Kochi Prefectural Shimanto High School

高知県立四万十高等学校

四万十高等学校 寮

 ~自宅から通学できない生徒のために~ 

〇「木の香寮」

 木の香りあふれるログハウス(食堂棟)を持つ、全室個室(定員20名)のこの寮は、地域住民と生徒たちの熱意の下、学校林から切り出した丸太はぎを協働で行い、平成14年4月に竣工しました。校舎のある亀の森台地の下、四万十川の支流である梼原川と並行する国道381号線沿いに建っています。

〇「もりだば寮」

 令和3年度から町の中心地に近い立地に定員6名の個室対応の寮として運用を開始しました。町営塾「じゆうく。」にも駅にも近く、落ち着いた環境の中、生活をすることができます。


1.寮の運営  施設管理者:校長、寮務運営:本校教育振興会 

 寮の維持管理費や食費(調理員の賃金、光熱水費を含む)は、高知県や四万十町からの補助金はありますが、基本的には保護者からいただく諸経費で賄っています。

 

2.寮の諸規定や運営の慣行等について

 入寮の際に、特に留意していただきたい点について、下記のとおり特記しましたので、入寮の検討の際にはご確認ください。

 

① 食物アレルギーへの対応
 調理に対応する人員体制の都合から、他の寮生分と調理を分離して、アレルギー食材を完全に除去することはできませんので、ご承知ください。

② インフルエンザなど感染症への対応
 感染防止と看護の視点から、病種・病状に応じ保護者に迎えに来ていただき、自宅で療養していただいています。
 保護者が県外在住の場合でも寮まで迎えに来ていただいています。ご承知ください。

③ 平日の閉寮時間帯、長期休業中の閉寮について
 平日の午前9時から午後5時までは、舎監が不在ですので寮を閉めています。健康管理への心がけを含めた基本的生活が一人でできることが寮生活には必要です。また、長期休業期間中は指名補習や学校行事のない期間は閉寮しています。

④ 保護者面談への参加
 学期末に行っている生活や進路に関する保護者面談には、来校していただいています。ホーム担任等の保護者面談とは別に寮務担当との保護者面談を設けることがあります。

⑤ 学校や寮、地域の実情への理解
 すばらしい自然と温かい人情が残る魅力的な地域です。その一方で公共交通機関のJR予土線は2~3時間に1本程度。学校近辺にはコンビニはありません。

 

3.入寮に際して

 自宅が遠方等のために本校への通学が困難な生徒で、学校や寮の諸規定を守り規則正しい生活ができる場合、寮の定員に空きがあれば入寮が可能です。

※入寮希望者は、下の「入寮案内」等を必ず確認してください。

 入寮を希望される方は、入寮案内を確認し、期限までに必要書類の提出をお願いします。入寮につきましては選考により決定させていただきます。
 なお、募集人数につきましては入寮案内に記載をしております。

 R4 木の香寮パンフレット .pdf

 R4 入寮申込書.pdf