学校案内

校長挨拶

 
 

 嶺北高等学校は、昭和23年に県立高知農業高等学校本山分校、同森分校として設置されて以来、本年で創立70年目を迎える歴史と伝統のある学校です。昭和28年に県立嶺北高等学校として独立し、平成19年度からは全国初の試みである「同居連携型中高一貫教育校」として、本山町の本山中学校と吉野中学校が統合した後の本山町立嶺北中学校と同じ校舎に同居し連携教育を推進するとともに、隣接町の土佐町立土佐町中学校との間でも、授業等を通じた中高連携に取り組んでいます。
 本校がある長岡郡本山町は、「日本で最も美しい村連合」で認定を受けている「吉延の棚田」をはじめ、幾つもの美しい棚田が点在し、江戸期土佐藩家老の野中兼山(1615~63)によって建設された水路も、町民の皆様により大切に管理されている町です。またこの嶺北地域は、大豊町、本山町、土佐町、大川村の嶺北4か町村が、吉野川の流れに沿って東西一列に並んでおり、白髪山県立自然公園、梶ケ森県立自然公園など、豊かな自然に恵まれた地域です。
 この嶺北地域にある唯一の高等学校である本校は、地域の特性を生かしたカヌー部や、中高で取り組む吹奏楽部などの部活動をはじめ、生徒による様々な活動に特徴があります。特に、「嶺北フリューゲルス(RF)」、「嶺北ガーディアンエンジェルズ(RGA)」、「嶺北ユースネイバーズ(RYN)」、「嶺北歴史探究会」といった生徒の主体性を育む「自主活動」を通じて、地域の安全や防犯、防災、地域産品を活用した商品開発、地域の魅力発見などに取り組んでおり、高校生が地域に貢献する活動として地域の皆様から高い評価をいただいています。
 平成30年度は、地域の中学校と「中高一貫の6年間を熱く語り、自分と地域の未来を切り拓くことのできる生徒の育成」という中高一貫教育の目標を共有するとともに、本校が嶺北地域の核として、『「自らの未来を切り拓く力」と「ローカルとグローバルをつなぐ力」をもった、主体的に行動できる生徒の育成』を実現することにより、生徒・保護者・地域の皆様から信頼される学校づくりを目指してまいりたいと考えます。皆様の、本校の教育活動へのご理解、ご支援を何卒よろしくお願いいたします。

                                   高知県立嶺北高等学校長  山田憲昭