ヘッダーイメージ
TOP 本校概要 入試情報 在学生・保護者の皆様へ 卒業生の皆様へ
本文へジャンプ

 
令和2年度 学校行事
  平成24年度

平成27・28年度

平成29年度

平成30年度

平成31年度


『租税教室』(令和2年9月9日)

 1年生を対象に、税理士の奥村陽子先生を講師に招いて租税教室が行われました。租税の意義や役割を正しく理解し、その使い道に関心を持ち、納税者として社会や国の在り方について考える内容となりました。税金の種類、使われ方など、少し難しい内容でしたが熱心に聞きながらメモを取っていました。

  

『保健講話』(令和2年7月15日)

 高知県看護協会助産師職能委員会所属の福重眞紀さんを講師にお迎えし、「自分たちの体と心、そして命の大切さを知ろう」というテーマで、2年次生を対象にした保健講話が行われました。

 助産師の仕事についての話を交えながら、命の誕生や命の大切さを教えていただきました。話を聞いた生徒たちは自分と異性を大切にするために自分たちはどのような行動をとるべきかを考えることができたと思います。



『外部講師活用事業』 (令和2年6月24日)

 
 高知リハビリテーション専門職大学 リハビリテーション学科 教授 山崎裕司先生による「記憶のトレーニング」というテーマで講演が行われました。「私たちはある行動をした時、悪い結果が生じたり変化がなかったりすると、その行動は減少していく。「記憶」も行動であるので、この原理に従って考えると、知識を記憶できないのは個人のやる気のなさや努力不足の問題ではなく、結果の差である。それゆえ知識を記憶するには、〝成功するトレーニング″(ヒントを利用したトレーニング)をし、良い結果を増やすことが大切である。」という内容でした。ご自身の研究結果から分析したことをふまえ、生徒たちにとってわかりやすく参加できる講演内容でした。生徒からは「全部正解やった」「おしい、1つ間違った」などの声を多く聞くことができ、勉強方法のヒントを得たようです。


   


『防災避難訓練』(令和2年5月27日)

 今年度、第1回目の城山高校防災避難訓練を実施しました。実施内容は、津波被害を想定した(1)避難訓練(2)避難行動(3)南舎および北舎屋上への団体避難訓練を行いました。校長先生より「自分の命を守ることは周りの人の命を守ることになる、周りの人の命を守る行動をしなければいけない」と講評がありました。




『交通安全講話』(令和2年5月27日)

 南国警察署交通課千頭課長を招いて、交通安全講話が行われました。課長からは今年度の管内の自転車による事故数や死亡者数など報告のあと、自転車の乗り方のルールや自転車による事故事例を詳しく説明してもらいました。また、自転車保険への加入、自動車免許の種類、警察官の採用についても説明がありました。最後に生徒会長の中元君から「分かりやすく丁寧に説明していただきありがとうございました」とお礼の挨拶が行われました。

 併せて、自転車盗難被害防止モデル校の指定式が行われました





『部活動紹介』(令和2年5月25日)

 
 体育館で部活動紹介が行われました。普段の練習メニューやミニゲーム、自分たちで作った作品を1年生に見せるなど、各部工夫を凝らしたクラブ紹介がありました。

 本校の部活動は「トップページ」⇒「部活動」で掲載しています。

   


『対面式』(令和2年5月25日)
 
 新入生と在校生との対面式が行われました。生徒会長3年中元隆斗君から「楽しい思い出を一緒につくっていきましょう」と歓迎の言葉があり、新入生代表の野村雪翔君からは「分からないことが多くあると思いますが、よろしくお願いします」と挨拶がありました。

   


『入学式』令和24月7日)


 この日、令和2年度入学式が挙行されました。本年度の入学生は33名です。山下英雄校長より入学が許可された後、新入生を代表して野村雪翔君が「これから3年間、勉強や部活動などを頑張っていきたい」と代表宣誓を行い、閉式しました。