北高校RGAの皆さんが防災学習に来てくださいました。
RGA制作の土砂災害学習やクロスロードゲーム、防災紙芝居をやってくださいました。全てRGAの皆さんの手作りで、3〜6年生に教えてくれました。


9月26日(火)防災マップづくりの視点をお習いしました。
松岡先生から過去のマップのポイントをお話していただきました。そして、高知県の土砂災害危険度のことや中学校の取り組み例などを紹介していただきました。

その後は、実際に防災マップに情報を入れていきました。松岡先生、浜口さんに応援をしていただき防災マップ作りが出発しました。RKCの久保田さんが取材に来てくれました。6年生がそれぞれの思いを話しました。



6月29日(木)第4回フィールドワークに行きました。
屋所では、緊急車両の通行のための道幅を確認しました。消防ホースが川までとどくのに4本必要なところを見てまわりました。避難所の中の確認もできました。

沢ヶ内では、消防道の事を地域の方に教えていただきました。また、山側の道を歩いて無人になった家を確認していきました。浄水場も行きました。


6月27日(火)第3回フィールドワークに行きました。
屋所では、屋所橋の周辺や地域を詳しく見てまわりました。バショウの木も発見しました。

沢ヶ内では、砂防堰堤の見学や古いブロック塀を見てまわりました。


6月23日(金)第2回フィールドワークに行きました。
屋所地区では、坂道や石垣・橋・水路を見てきました。水の多いところに生えているバナナの木(バショウ)も発見しました。

沢ヶ内地区では、あせみかわばしの近くの崩落の様子を地域の方に聞きました。沢ヶ内西地区の避難場所になっている集会所や周りの石垣、側道周辺のコンクリート塀・防火用水(元沢ヶ内小学校のプール)を見てまわりました。




6月21日(水)第1回フィールドワークに行きました。
前日までは、強雨で心配をしましたが雨もあがりフィールドワークに出発です。
今回は、屋所・沢ヶ内の各区長さんに地区の様子や災害についてお話をお聞きした後出発しました。初めての地区への挑戦で、聞きたいことを探すのが精いっぱいで次回フィールドワークでしっかり見ていきたいと思います。
・屋所地区

・沢ヶ内地区


6月16日(金)防災マップ作成のポイントをお習いしました。
マップに何を入れていくのか、どのようにして調査するのかなど今までの取り組みを例にして説明していただきました。来週からは、フィールドワークです。しっかり見てきてほしいと思います。



6月15日(木)防災DAYを行いました。
国交省四国山地砂防事務所の応援で防災学習と降雨体験や土石流災害体験シアターを経験しました。
2年前にも体験しましたが、180mmの雨や土砂災害シアターで具体的に体験できたことは大変良かったと思います。お昼は、5年生が岡本区長さんの指導のもと釜炊きをしていただき防災給食をいただきました。




6月8日(木)防災基礎講座を行いました。
平成29年度の防災学習が始まりました。松岡先生・浜口さん・地質調査業協会・土木事務所の皆さんにお世話になります。今日は、松岡先生に「土砂災害と南海トラフ地震の揺れに備えよう!」のテーマで授業をしていただきました。土砂災害の種類や特徴、県内外の災害の様子や映像を見せていただきました。あらためて、大切さを認識しました。 




shop info

本山町立 吉野小学校

〒781-3618
高知県長岡郡本山町吉野161
TEL.0887-70-1311


教育機関LINK