学校日記

過去の記事はこちらから

「秋の足音!」

  まだまだ、残暑が厳しい毎日ですが、朝晩は涼しいと感じる日も増えてきました。蝉の声に混じって秋の虫の声も遠くで聞こえてきています。
さて、9月の寄宿舎掲示板はそんな秋の足音を先取りした楽しい「キノコのオーケストラたち」です。長い2学期の始まりを応援してくれているような気持ちになります。

 

「2学期が始まりました!」

  9月2日(月)2学期の始業式を食堂で行いました。夏休みの終わりから、体育館の非構造物の耐震化の工事が始まっており、体育館の使用ができません。
 食堂には、幼児児童生徒の元気な顔が揃いました。「紙とあそぼう作品展」の伝達表彰や、第3回全国盲学校フロアバレーボールいわて大会の出場報告を行いました。終了後は、訓練用の緊急地震速報が流れ、シェイクアウト訓練「姿勢を低く、頭を守り、動かない」に取り組みました。
 2学期も「笑顔」「夢」「感動」あふれる学校目指して頑張りましょう!

 

「教育長への優勝報告!」

  伊藤博明高知県教育長に、中国・四国地区盲学校体育大会でのフロアバレーボール部の優勝報告を行いました。
 永田監督の中四国大会での試合経過等の報告、宮平キャプテンの現在の練習状況や全国大会への意気込みについて話をさせていただいた後、伊藤教育長より全国大会出場に向けて激励の言葉をいただきました。
 フロアバレーボール部は、全国大会に向けて夏休み中も練習に励んでいます。教育長からの激励の言葉を受け、益々練習に力が入ることでしょう。

 

「紙とあそぼう作品展!」

  「第34回紙とあそぼう作品展」に、本校から3つの作品を出品していました。小中学部7名の共同作品「思い出いっぱいの親子遠足」が、審査委員長奨励賞、小学部4年生の個人作品「やぎとがらがらどん」、中学部ABグループ4名の作品「ドキドキ、ワクワク、盲学校へようこそ!!」が入選に輝きました。
 7月21日(日)に開催された表彰式に出席し、奨励賞の賞状と副賞を受け取りました。
  作品展は、8月18日(日)まで、いの町紙の博物館で開催しています。

 

「防災HUG訓練研修会!」

  本校は高知市の福祉避難上に指定されています。災害時には、外部から多くの避難者が本校に押し寄せてくることが予想されます。学校側として避難者への対応を高知防災士会の方を講師にお招きし、HUG訓練を通して疑似的に学びました。研修会には地域の方も参加して下さいました。

 

「寄宿舎フェス!」

  終業式の後、寄宿舎において「寄宿舎フェス」が行われました。大がかりな仕掛けの流しそうめんや、かき氷、ポップコーン、スタンプラリーなど、大人も子どもも楽しめる内容で、お腹いっぱい、楽しさいっぱいの大満足な時間を過ごすことができました。

 

「1学期終業式!」

  7月19日(金)、1学期の終業式を行いました。その後、1学期に図書室の本をたくさん借りた幼児児童生徒への読書活動表彰、伝達表彰として高知県障害者スポーツ大会、中国・四国地区盲学校体育大会の表彰を行いました。
 解散直後には練習用の緊急地震速報が流れ、速やかにヘルメットをかぶり、身を守る態勢をとることができていました。

 

「治療奉仕!」

  7月16日に香美市山田町の中央公民館で治療奉仕を行ってきました。

 理療科では、実際に外来の患者さんに対して治療する臨床実習を行っています。治療行うために最低限必要な知識や技能を身に着けた2年生以降の大切な学習の場です。通常は、本校に設置された治療室で実習を行っていますが、校外に出向いて実習を行うことがあり、その一つが日本赤十字社の高知支部の奉仕団と連携して実施する治療奉仕です。
 県内各地域におられる奉仕団の方々が、会場設定や患者の募集等について協力くださり、生徒は日赤高知支部の送迎のもとで会場に出向き、地域の方々に治療を行います。一日日程で一人あたり数名の患者さんに治療を行い、さまざまな年齢層や職種の方への治療を経験することができる有意義な取り組みです。
 この日は、香美市山田町の中央公民館で治療奉仕を行いました。朝から数多くの地域の方々が会場を訪れあん摩治療を受けてくださいました。患者さんからは口々に「気持よかったよ」、「楽になりました」などの言葉をいただき、生徒もさらにやる気を出して一生懸命治療している様子でした。
 年間に数回の校外での実習ですが、県内地域の方々のご理解とご協力あってこそ可能な行事です。これからも地域に根差した理療師の育成に力を注いでいきたいと思っています。

 

「第3回全国盲学校フロアバレーボールいわて大会出場決定!」

 本校のフロアバレーボール部が鳥取盲学校との連合チームとして出場した中国四国地区の予選会で優勝し、全国大会への出場が決定しました。全国大会は、各地区(北海道・東北・関東・北信越・東海・近畿・中国四国・九州)の代表及び主管校である岩手県立盛岡視覚支援学校の計9チームが出場し、8月20日(火)~23日(木)に岩手県花巻市の花巻市総合体育館で開催されます。

 

「第26回 中国・四国地区盲学校体育大会!」

 7月12日(金)~14日(日)、愛媛県松山市で中国四国地区盲学校体育大会、兼第3回全国盲学校フロアバレーボール大会中国・四国地区予選会が実施されました。
 本校からは、STT(サウンドテーブルテニス)に中学部2名、フロアバレーボールに高等部6名(鳥取盲学校との連合チーム)の生徒が参加し、日頃の練習の成果をしっかりと発揮することができました。

 

「理療科での学習!」

 本校には、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師を養成する職業コース(理療科)があります。理療科では、「人体の構造と機能」、「疾病の成り立ちと予防」などの理療師として必要な知識を身に付ける学習と、実際に行う実技の技術を身に付ける実技実習を行います。今年入学した理療科の生徒さんも、基礎実習であん摩マッサージ指圧、はりの基礎をしっかりと学んでいます。
 見え方に困り、将来への不安をお持ちの方はいませんか。盲学校はそのような不安を少しでも解決に導く学校です。学ぶ意欲さえあれば理療科への入学に際し、年齢制限はありません。まずはご相談ください。

 

「幼児児童の作品!」

 教室の前には、幼児児童の作品や学習の成果物が掲示されています!

 

「自立活動の学習(歩行指導)!」

 見えない・見えにくい児童生徒が、行きたいときに、行きたい場所(目的地)へ行くことができる力を育てていくことが、歩行指導です。盲学校においての歩行指導は、自立活動の時間を中心に、段階的に行っています。
 歩行指導の一つに白杖操作の指導がありますが、白杖の導入の前に、自分で移動したいという意欲、諸感覚を活用する力、空間を理解する力、環境を把握する力等も育てていく必要があります。
 小学部1年生の自立活動の学習で、歩行訓練士の資格を持った教員が、白杖操作の導入の授業を行っていました。白杖の各部の名称の確認や、白杖の役割、白杖を操作する学習での心構え等を確認し、実際に白杖を持つ姿勢や持ち方、左右への動かし方等を丁寧に学習していました。児童も「白杖で城西公園へ行きたい!」と、早速目標ができ、意欲的に学習に取り組んでいました。

 

「七夕の行事給食!」

 7月7日の七夕は日曜日で学校が休みのため、5日の給食が七夕の行事食でした。
献立は、「そうめん、豆腐のあんかけ、じゃが芋のきんぴら、七夕ゼリー、牛乳」でした。
1学期も残り2週間、これから暑くなってきますが、しっかりと栄養、水分をとり、元気に過ごしましょう!

 

「7月7日は七夕!」

 小学部のプレールームに、七夕の笹飾りができていました。図工の時間に作った可愛い飾りや、短冊が飾られていました。短冊には「かおを ばしゃっと つけれますように」「かわへ たくさんいけますように」「おかしが ほしい」「ほてるに いきたいな」「海外りょこうに 行きたいな」「大きくなったら 学校の先生になりたいな」等々、たくさんの願い事がマジックや点字で書かれていました。みんなの願い事が叶いますように!

 

「部活動(美術部)!」

 本校の文化部には、美術部と軽音楽部があります。
 今年度、美術部の所属は1名です。先日の活動では、粘土を使った創作活動に取り組んでいました。黙々と真剣に創作に取り組んでおり、声を掛けるのをためらってしまうほどでした。完成が楽しみです!

 

「部活動(フロアバレーボール)!」

 本校の部活動の一つにフロアバレーボール部があります。フロアバレーボールは全盲や弱視の視覚障がい者と健常者が一緒にプレイできるように考案されている球技で、6人制バレーボール競技規則を参考にしています。前衛の選手3人は、アイシェードをして何も見えない状態で競技します。
 7月13日、14日に愛媛県で開催される中国四国地区盲学校体育大会に向けて、練習にも熱が入っています。

 

「部活動(STT)!」

 本校の部活動の一つにSTT(サウンドテーブルテニス)部があります。7月13、14日に愛媛県で開催される中国四国地区盲学校体育大会に向けて練習に励んでいます。
 STTは、全国障害者スポーツ大会の競技のひとつで、視覚障害者が行う卓球です。
ネットの下があいており、そのネットの下にボールをとおして、転がして競技を行います。障害の程度によるハンデをなくすため、選手はアイマスクをつけています。ボールの中に金属球を4つ入れて音を出し、その音を頼りに競技を行い、打球音がわかるようにラバーのないラケットを使っています。また、卓球台は平坦で継ぎ目のないサウンドテーブルテニス専用の卓球台を使用しています。
集中して“音”を聞き分け、球の行方を把握し、打ち返すことができるよう練習を重ねています。

 

「梅雨入り宣言!」

 6月の寄宿舎掲示板はアジサイと梅雨がテーマです。高知もいよいよ梅雨入りとなりました。なんとなく気持ちも沈みがちな季節ですが、鮮やかな「アジサイ」とカラフルな「てるてる坊主」がジメジメした気分を吹き飛ばしてくれることでしょう。雨もきっと大地には必要な恵み!十分に栄養を蓄えて夏に備えたいものです。

 

「創立90周年記念誌発刊!」

 本校は今年の2月、創立90周年を迎えました。その記念事業の一つとして「創立90周年記念誌」の作成に取り組み、この度、発刊の運びとなりました。
 記念誌発刊にあたり、お寄せいただきました関係各位のご協力、ご高配に深く感謝申し上げます。

 

「育ちの教室を開催しました!」

 本校ではPTA活動の一つとして、視覚障害について知ることや、保護者間の交流を目的として「育ちの教室」を開催しています。教室の内容は、保護者の希望も聞きながら決定していますが、今回はお菓子作りでした。
 5名の保護者が参加し、全盲の生徒が作っているチーズケーキのレシピを、アイマスクをして体験しました。

 

「かつおめしの給食!」

 6月21日(金)の給食の献立は、「かつおめし、とうふのチャンプルー、ゆかりあえ」でした、高知の県の魚「かつお」を使った『かつおめし』は、子どもたちにも大人気でした。

 

「幼稚部での学習風景!」

 本校の幼稚部には、今年度3歳児1名、4歳児1名が在籍しています。
 幼稚部では遊びや生活の中で、視覚、触覚、聴覚等のあらゆる感覚を養い、自分でできることを増やしたり、人とのやりとりを通して、情緒の安定を図ることをねっらた取組を行っています。遊びの中で気づきながら「どうなっているのかな?」、よく見て、さわって「わかったよ!」、確実な積み重ねと自信あふれる心を育てています。

 

「高知家のカレー!」

 6月19日の給食は、高知家のカレーでした。学校給食の献立に地元産、県内産の食材を積極的に取り入れた献立を実施し、地場産物を紹介する日です。
 高知家のカレーには、高知産の茄子、生姜、土佐和牛が入っていました。副菜のトマトとキュウリの和え物にも、高知産のトマト、キュウリ、きくらげ、しらす干しが使われていました。季節ならではの、紫陽花ゼリーのデザート付きでした。
 子どもたちが大好きなカレー、みんな笑顔いっぱいで食べていました。

 

「プール開きしました!」

 先日のプール掃除でピカピカになったプールでの学習が、今週から始まりました。
 少し冷たいプールの水もへっちゃらな小学部の子供たちは、歓声をあげながら楽しんでいました。

 

「ALT来校!」

 今年度もALTのJessica先生に来校していただき、中高等部の英語や、小学部の外国語活動の学習を行っています。
 小学部では、ジャンケンを英語で行う学習活動に楽しみながら取り組んでいました。

 

「演急法講習会!」

 日本赤十字高知県支部の方を講師にお迎えし、教職員を対象にした救急法講習会を実施しました。今年度は、心肺蘇生法やAEDの知識・技術を身につけることを主に取り組みました。本校では、講習会以外にも学期に1回ずつ、緊急時を想定した搬送訓練にも取り組んでいます。

 

「演劇ワークショップ開催!」

 昨年度に引き続き、藁工ミュージアムさんの企画による演劇ワークショップを開催しました。3つのグループに分かれ、絵本をもとにした表現遊びや、音楽に合わせた二人組での身体表現、台本をもとにオリジナルのセリフをいれたショート会話劇等に取り組みました。
笑顔がたくさん溢れる楽しい活動となりました。

 

「高知県障害者スポーツ大会!」

 6月2日に開催された高知県障害者スポーツ大会の陸上競技に中学部・高等部の3名の生徒が参加しました。参加した種目は、50m、100m、立幅跳でした。
結果は、3名とも視覚障害の部門で1位となり、メダルを獲得しました。

 

「避難訓練を実施しました!」

 高知北消防署の方に来校いただき、避難訓練を実施しました。
 南舎2階家庭科室から出火したという想定で、速やかに運動場に避難しました。避難については、時間内に速やかにできたとの講評をいただきました。
 昨年度は、シューターで3階から1階に降りる訓練をしましたが、今年は水消火器と消火栓を使っての訓練を行いました。実際に消火栓からのホースを握って放水した生徒は、その水圧に驚いたようでした。

 

「第62回運動会を開催しました!」

 6月8日(土)、多数の皆様に応援にお越しいただき、盛大に運動会を実施することができました。保護者・ご家族の皆様、地域の皆様、卒業生の皆様、高知黒潮ライオンズクラブの皆様、本当にありがとうございました。

 

「明日6月8日(土)は運動会です!」

 いよいよ運動会が、明日に迫りました。
 体育館に万国旗も張り、準備万端です。
 優勝旗は、昨年度高知黒潮ライオンズクラブさんから寄贈していただきました。今年も高知黒潮ライオンズクラブの皆さんが、運動会に参加してくださり、競技での交流を行う予定です。

 

6月の学校給食目標は「衛生に気をつけよう」です!

 食堂の掲示板、手洗い場には今月の学校給食目標が、掲示されています。これから梅雨に入る季節、衛生に気をつけてしっかりと手洗いをしていきましょう!
 4日(火)の献立は、ひじきスパゲティ、白菜の生姜ドレッシング和え、コーンと玉子のスープ、バナナ、牛乳でした。皆、とても美味しそうに笑顔で食べていました。

 

「6月8日(土)は運動会です!」

 運動会本番に向けて、各学部・全校競技や、開閉会式、ダンス等の練習に取り組んでいます。本番がとても楽しみです!
 PTAのバザーもあります。是非ご来校ください!

 

「寄宿舎校外活動!」

 寄宿舎では下校後の余暇活動などにも力を入れています。
 寄宿舎生は日課に従って規則正しい生活を送っていますが、通学生のように自由な余暇時間の過ごし方も学んでいます。
 寄宿舎生の余暇時間!「どんなことがしたいの?」と聞くと「〇ックでポテトを食べたい」、「アイスクリームを食べたい」、「本屋さんに行きたい」など様々。
 先日の寄宿舎校外活動では帯屋町(高知市中心街)に出かけ、それぞれの希望を叶えた時間となりました。

 

書道作品「令和」!

 中学部の廊下に、書道作品が掲示されています。新元号「令和」の2文字です。
 3名の生徒の作品ですが、それぞれの個性が出でている作品です。

 

「プール掃除!」

 もうすぐ始まるプール学習のために、プール掃除を行いました。
小学部以上の全校生徒がそれぞれの分担に分かれ、プールの中、プールサイドの点字ブロック、更衣室、トイレなどを綺麗に磨きました。体育の授業がない専攻科理療科の生徒さんたちも戦力となって掃除に取り組んでくれました。
 プール開きが待ち遠しいです!

 

「中学部美術の授業 Part2!」

 中学部3年生美術、「彫刻~オリジナル動物を作ろう~」の作品作りに取り組んでいました。彫刻は刃物で素材を削っていくことが多いですが、生徒の実態を踏まえ、へらや陶芸用のかきべらを使っても削ることができる、比較的やわらかい粘土彫刻材ラフォルムという材料を使用していました。2名の生徒それぞれの個性が溢れる、オリジナル動物の完成が楽しみです。

 

「防災学習!」

 中学部・高等部の重複学級で防災学習を行いました。
 最初に緊急地震速報の効果音を聞き、安全姿勢の取り方を学習しました。緊急地震速報の効果音は、学校で流れるものとスマートフォンの2種類を使用しました。
その後は、避難生活に役立つ、段ボール製の防災トイレ作りに取り組みました。生徒たちは、とても興味を持って取り組むくことができていました。

 

「高知県障害者スポーツ大会サウンドテーブルテニス!」

 5月25日(土)高知県立障害者スポーツセンターで、高知県障害者スポーツ大会のサウンドテーブルテニス競技が開催されました。STT(サウンドテーブルテニス)は、視覚障害者のための卓球競技で、音の出るボール(金属球が4個入っており、転がると音が出る)を、台上で転がして打ち合います。
 本校から中学部3年生の女子1名が、初めての公式試合に出場しました。出場者は3名で、接戦を制し1勝をあげることができ、1勝1敗の結果となりました。公式戦初出場で初勝利をあげることができ、年齢区分により1位のメダルを獲得しました。おめでとうございます!

 

「創立90周年記念誌 点字版完成!」

 創立90周年記念誌の点字版が完成し、発送準備を行いました。
点字版は、上巻・下巻の2部に分かれた大作です。点字を使用されている同窓生、旧職員の皆様にお届けします。墨字版も5月中には、完成する予定です。

 

「ひまわり教室開催!」

 本校では、視覚に障害のあるお子さんの発達や子育てについての相談と支援、そして保護者が交流する場として、乳幼児相談学級(ひまわり教室)を開設しています。 
 5月22日(水)開催のひまわり教室には1組の親子の参加があり、本校幼稚部の幼児と一緒に活動を楽しみました。今回のひまわり教室では、教室での「始まりの会」や、「歌・手遊び」の後、広い体育館での遊具遊びを行いました。

 

「高知鏡川ライオンズクラブさんからの寄贈!」

 毎年、中学部、高等部の新入生に時計のプレゼントをしていただいている高知鏡川ライオンズクラブさんが、本年度結成40周年を迎えられました。誠におめでとうございます。
 結成40周年の記念式典が4月21日に盛大に開かれ、記念事業の一環として本校に「4K液晶テレビ(50インチ)」、「タブレットパソコン」を寄贈していただきました。寄贈していただいた物品は、早速、授業等で活用させていただいています。本当にありがとうございました。

 

「中学部美術の授業!」

 中学部3年生の「彫刻~オリジナル動物を作ろう~」という美術の授業を行っていました。空想上の自分なりに考えたオリジナル動物を彫るためには、イメージをより明確に持っていることが大切です。そのために、油粘土を使ったマケット(彫刻の前段階となる試作品)制作に取り組んでいました。手を動かしながら、発想もどんどん膨らんでいったようです。どんなオリジナル動物が完成するのか、とても楽しみです。

 

「地場産物を使った給食!」

 5月の学校給食目標は、「地場産物を知ろう!」です。
 5月17日(金)の給食の献立は、豚肉の生姜焼き、茄子とツナの和え物、里芋の煮物。
 高知県産の米、生姜、茄子、胡瓜、シソ、ネギが使われていました。

 

「令和元年度 中国・四国地区盲学校長会、中国・四国地区盲学校PTA連合会並びに合同研究協議会が開催されました!」

  5月15日(水)~16日(木)、令和元年度 中国・四国地区盲学校長会、中国・四国地区盲学校PTA連合会並びに合同研究協議会が愛媛県松山市で開催されました。中四国の各県9校の盲学校(視覚特別支援学校)から約40名が集り、本校からは、PTA会長、副会長、学校長の3名が参加しました。
 研究協議会や、研修会を通して、各県1校しかない盲学校のPTA活動や、様々な取組について活発な情報交換を行うことができ、大変有意義な会となりました。主管校の愛媛県立松山盲学校の皆様には、会の運営や準備等大変お世話になりました。

 

「紙のこいのぼり!」

  幼稚部、小学部のプレイルーム前の廊下に、大きな黄色の「紙のこいのぼり」が、飾られています。この「紙のこいのぼり」は、5月3日~5日に仁淀川で泳いでいたものです。小学部1年生の音楽で、「こいのぼり」の曲の学習をしているのでと、教員が「水中こいのぼりプレゼント」でいただいてきたものです。3日間、仁淀川を泳いでいた「紙のこいのぼり」には、川の匂いがたっぷり染みついていて、見えない子どもたちもその様子を理解することができました。

 

「れいめい寮(寄宿舎)水族館?」

  5月の寄宿舎掲示板は「端午の節句」に因んで鯉のぼりをデザインしました。職員が用意した「鯉」の台紙に児童・生徒それぞれのイメージを膨らませてお魚の「眼」や「鱗」をカラーシールなどで表現し、完成させました。

 

「令和元年度校内弁論大会!」

  中学部、高等部の生徒が参加し、9名の弁士による校内弁論大会を行いました。
 それぞれの生徒が伝えたい思いを演題に設定し、個性が輝く弁論が発表されました。
 論旨、話術、声量、態度、聴衆の感銘度の観点で、審査を行い、最優秀賞1名、特別賞3名が選ばれました。最優秀賞の生徒は、6月に鳥取県立鳥取盲学校で開催される中国・四国地区盲学校弁論大会に出場します。

 

「参観日、PTA総会!」

  ゴールデンウイークの初日、多くの保護者の皆様にご出席いただき、参観日、PTA総会、懇談等を行いました。
 初めての参観日となる幼稚部幼児のお母さんは、お子さんに気付かれないように隣の教室からそっと様子を覗いていました。小学部1年生の教室には、おじいちゃん、おばあちゃん、保育園の先生と大勢の方に参観にお越しいただきました。

 

「中学部高等部新入生歓迎遠足!」

  中学部高等部の生徒が新入生歓迎遠足で、いちご狩り(西島園芸団地)と高知県立のいち動物公園に行ってきました。
 バスの中での自己紹介クイズや、あま~いいちご狩り、青空の下でのお弁当と楽しい時間を過ごす中で、仲間意識を高めることができた1日でした。

 

「くっきーをつくろう!」

  小学部1年生の教室から、いい匂いがしてきました。教室を覗いてみると、クッキー作りに挑戦していました。手順書を見ながら、活動を進めていました。上手に型抜きをした生地を、オーブンの天板に並べて、いざオーブンへ! 「まだかな~」「おいしそうだね!」
「あと何分?」と、焼き上がりを楽しみにしていました。

 

「ひまわり教室開室式」

  本校では視覚に障害のあるお子さんの発達や子育てについての相談と支援、そして保護者が交流する場として、乳幼児相談学級(ひまわり教室)を開設しています。 
平成31年度の「ひまわり教室」の開室式を行い、保育園年中のお子さんが、お母さん、保育園の先生と参加されました。開室式では、本校幼稚部の幼児と一緒に、歌や手遊びの活動を楽しみました。その後は、プレイルームで滑り台やトンネル、トランポリン、平均台等の遊具遊びで、体をいっぱい動かして遊びました。
 「ひまわり教室」は、毎週水曜日の午前中に実施予定です。詳しくはホームページの「教育相談」をご覧ください。

 

 

「季節を感じる給食!」

  今日の給食は、「筍ご飯、海老のかきあげ、きゅうりの和え物、いちご」と、季節を感じることができる献立でした。今が旬の筍ご飯は、子どもたちにも人気でした。
 小学部1年生が、給食エプロンに帽子をかぶり、お茶を上手に注いでいました。

 

「幼稚部入学生の給食が始まりました!」

  幼稚部3歳児へ入学した幼児の給食が始まりました。初めての給食の献立は、チキンカレー、いろどりサラダ、フルーツポンチ、みかんジュースでした。カレーを上手にスプーンですくって、美味しそうに食べていました。
慣れるまでは教室での給食ですが、いずれ食堂へもデビューする予定です。

 

「寄宿舎歓迎会!」

  寄宿舎も新しい仲間を二人迎え、8人でスタートしました。
歓迎会では在舎生からの歌のプレゼントもあり、和やかな雰囲気の中、寄宿舎生活がスタートしました。

 

「平成31年度入学式!」

  4月8日(月)、平成31年度高知県立盲学校入学式を行いました。
 今年度の新入生は、幼稚部1名、小学部2名、中学部2名、高等部本科保健理療科1名、専攻科理療科2名の合計8名です。入学してくる児童がわかりやすいようにと、見やすい式次第が座席横に準備されていました。
 入学式の前には1学期の始業式も行われ、中学部3年生に転入生を迎えました。
 今年度は、全校幼児児童生徒23名でのスタートです!