文化祭のタイトル

前日祭 ハーモニーフェスティバル

令和元年度 文化祭の様子

路面電車の電停で引換券を渡す生徒たち

千客万来

スタートと同時にたくさんのお客様。坂道には市商生が立ってお客様をお出迎えします。満足していただけるか不安と期待でいっぱいです。

舞台でパフォーマンスする生徒たち

いらっしゃいませ!

各クラスが趣向をこらしての店づくり。お客様がよろこんでくれることを第一に考え、おもてなし合戦が始まります。

ラオスの商品

みて!手書き看板

お店の象徴となる看板にも手抜きは許されません。体育館も教室も中庭も生徒の手によって個性豊かな飾りつけで彩られます。

路面電車の電停で引換券を渡す生徒たち

これぞ、失敗から学ぶ

自分たちが企画した商品がひとつひとつ売れていく喜びを実感します。「価格設定が悪かったかな」「仕入れの数が足りなかった」。失敗も勉強の一つとなります。

入場するお客様たち

PTA地区物産展

毎年PTAのみなさんが協力して、地元の特産品を販売しています。お花あり、焼きソバあり、スイーツあり。愛情たっぷりの品々に感謝です。そして、お疲れさまでした。

路面電車の電停で引換券を渡す生徒たち

今年も電車でGO!

今年も市商電車が走りました。とさでん交通様のご協力をいただき無料乗車券を配布いたしました。11月のストフェスにもご協力いただく予定です。

路面電車の電停で引換券を渡す生徒たち

ラオスの風を感じて

生徒会執行部がラオスから仕入れた織物や銀製品等を販売いたしました。自らが仕入れた商品がひとつ売れるたびに、喜びを感じます。

販売する生徒たち

文化部も頑張ってます

今年、まんが甲子園で「まんが王国・土佐推進協議会会長賞」を受賞したコミックアート部と文芸部がコラボしたブースにはたくさんの作品が並びます。

PTA地区物産展

映え

各教室には趣向を凝らしたフォトブースが数多く見られました。「映え」な写真が撮れる、と人気の一つです。