学校長挨拶

 

 

高知県立大方高等学校のホームページにお越しくださり、ありがとうございます。

 

 本校は、前身となる高知県立大方商業高等学校から改編され、平成17年に高知県立大方高等学校として開校し、本年で15年となる学校です。

 

 本校は、中山間地域の小規模校ではありますが、学校が所在する黒潮町や地域住民の方々のご協力も得ながら、地域の活性化や課題解決に向けた取組を積極的に行っています。

 この取組は、総合的な学習(探求)の時間において、「自律創造型地域課題解決学習」として位置づけ、黒潮町の「黒塩」といった商品や地元のカツオのたたきをハンバーガーの中に挟み込んだ「カツオたたきバーガー」などが生まれています。また、「カツオたたきバーガー」から、黒潮町のイメージキャラクターとして「かつばあ」を生徒たちが生みだし、中学生の一日体験入学や黒潮町の「産業祭」などで活用しています。

 

 本校は、コミュニティスクールとして地域の方々を委員としてお迎えし、学校経営へのご意見をいただき、ご意見をもとに魅力化・特色化に向けた取組を行っています。

 本年度は、コミュニティスクールの委員さん方の後押しと黒潮町の協力により、県西部地域では初となる女子サッカー部を立ち上げ、次年度からの本格始動に向けた準備を進めています。

 また、本格的な取組をスタートして3年目となる防災教育においては、近隣の黒潮町立入野小学校・大方中学校と連携した取組を進めています。併せて、黒潮町の「犠牲者0」の思想のもと、内閣府主催の「防災教育チャレンジプラン」の実践校として町と連携して防災教育を積極的に推進しています。

本年度は、9月9日から11日まで開催される「世界津波の日」高校生サミットin北海道に、参加校として出場しますので、これを契機に防災教育をグローバルな視点で捉え、取組をさらに深化させたいと考えています。

 

 本校は、令和の新しい時代の中でも「地域の学校」として、今後も地域課題の解決に向けた取組を進めてまいります。そして、保育所や小学校・中学校、黒潮町と連携し、「社会に開かれた」取組を実践していくことをとおして「生徒の意欲」を引き出し、地域に貢献できる生徒の育成を目指して参ります。

 

平成31年4月吉日

 

 

                            高知県立大方高等学校長  大西 雅人

789-1931 高知県幡多郡黒潮町入野5507
TEL0880-43-1079 FAX0880-43-1379
Copyright (C) Ogata High School All Rights Reserved. ogata-h@kochinet.ed.jp